新条アカネ単語

シンジョウアカネ

新条アカネとは、テレビアニメSSSS.GRIDMAN』の登場人物である。CV:上田麗奈

「概要くん、武士は食わねど高笑い~ってやつ?」

主人公響裕太クラスメイトで、独特な制服の着崩し方をしている女子高生

モデル並みの美少女であり、制服の上から分かるほどの巨乳でもある。(が呼んだか一部から「グリッドマンの上半身担当」との呼び名もある)更に魅的なのは容姿だけではなく、いつもニコニコしており気さくで明るく、邪気で接しやすい雰囲気を持つ。内海将く「才色兼備才貌両全の最強女子クラス全員に好かれるという奇跡みたいな女」。

実際、記憶喪失となって教室で戸惑っている裕太に対し食のスペシャルドッグ(ゆで卵が乗っかったホットドッグ)を奢ってあげるなど、に対して分け隔てなく親切に振る舞っている様子がえる。一方、一人でいる時にはどこか遠いをして物憂げな表情を見せることがあるのだが……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「見て!新作!」

「いーいねぇ素晴らしい!何に使うんだい?

「イヒヒヒ……

 うちの担任、殺そっかなぁって思って

上で述べられた人当たりのいい姿は全て偽り。実はアカネこそがを襲う怪獣を造り出した本人である。
彼女学校で起きた細なトラブル(偶然ボールが手に当たった、自分にぶつかっても謝らなかったなど本当に細なものばかり)に苛立つと、自宅で怪獣フィギュアを手ずから製作し、それをパソコンに住むの存在「アレクシス・ケリヴ」が実体化させ暴れさせていたというのが相であった。
自ら造り出した怪獣ストレスの原因になった人物を襲撃し、殺に成功すると「ぃよっし!よっし!死んだぁーっ!はははは!!」と歓喜のを上げるなど、その本性は非常に自己中心的かつ残虐。前作における藤堂武史と同じ役回りであり、色々と共通点が見受けられるものの、少なくとも武史の方は殺人にはいを覚えており一線をえる事はなかった。しかし、アカネ関係の人間をも巻き込む殺戮を嬉々として行うなどおよそ良心の呵責がまるでなく、キャラクターにはかなりの隔たりがある。
自宅は邸だが、彼女の住む部屋はウルトラ怪獣フィギュア数に飾られ、部屋からあふれ出すほどのゴミ袋が散乱した異様な間となっている。

物語開始以前から怪獣を暴れさせていたようだが、突如現れた戦士グリッドマン」に怪獣を撃破されてからは自身のストレス発散の他にもグリッドマンを倒すための怪獣作りにも取り組むことになる。
そのグリッドマンと関わりを持つ響裕太宝多六花内海将ら「グリッドマン同盟」はアカネ怪獣を呼び出しているという事実はおろか、彼女サイコパス的な本性にも気づいていない。それどころか将は彼女に好意を抱いているらしく、裕太記憶喪失の時に親切にされた経験から好印を抱いているものと思われる。一方アカネは三人がグリッドマンと何らかの関係があることは把握しており、幾度かグリッドマン情報を引き出そうと接触を試みている。そしてそれを邪魔したに容赦なく怪獣を差し向けるのもお約束

六花とはが近所で「前はよく一緒に学校に行っていた」仲であったが、最近は一緒にいることが少なくなったとられている。そのほかエンディングにてかなり親密な仲になっている様子が描かれているが、これがヒロイン達によるイメージ映像なのか、はたまた全てが終わった後(舞台は初くらいだが、EDでは色)の二人の関係性なのかは不明である。前作を鑑みると、二人の間柄に何かしら特別なものがある(生じる)事は不自然ではないが……

視聴者からも当初は正統派ヒロインと思われていた為、その本性が明かされた第二話の展開は大きな驚きを持って受け止められた。一方で、邪気な笑顔を浮かべながら心底楽しそうに怪獣を操り、理不尽に人々を虐殺する美少女という、強キャラクター性に魅を感じた者も少なくないようだ。

なお、彼女の名前は特撮版『電光超人グリッドマン』の実現しなかった続編企画案に由来しており、アレクシス・ケリヴと共謀して怪獣を操る女子高生という設定もその時点で存在していた。

真相、そして結末

ネタバレ注意 この項は、下記に本作の6話~最終回までのネタバレを含んでいます。
未視聴の方はご注意ください。(要スクロール

 

