日本女子プロ野球機構単語

ニホンジョシプロヤキュウキコウ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

日本女子プロ野球機構とは、2010年に開幕した女子によるプロ野球リーグ運営団体である。
通称JWBL(Japan Women's Baseball League )。リーグの通称も同じくJWBLである。
2014年より、機構は株式会社から一般社団法人化している。以下では、日本女子プロ野球リーグを中心に記載する。

概要

経過

日本女子プロ野球リーグは、2009年8月に発足することが株式会社日本女子プロ野球機構より発表されたexit。当初はGPBL(Girls Professional Baseball League)として設立された。

10月11月にそれぞれ関西関東合同トラアウトを行い、12月京都アストドリームス兵庫スイングスマイリーズの2球団が誕生。ドラフト会議トラアウト合格者の中から女子プロ野球選手を名・選出した。

2010年4月リーグ初年度が開幕。

2011年12月に、新球団大阪レイビーハニーズの発足が発表され、2012年4月に3チームリーグ開幕。11月には関東に新球団が設立されることを発表。

2013年1月リーグ名称をGPBLからJWBLへ称。4球団の構想が明確になり、新球団としてイーストアストライアが誕生。ハニーズはノースレイアとなり、大阪から北日本へ所管エリアが変更。ドリームスウエストフローラ、スマイリーズはサウスディオーネへそれぞれ称された。

2014年1月運営者名が一般社団法人日本女子プロ野球機構へ変更。

2015年から、地域密着をテーマとして4球団が本拠地を設定することになり、球団名も変更。次項「リーグ構成」を参照。

2017年12月2日兵庫ディオーネ兵庫県淡路市の結んだホームタウン協定が終了することに伴い、2018年シーズンから同球団の拠点を愛知県に移し「愛知ディオーネ」と称することがリーグから発表された。

リーグ構成

京都フローラ兵庫ディオーネ埼玉アストライアレイアの4チームで構成される。下表のとおり、チーム名の変遷やチーム継承に伴う活動拠点の変更を経て、現在に至っている。また、トーナメント体のシーズンがあったりリーグ戦中心のシーズンになったりと、運営方法が毎年のように変わっていることも特徴的である。兵庫ディオーネ2018年から本拠地を移し、愛知ディオーネへ称予定。

チーム 拠点 チーム名変遷 監督
京都フローラ 京都府京都市

2010-2012 京都アストドリームス
2013-2014 ウエストフローラ
2015-     京都フローラ

新原千恵
兵庫ディオーネ 兵庫県淡路市

2010-2012 兵庫スイングスマイリーズ
2013-2014 サウスディオーネ
2015-     兵庫ディオーネ

美穂
埼玉アストライア 埼玉県さいたま市

2013-2014 イーストアストライア
2015-     埼玉アストライア

河本
レイア 宮城県

2012      大阪レイビーハニー
2013-2014 ノースレイア
2015-     東北レイア
2016-       レイア

大倉三佳

2013年度は4チームによるトーナメント戦であるティアカップを19大会76試合、リーグ戦であるヴィクトリアシリーズALL EASTALL WESTに分けて7試合実施している(9試合の予定だったが2試合は中止)。

2014年度はティアカップの規模を縮小し、京都大会、姫路大会、仙台大会、埼玉浦和大会の4大会を実施。トーナメント戦を縮小する一方、リーグ戦であるヴィクトリアシリーズを拡充した。フローラディオーネが所属する西地区、アストライアとレイアが所属する東地区で前後期制による各地区でリーグ戦を行い、各地区優勝チーム突する「女王決定戦」により日本一を決定した。

2015年度については、東北レイアを若手選手中心とした育成球団に位置づけてリーグ戦には参加せず、京都フローラ兵庫ディオーネ埼玉アストライアの3チームリーグ戦を行うという体制変更が発表されているexit。前期と後期で優勝チームを決め、その2チーム女王決定戦を行う。前期と後期で優勝チームが同じ場合は勝率2位チーム女王決定戦に出場する。

2016年度は東北レイアが「レイア」へ球団名変更し、引き続き育成球団となることが2015年12月28日放送のニコ生で発表された。また、新たな試みとなるが、リーグリポーターとして成田沙耶加が就任した(同日のニコ生内で発表&新年度体制発表に同席)。ニコ生では有料チャンネルだけでなく、スポーツ公式チャンネルフルイニング中継された(映像ソースは同一)ほか、スポナビでのみ放送された試合が3試合あった。

2017年度はレイアの本拠地が宮城県から京都府に移ることが、2016年12月3日リーグコンベンションで発表された。また、シーズン途中から埼玉アストライア監督に就任した片作が当年限りで退任し、新監督中島紗が就任(中島コーチからの転換)。このほか、現役引退を表明した川口美、大澤靖子がそれぞれ所属していた兵庫ディオーネ京都フローラに、大山橋本ひかり埼玉アストライアレイアコーチに就任することが同コンベンションにて発表された。なお、レイアコーチを務めた辻内崇伸2015年以来の埼玉アストライアコーチに就任した。また、京都フローラレイアはそれぞれチームカラーを変更した。

