日向ヒナタ単語

ウズマキヒナタ
  • 11
  • 0pt
掲示板へ

日向ヒナタ(ひゅうが-)とは、漫画NARUTO』の登場キャラクターの1人にして主人公(うずまきナルトである。
CV:水樹奈々

概要

夕日率いる第八班の所属、木の葉でも名門とされる日向一族宗出身のくの一。父親日向ヒアシ日向ハナビ従兄に分出身の日向ネジがいる。なお、「ひなた」という字を漢字にすると日当のほかに、『日向』でも「ひなた」という読みがある。漢字名称だと日向日向になるのだろうか?

一部ではショートヘアーだったが二部以降はロング。あと二部からは同年代の女性キャラの中では一番胸が大きい描写がされている。
(みんなで銭湯に行った時は、押さえつけないと浮かんでしまうほどだった)

日向一門ということから一族の血継限界である眼が使える他、戦闘では柔拳を用いて戦う。ただ、彼女自身は1つ年上のネジや5つ年下のハナビべると才に劣っており、かつては父親日向ヒアシからは「あやつは日向にはいらぬ」と切り捨てられる程だった。

一部の中試験編では犬塚キバ油女シノとのチームで第二試験までは突破したが第三試験の予選で従兄で分出身の日向ネジと対決することになり、宗のヒナタに対して憎しみを向けるネジ底的に痛めつけられるが、憧れのナルトの前で格好悪いところは見せられないと最後まで懸命にネジに立ち向かう。
最終的に戦いには敗れ最後にはあわや殺されかけたが、その戦いぶりを見たナルトネジを倒すことを決意し、実際に本戦でネジを破っている。しかしヒナタはネジから受けたダメージが思いのほか大きく、本戦のナルトの勇姿を最後まで見ることはできなかった。

一部ではに感知の用途で眼を用いることが多かったが、二部以降では実的にも成長し、眼を用いての柔拳での戦闘描写も立つようになる。

温和で心優しい、照れ屋で引っ込み思案で且つ気弱な性格。しかし、いざという時には自分で決めたことをっ直ぐ貫こうとする意志の強さも見せる。
幼少期からうずまきナルトに好意を寄せているが、自身の消極的な姿勢もあって進展しない。とはいえ、ヒナタはナルトに強いを受けており、「まっすぐ自分の言葉は曲げない」という彼女忍道ナルト譲りの物である。

特に印深いのが二部におけるペイン戦、ペインに追い込まれて絶体絶命ナルトを救うべくたった1人でペインの前に立ちはだかり、逃げるように叫ぶナルトの前で堂々と「私はナルト君が……大好きだから……!!」と、消極的な彼女が遂にナルトに対する自らの想いを告白する。
柔拳を用いてペイン相手に立ち向かうもその実差はあまりにも大きく、吹き飛ばされた挙げ句にペインの放ったを撃ち込まれて瀕死の重傷を負うことになり、そのの当たりにしたナルトが九尾の暴走させるきっかけとなった。
この時の暴走は一際大きく、今まではサスケ終末で殴りあった時も大蛇丸に挑発されて怒り狂った時も四本くらいまでの暴走だったのが、この時は相手が自来也を殺した敵そのものであったというのもあり、八本出た上、九本が出る寸前まで行った。
アニメでは戦闘シーンが大幅に追加されているだけでなく瀕死の体を引きずりながらナルトの方へと近づき、震える手でナルトに刺さった必死に抜こうとしたり、そのを見たペインからの問いに自分の忍道を堂々と言い放つなどとより描写が強調されている。

その後の界大戦でもネジと連携してゼツ軍団と戦ったり、「これからはナルト君の後ろを追いかけるのではなく、隣に並んで歩いていきたい」と、新たな決意をったりもしている。更にオビトとの戦いでは情け容赦のない現実の当たりにして遂には己の信念がぐらついてしまったナルトを叱励し、立ち直ったナルトからお前がオレの横にいてくれたおかげだ」と言われたり、本誌掲載時のラスト煽り文で「この手は決して離さない!」なんて書かれてたりも。

上述のペイン戦を見ればなんとなくわかると思うがアニメでは活躍の機会や出番が増えており、二部では彼女メインエンディングが作られたり、そのことについておまけアニメナルトスタッフにはヒナタファンがいる」などと公式で認めてしまっていたりする。

このような扱いからなのか、最終回では彼女が報われるエンディングとなり、多くの読者を感させた。 
最終回に登場する兄妹の名前もいろいろ深読みできるようになっている。

