日産・ティーダ単語

ニッサンティーダ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

日産・ティーダとは、日産自動車が製造する小ハッチバック乗用車である。

概要

ティーダの名称の意味は、名のティーダは、沖縄方言太陽を意味する「てぃーだ」から来ている。一応SUNNYの後継種に当たる。どちらとも名の意味として”太陽”の意味がある。

ティーダシリーズの特徴として、シートヨーロッパ製のコンパクトカーと同様に大ぶりなことである。日本製の同クラスライバルべて乗り疲れしにくいのも特徴的である。また、小良ごとに燃費性や足回りを細かく手入れをしているのも特徴的で、初期よりも小変更ごとに乗り味が違っている。

また、日産の小世界戦略でもある。なお、アメリカカナダ仕様のみ名称が「ヴァーサ」となり、そのほかの名称は「ティーダ」となる。

初代・C11型(2004年~2012年)

2004年9月に登場。当初は150ccのみとなり、FF駆動と4WD仕様で、ミッションは、FF駆動は廉価版のみ4速ATで後はCVTとなる。4WD仕様は4速ATのみとなる。同年10月セダンバージョンティーダラティオが登場する。

2005年1月180cc仕様が登場。ミッションCVTのみとなる。

2008年1月マイナーチェンジ180ccに6速マニュアル仕様が登場。

2010年9月マイナーチェンジ180ccラインアップ止をされ、150ccのみとなり、FF駆動のミッションCVTのみとなる。

2012年6月に生産中止が発表、世界戦略としての位置づけも含め後継は同年9月より発売される日産・ノートE12)となる。

二代目・C12型(2011年~)

日本国内における「日産・ティーダ」 は上記の通りだが、中国市場においては2011年より「ティーダ」と名乗る5ドアハッチバック日産中国企業との合弁企業、東汽車有限によって生産・販売されている。

日本でいうところの3ナンバサイズに拡大されており、名前こそ受け継がれているが5ナンバサイズにこだわって設計されたティーダの設計思想としての後継とは言い難い、かもしれない。

関連動画 

関連商品

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%97%A5%E7%94%A3%E3%83%BB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%80

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

日産・ティーダ

1 ななしのよっしん
2009/11/14(土) 22:10:43 ID: /QtzB4Cm0V
ほんとにコレ100万台も売れてんの?
2 ななしのよっしん
2011/10/21(金) 22:47:32 ID: mmwjSuPqGE
足周り堅くて跳ねるけど結構良いだよ、これ。
渋い色のエクステリア広告で前面に出てるから若い人より
中年の人が乗ってるイメージがあるかもね。
なら若者でも違和感いと思う。
3 ななしのよっしん
2018/04/20(金) 22:35:05 ID: b6vw2KafNW
体のサイズは丁度良いし、デザインも良いし、しかもMT仕様がある。
個人的には理想的なだけど、MT中古全然出回ってない…同じクラスノートはいまいち…

急上昇ワード

おすすめトレンド

最新の話題で記事を新しくしてみませんか?

総統閣下シリーズ DYNAMIC CHORD 神之塔 加賀美ハヤト AGRS 杉田智和 大蛇丸の人 桜色