 

「このの外には、何も無いよ」

第6話、怪獣少女によってられた真実。それは、「このツツジ台は新条アカネによって造られた世界というものであった。
の外などというのはそもそも存在せず、遠足で訪れた郊外の土地もアカネによって用意されたマップでしかなかった。怪獣を倒した後も修復が為されなかったのは、イベントが終了したために場所そのものが不要となったため。
また、行き帰りの電車で皆が眠ってしまったのも怪獣の吐くガスの所為であり、「何も無い」部分を見せないための措置によるものである。そのためか、6話での駅名標が2つともツツジになっており、どこにも行けない状態になっている事が示されている。

「今までこのに現れた怪獣は、全部一人の人間から生まれたの」

「一人の人間から…?」

「そう…ひとりぼっちの人間の心から。
 それが……新条アカネ」

怪獣を破壊していたのがアカネならば、壊れたを修復し、死んだ人間によって生じた隙間を埋めていたのもアカネ本人。更にそので生活する住人たちもまたアカネによって生み出された存在であり、その中で機嫌を損なうような人間は殺されていき、段々とアカネにとって都合のいい世界に調整されていった。
新条アカネにとって、この世界の全部。そしてこの世界人間にとって、新条アカネは神様と同じなのである。
だが、そうした暴挙を繰り返す内に彼女の心はんでいった。怪獣少女く「あの子の心が、この自体が怪獣になっちゃった」との事。そして、今はそのんだ心にをつけた外から来たとても危険な人に利用されていると……

なお、怪獣少女アカネが作った怪獣ではなく、ツツジ台ができる前からいた怪獣でありアカネのやる事を全て見てきたという。また、裕太に協しているのは先代がお世話になったからとも。
今までもの描写や演出などから「これは仮想世界舞台としているのではないか?」という考察は数多くあったが、6話にてそれがほぼ決定的となった。

裕太たちはこの話を聞いて、グリッドマンの使命は「新条アカネを救う事」であると位置づけたが、アカネはその後も裕太たちへの接触(直接裕太の自宅に乗り込んだり、学校で三人に怪獣を差し向ける宣戦布告を行ったり、など)やグリッドマンを倒すための怪獣作りに取り組んでいく。
しかし独断で怪獣を作り出したアンチやそれを勝手に許可したアレクシス、次々と怪獣を倒すグリッドマンなどアカネにとって不都合な事態ばかりが続く。

やがてアカネ怪獣を使いグリッドマン同盟の三人に夢を見せる。その夢は三人がアカネのことを好きになるように作られた都合のよい夢。しかし夢の中でもアカネは三人に拒否され、夢から覚めてしまう。自分に都合のよいはずの世界で次々と自分を拒否されてしまったアカネは荒んだ心が露わになり、やがて怪獣すらも適当なもので済ませるようになり、学校にも来なくなってしまった。

アカネが新たに生み出した怪獣世界を管理している怪獣をも破壊し、アカネ自身が生み出した世界をも破壊しようとしていた。心を失っていったとアカネとは対照的に怪獣でありながら生き物の心が芽生えたアンチグリッドマンを守る騎士グリッドナイトとなり怪獣と戦う最中、じゅうをさ迷ったアカネグリッドマンが宿っているジャンクがある六花に辿りつく。そして…。

 

あたしも、グリッドマンと話してみたかったな

 

覚醒

裕太ナイフで刺したアカネアレクシスの怪獣作りを促す発言も視して再び中をさ迷っていた。六花アカネと話をするためにアカネを探し出し話をするが、そこに割り込んできたアレクシスによってアカネ自身が怪獣ゼッガーに変貌してしまう。グリッドナイトアカネを救うためにゼッガーと対峙、死闘の末に怪獣を撃破しアカネを救いだした。

だがすぐさまアレクシスはアカネを取り込み巨大化。自らの虚無を満たすためにアカネのような人間の下に向かうべく次の世界に向かおうとしていた。本来の姿を取り戻した電光超人グリッドマンアレクシスと対峙、しかし限の命を持つアレクシスを倒す事はできず苦戦を強いられる。グリッドマンは本来のを思い出し、グリッドフィクサービームアレクシスへ発射。かつてコンピューターワールドを修復してきたで新条アカネの心をも救おうとしたのだ。アレクシスの中にいるアカネには、自身が生み出した「友達」たちが呼びかけていた。

 