2018年度はディオーネが本拠地を兵庫県淡路市から愛知県へ移転。また、2017年より休刊中だったプロ野球ai甲子園株式会社ミライカナイから復刊される(当面年4回発刊予定)ことになり、両誌に女子野球コーナーが設けられることがリーグから発表された。

ルールなど

試合ルールは7回制で、延長は9回まで。DH制を採用している。また、硬式球、金属バットを使用している。

規定打席はチーム試合数×2打席、勝利投手の権利獲得は4イニングス以上と規定されている。

球場わかさスタジアム京都明治神宮野球場県営大宮球場などを使用する。

2014年からアストライアのコーチ辻内崇伸が就任、2015年からフローラコーチ朝井秀樹が就任するなどNPBの元プロ野球選手コーチに就任するケースが増えている。

YouTube公式チャンネルで試合の生中継を行っており、全試合無料で見ることができる。いたが、2015年よりダイジェスト版配信のみとなったexit。生中継については、ニコニコ動画女子プロ野球公式チャンネルにてチャンネル会員(有料)向けに配信されている(3回終了時までは、会員ではなくても無料視聴可)。

2015年4月25日ニコ生の中継がSHOWROOMで配信されていることを示すコメント投稿され、視聴者からは違法ミラーではないかとの疑いが掛けられた。しかし翌日の中継時、今後のサービス拡大に向けて公式で配信テストを行ったが未開設定になっていなかったと運営が釈明した(2016年にはSHOWROOMの会員限定配信や一部の試合でスポナビのみでの配信が行なわれている)。2017年にはライブ配信がニコ生からスポナビへ移管。

また、オールスター投票ではアストライアの選手を中心にネット投票での得票数が伸び、今シーズンリーグ前期優勝を果たしたフローラからの選出者がごくわずかという結果に(昨年MVP人気選手の一人である三浦伊織外野手4位となる事態)。

厳正なる審を理由として選出者の発表が遅れたが、6月9日公式サイトに先立ちニコ生で選出者が示された。その際、当初は発表されていなかった監督推薦があることが判明し、このでの出場者2名(植村美奈子投手中村捕手。いずれもフローラ)も発表された。

2016年8月20日21日にティアカップ宮城石巻大会が予定されていたが、連戦による選手の状態等を理由に中止となった。レイアが参加できる数少ない公式戦であり、急な発表、理由もすっきりしないものであった。

年間総合優勝チーム・MVP

年間総合優勝チーム MVP 監督
2010年 兵庫スイングスマイリーズ 川保麻弥 川越
2011年 兵庫スイングスマイリーズ 小西美加 川越
2012年 大阪レイビーハニー 小西美加 福間納
2013年 イーストアストライア 川端友紀
2014年 ウエストフローラ 三浦伊織 松村

主なタイトル・表彰(MVPは前掲により省略)

首位打者
年度 氏名 打率 チーム
2010年 川端友紀 .393 ドリームス
2011年 川端友紀 .406 ドリームス
2012年 三浦伊織 .390 ドリームス
2013年 川端友紀 .431 アストライア
2014年 三浦伊織 .500 フローラ

最多安打
年度 氏名 安打 チーム

2010年

2011年

タイトルの設定なし
2012年 中村 48 スマイリーズ
三浦伊織 48 ドリームス
2013年 三浦伊織 57 フローラ
2014年 三浦伊織 52 フローラ

最多打点
年度 氏名 打点 チーム
2010年 川保麻弥 36 スマイリーズ
2011年 川保麻弥 30 スマイリーズ
2012年 大倉美佳 31 ハニー
2013年 川端友紀 34 アストライア
2014年 中村 23 フローラ

最多盗塁
年度 氏名 盗塁 チーム
2010年 小西美加 28 スマイリーズ
2011年 厚ヶ瀬美姫 17 スマイリーズ
2012年 三浦伊織 17 ドリームス
2013年 三浦伊織 27 フローラ
2014年 三浦伊織 18 フローラ

最優秀防御率
年度 氏名 防御率 チーム
2010年 小西美加 1.79 スマイリーズ
2011年 荒井 1.79 ドリームス
2012年 小西美加 2.14 ハニー
2013年 半田渚 1.59 アストライア
2014年 矢野みなみ 1.10 フローラ

最多勝利
年度 氏名 勝利 チーム
2010年 小西美加 9 スマイリーズ
2011年 小西美加 16 スマイリーズ
2012年 小西美加 11 ハニー
2013年 大田秀奈美 13 アストライア
2014年 矢野みなみ 14 フローラ

