日野・レンジャー単語

ヒノレンジャー
3.3千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

日野・レンジャーとは、日野自動車の販売する中トラックである。決して新しいスーパー戦隊シリーズの名称ではない。

概要

1964年に登場し、それ以来日野屋台を支える中トラックで、世界各地でその姿を見る事が出来る。4トンクラスから所謂増トンと言われる6×2のトラックラインナップするなど、幅広いラインナップが存在する。また、現在日野・デュトロと名乗るトラックはかつてはレンジャーの名称がつかわれており、2トンレンジャー2、3トンレンジャー3と名乗った。

最新モデル

2017年モデルチェンジ

先代モデル(通称「レンジャープロ」)のイメージを踏襲しながらも、精悍かつ時流に合わせたデザインとなった。

今回の大きな特徴はエンジンの統一である。それまで大きさによって6気筒8000ccのJ08エンジン、5気筒の6400ccのJ07、4気筒5300ccのJ05と使い分けていたが、最新設計の4気筒5100ccのA05Cに統一、ターボの種類や尿素の有によって出が190ps~260psが設定されている。これに合わせて、従来のMTに加えて、セミオートマの「PRO SHIFT」を採用。

また大プロフィアと内装の一部や火類などを共有しており、ウィンカー音も非常に独特なものとなっている。

海外仕様

海外では500シリーズ名乗り、かつては形式名(FCなど)に加えて「Econo Diesel」と名乗った。北ではボンネットを取り付けた上で600シリーズと名乗っている。

また、プロフィアを導入していない地域にはプロフィア相当に大化されたシャーシやエンジンがあり、中には8×4の30トンP11エンジン(かつて存在した大路線バスブルーリボンシティに搭載されたエンジン)搭載モデル天然ガスも存在する。

天然ガス車

日本では2005年頃に導入されるも、ほとんど実績のない天然ガスであるがタイなど天然ガスが非常に安い地域では天然ガス流になっている。日本のようにタンクをボディのに収納するケースもあるが、後2軸やトラクタの場合はそうもいかないので、あろうことかキャブの後ろに搭載する格好を取っている。

1200リットルと言う非常に大量のガスボンベが異様な姿であるが、ここにしか置き場所がないのでレトロフィット改造されたものも同じような格好となっている。

600シリーズ

北米仕様に相当するモデルであり、大きな特徴はボンネットが設置されている事である。 >かねてより日野自動車レンジャーを北へ輸出しており、日野・(形式名)が名となっていたが、2003年モデルチェンジの際に現在の形となった。北では安全性や操縦性から、ボンネットトラックが未だに流である。 レンジャーのキャブにボンネットを取り付けたモデルであり、足回りはJIS規格のものから社外品のISO規格のホイールハブなど大きく変化をしているが、内装を始めとしたその作りはレンジャーの物が採用されている。面い事にちょちょいと変えるだけでアメリカンな雰囲気になる。日本でその姿をでおにかかる事はいが、日野オートプラザで展示されている。

日本国内で見られる特殊なレンジャー

現在に至るまで、多種多様のモデルが造られたので色々なモデルなどが存在した。

デーキャブレンジャー

1984年から1995年頃まで製造されたモデルでキャブを通常より縮小したタイプでキャブの大きさは2トン並みのながら、足回りはレンジャーと言うモデルである。「デー」の名の通り、1日の中で使用される用途、つまり短距離などに特化したモデルであり、ベッドがない分荷台にその部分を当てたモデルである。

3.5トンのなかった日野にとっては3トンと4トンを埋めるモデルとなり、またこのクラスダイハツデルタOEMで賄ってきた日野としては独自のモデルと言う事でその当時としては非常にシンプルデザインを採用、タフさと取り回しの良さと経済性の一石三モデルであった。

トラクタ仕様

トラクタは現行を含めて、カタログモデルとして採用された例がなく、時たまで見られるレンジャートラクタヘッド教習車は全て改造である。メーカーの系列の特装担当の工場へ持って行き、シャーシを切りつめたり、トラクタ用の装備が施された後に納車となる。

