新美南吉単語

ニイミナンキチ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

新美南吉(にいみなんきち、1913年 - 1943年)は、子供の頃にもが読んだであろう名作ごん狐』の作者である。児童文学作家と呼ばれることが多いが、詩歌、戯曲なども発表していた。なお、すでに著作権が消滅しており作品の多くは、青空文庫などで読むことができる。

2013年は生誕100周年の年であり、故郷の愛知県半田市が記念行事などを開催している。

生い立ち

19137月30日愛知県知多半田町(現・半田市)で生まれる。1928年(15歳)、文芸誌『』と出会い、童話や投稿する。1931年(17歳)、初めて『』に作品が掲載される。1932年(18歳)、「ごん狐」が『』に掲載される。1941年(27歳)、初めて単行本を刊行する。1942年(28歳)には、初の童話集を刊行する。19433月22日結核により逝去(享年29)。同年9月に2冊の童話集が刊行された。

代表作

その他

朗読

著作権が切れていること・長さが丁度いいこともあってよく朗読されている。特に2020年の「せいゆうろうどくかい」では大活躍している。

関連項目

関連リンク

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%96%B0%E7%BE%8E%E5%8D%97%E5%90%89

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

新美南吉

1 ななしのよっしん
2015/03/22(日) 18:54:21 ID: lK89/yFjms
代表作に「おじいさんのランプ」を加えてほしい
あれはくしては読めないものです
2 ななしのよっしん
2015/12/22(火) 22:08:12 ID: HGL23zBfLn
おじいさんのランプ、あれいいよね。私はあかいろうそくがすきだ

急上昇ワード改

おすすめトレンド