最多奪三振
年度 氏名 奪三振 チーム
2010年 小西美加 66 スマイリーズ
2011年 小西美加 55 スマイリーズ
2012年 大田秀奈美 52 スマイリーズ
2013年 里綾実 62 レイア
2014年 里綾実 66 レイア

最多セーブ
年度 氏名 セーブ チーム
2010年 岩谷美里 5 スマイリーズ
2011年 塩谷千晶 7 ドリームス
2012年 河本 9 ドリームス
2013年 中島 9 アストライア
2014年 小西美加 6 フローラ

新人賞
年度 氏名 チーム 備考
2010年 未設定
2011年 塩谷千晶 ドリームス 最多登板、最多セーブ
2012年 大田秀奈美 スマイリーズ 最多奪三振
2013年 矢野みなみ フローラ 防御率、投球回、奪三振各3位
2014年 大山 レイア 全試合出場、打率.359

兄妹・姉妹のプロ野球選手

アストライア所属の川端友紀は、東京ヤクルトスワローズに所属している川端慎吾である。

ディオーネに所属していた中村香澄のは、広島東洋カープに所属している中村である。兄妹とも2015年シーズン引退

また、ディオーネ所属の由有は、2015年からレイア由希菜が入団したことにより、女子プロ野球初の姉妹選手となった。
初対戦は2015年8月27日のチャレンジマッチ4戦ディオーネとは2戦)。初回の第1打席は由有が2球続けて由希菜のインコースを突き、最後はん中低を振らせて3球三振の貫勝ちとなった。
4回に迎えた第2打席では由希菜がツーベースを放ち、6回裏の3打席もツーベース打点付き)で試合中にリベンジを果たした。ちなみに、由希菜は最終回投手が由有から村田へ代わった後、この試合2個三振ラストバッターになっている。

2017年由希菜が育成チームであるレイアからの昇格を果たしたが、所属は京都フローラとなったため姉妹同一チームでのバッテリー誕生は先延ばしとなった。

選手について

2球団合同トラアウトを実施し、合格者がプロ入りすることになる。例外的に、IBAF女子野球ワールドカップで3連覇を果たした際のメンバーであった大山六角彩子、新宮有依はトラアウト外で獲得発表されている(同じ2013年10月14日発表のトラアウト合格者13名とは別に発表された。なお、六角、新宮はプロ入りせず。)

トラアウト合格者については、リーグ初年度のみドラフトで当時の2球団から名されたが、その後は各球団へ振り分けられるようになった(密室と揶揄されることも)。レイアが育成球団と位置づけられたことで、高卒20歳の新入団選手は初年度にレイアへ配属され、2年程経験しトップリーグへ移籍する傾向がある。ただし、2015年入団の海老は例外的にプロ経験1年で2017年から埼玉アストライアへ所属することになった。過去外国人選手はシェイ・リリーホワイトのみ(2013年途中加入)であったが、2017年の入団テストの合格者7人の内3人が、台湾からの受験者であった。(HSIEH YU YINGシェーユーイン投手、SHEN JIA WEN:シェン ジァー ウェン外野手TSENG CHI:ソ ヂェン チー外野手

退団については、引退や各球団からの自由契約監督コーチなどは任期満了で来季の契約を結ばないといった形で発表される。理由が不明確なまま退団となり、ファンリーグ不信に繋がった例もある。
※ 例:大田秀奈美堀越美紀。大田は後日、開幕間際に突然契約報道がなされたが、契約直後にディオーネへ移籍(移籍については公式発表なし)。堀越に至っては自由契約となったにも関わらず、公式発表もないまま2014年シーズンレイアプレーした。

リーグ発足時からしていた女子選手のセカンドキャリアについては、小久保志乃など一部は女子野球導者となり、半田渚のようにアマ野球への転身、2017年埼玉県警採用試験に合格したなどの例がある。

関連動画

関連チャンネル

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%A5%B3%E5%AD%90%E3%83%97%E3%83%AD%E9%87%8E%E7%90%83%E6%A9%9F%E6%A7%8B

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

日本女子プロ野球機構

1
◆0hVlAvPFCg 2015/02/16(月) 23:56:23 ID: nUlyQXvKqy
女子プロ野球」だとJWBLに限定されず、かと言って記事内容はJWBLに関するものであったため、初版者の考えも確認した上で記事名変更しました。
ちなみにWikipediaの「女子プロ野球」は現時点では曖昧さ回避になっています。
2 ななしのよっしん
2015/03/20(金) 12:26:03 ID: J30iUoRwL6
>>lv214594658exit_nicolive
3 ななしのよっしん
2017/06/26(月) 03:14:06 ID: OPfJ+YRfGc
何とか盛り上がって欲しいもんだが、リーグ維持で精一杯って感じだな。
4 ななしのよっしん
2018/11/18(日) 19:52:37 ID: fBjhrHt1pL
高校チームの数が100とか200とかにならんかね。
活動場所の確保などいろいろ簡単ではないけど。

急上昇ワード

2019/10/18(金)05時更新