「ここは私が作った世界だから……この世界に私がいちゃいけないんだ……!」

「自分の意思で帰らなきゃいけないんだ……」

「私の、場所に……!」

命ある者のによって敗れたアレクシスは封印されハイパーワールドに連行。そしてアカネ六花との別れが迫る。六花アカネのために買った定期入れをプレゼントし、神様にひとつ約束をお願いをした。

「私はアカネとずっと一緒にいたい。

どうかこの願いがずっといませんように。」

 

退屈から救われ、何者かから侵略されていた世界から覚めた新条アカネは、この世界ではないどこかで友達と一緒にいるはずだろう。

余談

「関連動画♪ どこで視るの?」

「またいっしょに関連静画見ようね♪」

「関連商品見ておいて買わないのは、非常識だよぉ!」

「関連項目ちゃんと死んだかな…?ま、どっちでもいいけど♪」

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%96%B0%E6%9D%A1%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%83%8D

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

新条アカネ

1529 ななしのよっしん
2019/03/22(金) 03:07:19 ID: 5imjVSc2W5
現実世界アカネが想像以上に可かった(六花似)せいで、この容姿で陰キャ理が有ると思った。
1530 ななしのよっしん
2019/03/23(土) 23:00:47 ID: 2eo+vXuTLi
見たすら他人のコピーだったってこの子本当にさぁ…
1531 ななしのよっしん
2019/03/24(日) 12:04:46 ID: a2GgKbeCx4
内海の推測っていつも当たらないから、
アカネのそっくりさん=コピー元っていうのもあくまで可性の一つにすぎないんじゃない?
1532 ななしのよっしん
2019/04/05(金) 01:28:26 ID: 9Kl6ykQR9N
残った姿見に新しい設定加えたレプリコポイドの可性もあるわけだしな

まぁ相は広大コンピューターワールドの中
1533 ななしのよっしん
2019/04/15(月) 22:12:09 ID: aXcwNq6hGZ
矢的先生(ウルトラマン80)なら、どう接しただろうか。
1534 ななしのよっしん
2019/04/24(水) 12:37:44 ID: vXSGHYKSlr
>>1529
コミュ障こじらせたのがアカネだからな
くても人と接するのが苦手で、友達と合わせるのも辛くて孤独感があったんだと思うよ
客観的に見れば決してぼっちでも陰キャでなくとも、当人は息苦しくて現実が痛かったんだろう
1535 ななしのよっしん
2019/05/09(木) 15:24:51 ID: P+6JmLRtFM
>>1533
まず教育の現場そのものから革してただろう
どんな辛い幼少期があっても成功してる人形師はいた
1536 ななしのよっしん
2019/05/11(土) 11:50:05 ID: Qj0eWY3yZ/
>>1515
だが、「六花やその住居にあるものは、要らないながらも集約してまとめておいた物」
って解説からして、それこそ六花の名前の由来だとか視聴者考察されてた
子供の頃遊んでたリカちゃん人形みたいなノリで保管しておいた
的に弱った時の保険みたいな存在。

という所だろうが、普段何も困ってない時には縋りつきたい想い出とか保険ってのは
普段見向きもしないからな
六花にしても、何かしら意図があって生み出した裕太にしても、物語序盤頃においてはそういう存在じゃないのかね
1537 ななしのよっしん
2019/05/11(土) 11:52:19 ID: Qj0eWY3yZ/
>>1529
最初から級の不細工で全てを諦めている
とか言う場合でもなく、なまじスペックが高いと高望みもするようになるし、
上の上と言える存在と自分の短所を過度に較してコンプレックス拗らせやすいから

学歴コンプなんかもある程度偏差値高いにも多く居る
1538 ななしのよっしん
2019/05/17(金) 09:49:37 ID: uzjtsnuYoS
今更だけどグリッドマン見終わったわ。なんというかさいはてHOSPITALを彷彿とさせた
ヒーローものでありながらどこかそれ以外の視点で描かれることが多かったり、倒すのではなく救うってところが現代に即したヒーローものの在り方なんだなって思った。「かつて子供だった」大人に向けたアニメというか
随所に感じられた人工的な世界っぽさとキャラの「現実で実際に言いそう」な台詞回しからアニメなのに凄くリアリティあるななんて思ってただけに最後の実写シーンはかなり胸にくるものがあった…
MVがその後の続きを描いてるのも過ぎるでしょ…とても面アニメだった。リアタイで見りゃよかったわ