そしてNARUTO最後の映画となる「NARUTO THE LAST MOVIE」にてメインヒロインとして抜され、ナルトと結ばれるまでの過程が描かれる事となった。

また同映画パンレットインタビューにて「少年編が終わって、青年編に入って少し経過してからナルトとヒナタはくっつく」と決めていた事を明かした。このほか、子供の名前についても舞台挨拶で「ネジというキャラナルトとヒナタをくっつけるのに重要な役割を果たしていました。もともとネジという言葉は(の中で)『2つのものを繋げる』というイメージなので、その別の言い方として」という由来を明かしており、概ねファンの予想した通りのものだったようだ。

日向の長子であり跡継ぎの立場だったのだが、ナルトと結ばれ結婚した後はうずまき性を名乗り「うずまきヒナタ」となっている。日向ハナビが継いでいる。
ハナビが継ぐ事自体は幼少の頃から考えられていたようだが、当初は単に「ヒナタに才いから」と言う理由だったものが、中試験の後から宗と分の確執はだいぶ緩和されているため、恐らくは純にヒナタの意志を尊重しての入りになったのだろう。

なお、ニコニコではサクラよりヒナタの方が先に単独記事が出来たが、Wikipediaでは最終回時点で単独記事すら作られておらず、『数ある登場人物の一人』[1]扱いなのが非常に残念な次第である。
ちなみに、ニコニコでのNARUTO女性キャラの単独記事一番乗りはテンテンらしい。 

関連動画

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

日向ヒナタに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

脚注

  1. *但し、映画(「THELAST」)開以降の記事には『本作のもう一人のヒロイン』と表記されている。

【スポンサーリンク】

  • 11
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%97%A5%E5%90%91%E3%83%92%E3%83%8A%E3%82%BF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

日向ヒナタ

1103 ななしのよっしん
2020/03/02(月) 17:29:27 ID: AtNaUVIWt4
岸本原作だとああなるけどいいですか?師匠…(コキ…
流行り物や路線変更に怒るやつもいるけどは多分ああいう女の子が気に入ってるか人気だと思ってヒロインを書いているが実際苦手なのか上手く書けていない
サクラがどうなってもそれはそれだ まだまだ心眼が足らぬ
ただ気に入って書いたのだからそれはそれだ
この世に璧なものはない 今から書いてもifにしかならない この世に絶対はない
1104 ななしのよっしん
2020/03/20(金) 13:12:22 ID: lZeMmsW9Fa
ワンピースハンコックもそうだけど、やっぱこういう主人公に一途な女性キャラって人気が出やすいのかね
1105 ななしのよっしん
2020/04/16(木) 13:00:03 ID: fQTH70lGcy
一応アニメとか漫画だからね
ういういかにもオタク受けしそうなキャラがいいんだよ
1106 ななしのよっしん
2020/05/07(木) 02:41:56 ID: K+ZIzgcrrs
でもまあヒナタアンチの腐れ女が言ってた
サスケナルトファーストキスの相手はだ!!」
は納得せざるを得なかった
そういや本編事故起こしてましたね…
1107 ななしのよっしん
2020/05/08(金) 05:46:27 ID: fQTH70lGcy
>>1104
地獄先生ぬ~べ~ゆきめも最終的には結局律子先生差し置いてぬ~べ~先生結婚しちゃったしね
1108 ななしのよっしん
2020/05/15(金) 10:33:28 ID: hH3Tj1eKZg
>>1104
むしろそれを主人公が好くのが常識的な展開なんだよな。

ヒナタみたいなタイプに限らず、気の強い高飛車キャラ(よく主人公を殴る)でも「甘えは許さないが面倒見のいい姉御」とか、主人公が好意を抱くのが当然だな。って思えるキャラなら結ばれる結末も自然
1109 ななしのよっしん
2020/05/16(土) 14:45:10 ID: hH3Tj1eKZg
>>1106
そう言えばジャンプエロラブコメToLoveるも、主人公ファーストキスが劇中確認できる限り、レン男子)だというのがあったなw
1110 ななしのよっしん
2020/05/21(木) 12:01:51 ID: Xyfd/Dovmj
ラーメン46杯も食って全然気とかうせやろ……
こんなヤツと結婚したらエンゲル係数上がりまくるわ
グルメ細胞でも宿ってるんと違うか
1111 ななしのよっしん
2020/05/23(土) 10:15:05 ID: lZeMmsW9Fa
あれ考えたアニメスタッフは頭おかしいと思う
チョウジは怒っていい
1112 ななしのよっしん
2020/06/18(木) 13:55:03 ID: 26QnZf7fmw
キスの話になるとうちは夫婦とヒナタのファーストキス全員ナルトやぞ。
サクラは応急処置の一貫だからノーカンかもだけど。

急上昇ワード

おすすめトレンド

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

プレミアム限定動画 松山あおい 謎のレインジャック