日立電鉄単語

ヒタチデンテツ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

日立製作所>日立電鉄

日立電鉄とは、かつて茨城県に存在した鉄道事業者。

概要

本社は茨城県日立幸町三丁4-6に存在した。

その名の通り、日立製作所が同社の式の約6割を保有し、筆頭であった。
1927年、常北電気鉄道として設立され、1941年に日立製作所下の企業となった。
1944年に日立電鉄に名した。

2005年、全線止。鉄道事業から撤退。
2009年企業解散、消滅した。が、バス事業は鉄道事業撤退時に設立された「日立電鉄交通サービス」(通称:日立バス)が継続して事業を行っている。

鉄道事業

日立電鉄線という路線を保有していた。総延長18.1キロメートル
茨城県常陸太田市の「常北太田駅」と、同県日立の「」を結んでいた。
軌間1067ミリメートルで、直流600ボルト電化鉄道であった。

余談だが、ここで働いていた運転士の半数は、首都圏新都市鉄道つくばエクスプレスに再雇用された。

駅一覧

廃止時点での車両

バス事業

一般路線バス日立常陸太田市、高萩、北茨城の4で事業展開している。
また、電線の廃線跡をバス専用道路として再利用した「ひたちBRT」も存在する。今後、久慈間を再整備する予定。

高速・空港路線

日立バスでは都市夜行高速バスは運行していない。ただし、ひたち号では深夜急行バスとして運行するダイヤ(ミッドナイトひたち号)が存在する。

要停留所を記載。

一般路線バス乗車時の注意点

日立バスでは、自社の一般路線バスのみで使用出来るIC乗車券「でんてつハイカード」を導入しているが、
同日から現客用の整理券もICカード化されている。

そこで注意すべき点は、以前使われていたの整理券ではどの運賃セクションから乗ったのか番号が印字されており、使い捨てであった。
が、日立バスでは経費節減のため整理券を何度も使い回している。カードそのものに印字は行われない
そのため、時に整理券番号を覚えておかないといけないという初見殺し設計となっているので注意が必要。
外では、整理券番号を覚えておくようにアナウンスが流れるほか、アナウンスでも、◯◯から乗したお客様の整理券番号は◯◯番ですと必ずアナウンスが流れる。

関連動画

関連商品


関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%97%A5%E7%AB%8B%E9%9B%BB%E9%89%84

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

日立電鉄

1 ななしのよっしん
2017/11/01(水) 23:34:03 ID: awnIN5XLsR
日立電鉄、みちのり下に 日立、路線維持を要望」
http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15091136485626exit

反映できる方、できましたら関連項目概要への追加お願いします。