日本国憲法第18条単語

ニホンコクケンポウダイジュウハチジョウ

日本国憲法第18条とは、日本国憲法第3章(民の権利・義務)に存在する条文である。

概要

日本国憲法第18条は、「人身の自由」の一部「奴隷拘束及び苦役からの自由」を以下の通り保障している。[1]

何人も、いかなる奴隷拘束も受けない。又、犯罪に因る処罰の場合を除いては、その意に反する苦役にさせられない。

過去、専制政治の下では、支配者による不法な逮捕、監禁、拷問、および刑罰権の濫用などにより人身の自由が侵されてきた。人身の自由(身体の自由)がなければ自由そのものが存在しえない。日本国憲法はそういった過去歴史を考慮し、人権保障の基本とも言える奴隷拘束からの自由を定め、さらに苦役からの自由をも定めている。

解釈

奴隷的拘束からの自由

第18条は、いかなる奴隷拘束も受けないと保障している。これは絶対的な禁止であり、公共の福祉などを根拠として拘束することは認められない。

奴隷拘束とは、「自由人格者であることと両立しない程度の身体の自由拘束」であり、たとえば女性子ども人身売買や、労働者を長期にわたり拘禁し強制労働させる部屋などが該当する。たとえば、漫画賭博破戒録カイジ』のグループ地下施設での強制労働は、監部屋に該当するおそれがある。

苦役からの自由

第18条はさらに、犯罪による処罰の場合を除いて、その意に反する苦役にさせられないと保障している。ただし、公共の福祉による制約を受けることがある。

意に反する苦役とは、「広く本人の意思に反して強制される労役」であり、強制的な土木工事への従事などがこれにあたる。しかし、非常災害時、緊急の必要があると認められる救援活動の従事命などは、公共の福祉の制約として容認される。

また、国家と私人の関係だけではなく、私人と私人の関係でも禁止されている。

なお、徴兵制による兵役義務は「本人の意思に反して強制される労役」と解釈されるべきであり、通説や政府見解において違とされている。

関連項目

日本国憲法
第1章 天皇 1 2 3 4 5 6 7 8
第2章 戦争の放棄 9
第3章 民の権利及び義務 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40
第4章 国会 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64
第5章 内閣 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
第6章 76 77 78 79 80 81 82
第7章 財政 83 84 85 86 87 88 89 90 91
第8章 地方自治 92 93 94 95
第9章 96
第10章 最高法規 97 98 99
第11章 補則 100 101 102 103

脚注

  1. *日本国憲法exit

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E6%86%B2%E6%B3%95%E7%AC%AC18%E6%9D%A1

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

日本国憲法第18条

1 ななしのよっしん
2015/08/23(日) 01:04:08 ID: 7p6qKQUlcq
あんまり注されないけど重要な権利だよなこれ。
2 ななしのよっしん
2016/01/09(土) 19:33:48 ID: IyOFZqx+1K
憲法八条の会
http://pressstickbluejune.wix.com/carpenter-jp-2exit

自衛隊の業務は志願でなきゃやってらんないくらいの苦役
強制させるのは憲法18条に違反する
3 ななしのよっしん
2016/01/09(土) 19:38:26 ID: IyOFZqx+1K
>>1
9条信者があたかも「9条改憲すると徴兵制に繋がる」かのように印操作しているからな
そのせいで護憲法18条を積極的に議論を避けている
自分は護だがその辺を誤魔化さないのが9条信者とは違うとこ
4 削除しました
削除しました ID: S94U/WBHpH
削除しました
5 ななしのよっしん
2018/07/04(水) 13:30:13 ID: NNdcZP+Wpo
27条と相反してる気がする
6 ななしのよっしん
2018/09/07(金) 11:29:31 ID: EmPZHphsEG
>>5
働くこと自体がその意に反する苦役なのはある意味確かにそうだw
まあニートしてても仕方ないんで、取りあえず企業経営者はこの条文を遍読んでから会社を動かせ、な?
7 ななしのよっしん
2019/01/07(月) 19:56:33 ID: lsJW1wp/SY
徴兵は「その意に反する苦役」でないと解釈変更することが可とする説が自民党内にあって(※1)、自民党改憲案は「いかなる」を「社会的又は経済的関係」と限定するんだから(軍事拘束は可にするんだから)、自民党がどういう改憲したいのかすぐわかる。
よく日本に囲まれてるから徴兵は役に立たないというけど、集団的自衛権を忘れてるんでは。徴兵は陸上では未だ有効だし(イスラエルとかその典例)、陸上戦争が起こったとき「本土は重要だから正規兵で固めるけど、集団的自衛権陸上戦地に行く人は徴兵と正規兵の混成部隊ね」とか普通に起こりうるのでは。

※1 第189国会 及び社会平和安全法制に関する特別委員会 第12号徴兵制憲法違反であるということには、私は、意に反した奴隷的な苦役だとは思いませんので、そのような議論にはどうしても賛成しかねる」
8 ななしのよっしん
2019/01/07(月) 20:05:22 ID: lsJW1wp/SY
失礼、引用元間違えました

第154国会 憲法調会基本的人権の保障に関する調小委員会 第4号
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_kaigirokua.nsf/html/kaigirokua/010715420020523004.htmexit

それで、日本において、徴兵制憲法違反だと言ってはばからない人がいますが、そんな議論世界じゅうどこにもないのだろうと私は思っています。徴兵制をとるとらないは別として、徴兵制憲法違反、なぜですかと聞くと、意に反した奴隷的苦役だからだと。を守ることが意に反した奴隷的な苦役だというようなは、私は、国家の名に値をしないのだろうと思っています。
少なくとも、日本以外のどのに行っても、社会体制がどんなに違ったとしても、そのようなことは、あなた、本当に何を考えているんですか、そういう反応になるのだろうと思っています。徴兵制憲法違反であるということには、私は、意に反した奴隷的な苦役だとは思いませんので、そのような議論にはどうしても賛成しかねると
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)

急上昇ワード