日本専売公社単語

ニホンセンバイコウシャ

日本専売公社とは、かつて日本に存在した社のひとつである。

概要

昭和24年(1949年)に大蔵の外局、専売局を分離独立させて設立。

大蔵から専売局を分離独立させる形で発足した特殊法人であり、かつて存在した三公社五現業のひとつでもある。たばこ・樟(しょうのう)の専売業務を行っており、その利益を国家に入れる的で存続していた。
たばこについてはそれぞれの項を参照していただきたいが、重な税収減として明治以降大蔵が保持し続けていた。樟はかつてセルロイド(セル画はかつてセルロイドで作られていた)の添加品として重宝されていた経緯から専売品となっていたが、需要の低下から1962年に専売品からはずされている。

1985年4月1日日本たばこ産業株式会社の成立と同時に解散。

その後、の専売事業については日本たばこ産業株式会社を離れ財団法人塩事業センターへと引き継がれている。これは1997年の専売制が止され事業法に移行したためである。なお、塩事業センター伯方の塩などと同様にスーパー普通に見かけることが出来る。

塩事業センター現在、大震災などの緊急時用のの備蓄などを的に運営されている。

関連動画

関連商品

関連項目・外部リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%B0%82%E5%A3%B2%E5%85%AC%E7%A4%BE

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

日本専売公社

1 ななしのよっしん
2018/03/25(日) 01:11:16 ID: +7SayaqjOz
沖縄返還で民間事業を吸収したことはあまり有名ではない