日笠淳単語

ヒカサジュン

日笠淳とは、東映所属の映画テレビドラマのシニアプロデューサーテレビ第二営業部長である。

概要

1958年8月8日生まれ。東京大学卒業後、1982年東映に入社。
1984年に、『星雲仮面マシンマン』のプロデューサー補として参加。
1987年、『超人機メタルダー』でプロデューサーに昇格するもヒーロー作品からは離れ、東映不思議コメディシリーズに異動し、『魔法少女ちゅうかなぱいぱい!』でチーフプロデューサーに昇格。以降は、シリーズ最終作の『有言実行三姉妹シュシュトリアン』までプロデューサーを務めた。
1995年の『重甲ビーファイター』にて、久々メタルヒーローシリーズへ復帰。以後は『テツワン探偵ロボタック』 まで、同シリーズチーフプロデューサーを担当する。
 
1999年の『救急戦隊ゴーゴーファイブ』でスーパー戦隊シリーズに初参加。結果的に『爆竜戦隊アバレンジャー』まで、5年連続でスーパー戦隊シリーズに携わる。
2000年の『未来戦隊タイムレンジャー』では、同時期の『仮面ライダークウガ』と共にイケメンヒーローブームを巻き起こした。
2004年、『仮面ライダー剣』のチーフプロデューサーを務めるも以降、仮面ライダーシリーズの担当はしていない。
2006年には、再びスーパー戦隊シリーズへと復帰。シリーズ30作記念の『轟轟戦隊ボウケンジャー』をプロデュースし、2008年の『炎神戦隊ゴーオンジャー』でもプロデューサーを担当。
2010年の『天装戦隊ゴセイジャー』では、若松と供に中盤までプロデュースを担当。2011年にはテレビ第二営業部長へ昇格し、東映キャラクター作品へ全般的に関与した。
2012年、『非公認戦隊アキバレンジャー』、『宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』のプロデューサーを務める。
2013年は『アキバレンジャー痛』、『シージェッター海斗』、『忍風戦隊ハリケンジャー 10 YEARS AFTER』を手掛けるなど、営業部長に昇格した現在でも、スーパーヒーロータイム以外の東映特撮作品をプロデュースする機会は多い。

作風

基本的にストーリーの内容は脚本家監督に任せる傾向があり、日自身はそれらの意見をめる役している為、脚本家の個性によって作品の出来が左右される事が多い。その為、特撮ファンから「日は放任義」などと理不尽なかれ方をする事もあるが、日は他のプロデューサーよりも会議の時間が長く、製作スタッフらと入念にストーリーを練り上げるタイププロデューサーであり決して放任義ではない。

脚本家では會川昇浦沢義雄武上純希宮下隼一小林靖子荒川稔久と言ったアクの強い脚本家と組むことが多く、監督では坂本太郎諸田敏渡辺勝也、竹本昇らと仕事をする機会が多い。

その他

プロデュース作品

プロデューサー補作品

サブプロデューサー作品

チーフプロデューサー作品

関連商品

関連コミュニティ

日笠淳に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%97%A5%E7%AC%A0%E6%B7%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

日笠淳

15 ななしのよっしん
2012/07/22(日) 17:27:42 ID: opvCMwCxCZ
最近のようつべの配信戦隊7月後半~12月後半まで)
ゴーゴーファイブ、ガオレンアバレン、ボウケン・・・
まさに、SHTスーパータイム)!!
16 ななしのよっしん
2012/08/25(土) 16:18:11 ID: yoAKFbVbW6
この人のプロデュース作品って、
主人公側が敵側の攻勢で窮地に陥る
パワーアップして逆転勝利
→更に強い敵、もしくは危機的状況が出現
→再びピンチ
→もっとパワーアップして勝利
って展開を繰り返すことで話を盛り上げてく傾向が強いと思う。
17 ななしのよっしん
2012/12/28(金) 23:48:10 ID: d/ofHG4ks4
アキバレンジャー2やるみたいですね
18 ななしのよっしん
2013/03/04(月) 15:53:18 ID: d/ofHG4ks4
ご当地キャラシージェッターのP担当
19 ななしのよっしん
2013/03/31(日) 01:47:44 ID: BkxRqRB7UL
ハリケンの同会に日さんがいらっしゃるとは……。
20 ななしのよっしん
2014/07/03(木) 07:58:36 ID: +URF3Zj19f
社長就任おめでとうございます
21 ななしのよっしん
2014/09/02(火) 17:27:20 ID: DKonlfckmy
一番個性が作品に出にくいPだから特徴が掴みにくいよね。悪いPじゃないと思うんだけど、基本的に現場のスタッフ任せだから玩具の売れ行きと作品の出来が運次第なんだよなあ。
タイムレンジャーみたいに作品の質は凄いけど玩具の売れ行きは悪いって時もあればガオレンジャーゴーオンジャーみたいに作品の質は程々でも玩具バカ売れって時もあり、一番ふり幅が大きい印
22 ななしのよっしん
2016/07/30(土) 15:00:43 ID: giCx5NwZF7
>>4 の序盤は武部のせいであーなったの︎それで序盤が評価悪かったんだな。

しかし名作にしてくれたのは本当によかった。ゴーゴーファイブアバレン名作にしてくれたことにも感謝してる。
23 ななしのよっしん
2016/10/24(月) 16:24:24 ID: opvCMwCxCZ
>>22
宇宙2005年3月号だか2月号の記事で武部直美ご本人が「もっとを」「もっとライダーバトルを」と今井氏に介入し、グダグダになったと反してるよ。

ちなみに會川昇ムック本にて、『後半の展開について「今までの平成ライダーと違うから」と難色を示したスタッフ(※武部という説もあるが偽不明)がいたが、日Pは理解を示してくれた』とっている。
そのため、後半を立て直した影の功労者と言えなくもないかもね。
24 ななしのよっしん
2018/12/24(月) 11:47:13 ID: dgcWxmsQMi
正統派ヒーローを描くのが得意なのかなと思わせつつ、カブタック&ロボタックでのコメディボウケンジャーでの正統派とは少し違った展開を作っていて脱帽
うPはやらないだろうから残念だけど

急上昇ワード

2019/09/17(火)09時更新