概ね中一種の種と同じなので、所謂ベースは増トンが多い。また、引っる物の大きさゆえかかつてのモデルにはキャブの上に大でおなじみの速度表示が装備されていた。

レンタカー仕様

現行に設定されており、通常はバンパーに設置が仕様であるヘッドランプをボディパネルに移設してあるモデルである。元々、ハードな使用が見込まれ、破損が相次ぐであろうダンカー、それもレンタカー用途に特別に設けてあるモデルであり、となっている。ヒラのあだ名があるとかないとか。モデル末期においては丸となった。

となった際もこの非バンパーライト仕様は踏襲されたが、ヘッドランプはデュトロのものが採用となった。

モータースポーツ

レンジャーと言えばパリダカと言うぐらいにモータースポーツとは切っても切り離せないものとなっている。

元々、日野自動車の50周年企画として提案されたものであり、初参戦は1991年である。以来24年にわたって参戦をしている。使用されるレンジャー消防車用の4輪駆動フレームである「FT」を使用、部品もそれに準じたものを使用している。エンジンは8000ccのJ08Cを使用、チューンを施して485程度に引き上げている。なお、今年は1号はもう一回り大きい8800ccのA09Cエンジンを搭載して、600を発揮する。このエンジンは大プロフィアのローエンドのエンジンである。

ラリーに耐えうるような改造こそされてはいるが、使用される部品はにも使用されているものが多く、特にキャビン周りは厳しく制限をされているので、パネル周りに使用される部品はと何ら変わりはない

参考までにこのクラスで使用される10000cc越えが多く、中には排気量20000ccに迫るものが多く、その出1000に迫るものも多く、レンジャーはそれらのライバルべてもかなりコンパクトエンジンであるが、それを差し引いても軽量な体に取り回しの良さに物を言わせ、柔よく剛を制すがごとく格上のライバルを脅かすシーンが多い。実際、1997年にはカミオン部門で1-2-3フィニッシュをするなど、その性はお付きである。そのコンパクト体に見合わない高性から「リトルモンスター」のあだ名がある。なお、このレンジャーにはこいのぼりがついており、小さいながらも特徴の一つとなっている。

その「リトルモンスター」を操るのは菅原義正・照仁である。・義正は日本モータースポーツ明期よりレーサーとして活躍する重鎮であり、かねてよりパリダカに参戦していたが、1992年より日野・レンジャーのドライバーとして参戦、以来現在に至るまで継続して参戦、その記録ギネスブックに載るほどまでになっている。さらに2005年より彼の息子である菅原照仁が参戦、2台体勢でとして参戦している。

日野自動車は全の販売店の中でも折りのメカニックを選り抜いており、実質ワークスとして菅原子、そして日野・レンジャーをサポートしている。

余談だが、部品などの搬入やキャンプの設営などでチームサポートするのに使用されるサポートトラックも当然日野であるが、大プロフィアが使用されている。昨年からより頑強で世界各地のなきを走り抜けるZSという日本には投入されていないモデル代替となっている。それに伴い、プロフィアの名義ではなく、プロフィアの海外名称である700として陰に日向に支えている。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%97%A5%E9%87%8E%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

日野・レンジャー

1 ななしのよっしん
2016/07/16(土) 22:31:12 ID: 4l5A3buZlN
パリダカ仕様エンジンピストン誤差5g以内と販の1/10の誤差精度で組まれていて
コンロッドも同様、が故障の大要因になるのでクリーンルームで組まれている。
意外な事にエンジンオイルは10w-30の販用オイルが使われており
交換もレース中に一回だけである。
ギアオイルやデフオイルの方が熱ダメージが大きくレース中に3~4回交換されている。
オイルクーラーの設置案も出たけれど改造になるのでレギレーション
引っかかる恐れがあるのとレース中に底に引っ掛けてオイルクーラー壊す
リスクが新たに出来てしまうので見送られている。
2 ななしのよっしん
2017/01/15(日) 11:23:56 ID: oIYS/GIX10


A09C投入に合わせてヨシムラ製のエキゾーストマホールド採用されてますな。
インドウ上方に装着されてるエアディフレクターも一見純正OPっぽいですがムーンクラフトデザインのものが採用されてます。