日本国憲法第12条単語

ニホンコクケンポウダイジュウニジョウ

日本国憲法第12条とは、日本国憲法の第3章にある条文である。第3章で定める権利を民が保持する義務を有し、その濫用を禁ずる旨を規定している。

概要

「民定憲法」と位置づけられる日本国憲法で定められた権利は、との戦いの末に日本国民が勝ち取ったものであるとされる。それが侵される用のないよう民が努める必要があると共に、その権利を濫りに用いてはならないと抑止をかけている。

この憲法民に保障する自由及び権利は、民の不断の努によって、これを保持しなければならない。又、民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

自由権など人権を制限するものとして「公共の福祉」を挙げている。これについては当該記事を参照のこと。

大日本帝国憲法に同種の規定はない。これは帝国憲法天皇政府などが定めた「憲法」とされ、憲法にある「臣民自由・権利」についてはが与えた「恩恵的なもの」と位置づけられていたからである。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E6%86%B2%E6%B3%95%E7%AC%AC12%E6%9D%A1

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

日本国憲法第12条

1 ななしのよっしん
2016/07/23(土) 14:14:54 ID: ZL7DxP1dLL
日本国憲法ってどう考えても憲法だよね