日韓単語

ニッカン
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

日韓

日韓とは、日本大韓民国韓国)のことである。

日本韓国の両が関係する事す時、また二間で結ばれた条約等をすときに用いられる。韓国側では韓日(한일)と称する。

ex. 日韓基本条約 日韓共同宣言 

なお、今日では「韓国」というと1948年に成立した朝鮮半島南部を統治する大韓民国のことをすが、歴史関係で「日韓」という用が用いられる場合は、1897年から1910年にかけて李氏朝鮮が称していた号の大韓帝国ケースも存在する。
ex. 日韓協約 日韓併合 

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

日韓

41 ななしのよっしん
2019/10/01(火) 23:32:41 ID: XZqsvazgkU
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190919-01605006-sspa-sociexit
韓国観光社によれば、韓国を訪れた日本人5月6月にかけて前年同より1.3減、6~7月にかけては2.7とそれぞれ減少している。
とはいえ、もともと日本人旅行先として韓国人気で、JTB総研の調べでは2018年的地別日本人海外旅行者数は、韓国1位。今年減ったとしてもかなりの人数が韓国旅行していると思われる
42 ななしのよっしん
2019/10/26(土) 16:05:06 ID: XZqsvazgkU
https://www.yomiuri.co.jp/world/20191026-OYT1T50093/exit
ソウル内にある高校教師が校内のマラソン大会で、生徒に「日本は謝罪せよ」などと書いたポスターを掲げて参加させるなど「反日」を強要しているとして、反発した生徒2人が記者会見する事態が起きた。教師らが加入する韓国の全教職員労働組合(全教組)は文在寅ムンジェイン政権の支持団体で、韓国は「偏向政治教育」(中央日報)などと批判的に伝えている。
韓国メディア報道によると、ソウル南部の仁インホン高校では、今17日に開催したマラソン大会の前に、教師日本製品の不買運動などを掲げるポスター制作生徒示した。大会当日には、「安倍自民党は滅亡する」などと叫ぶよう強要した。反発した生徒たちがフェイスブック上で「学生たちは政治おもちゃではない」として実態を暴露し、23日には正門前で記者会見を開いた。
高ではこのほか、教員が文政権を批判した生徒を職員室に呼び出したり、チョグク前法相の疑惑を「事実」とした生徒を「」と呼ぶなどしていたという。
43 ななしのよっしん
2019/11/17(日) 23:14:01 ID: XZqsvazgkU
>>so35965719exit_nicovideo

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%8D%E6%97%A5%E7%A8%AE%E6%97%8F%E4%B8%BB%E7%BE%A9exit
反日種族義(はんにちしゅぞくしゅぎ。반일 종족주의)』は大韓民国の落経済研究年、容三、朱益鐘、鄭安基、が著述した書籍である。
2019年7月10日未来社から出版され、副題は「大韓民国危機の根(대한민국 위기의 근원)」。内容は「日帝下徴用等強制動員・日本軍慰安婦被害者独島領有権」となっており、日本朝鮮統治時代に対する韓国人の通念をっ向から否定しているが、韓国ベストセラーとなっている
2019年10月10日発売の『文藝春秋2019年11月号において日本語翻訳版が『反日種族日韓危機の根』の題名で2019年11月14日に発売することが発表された
44 ななしのよっしん
2019/12/21(土) 08:40:12 ID: XZqsvazgkU
>>so36085230exit_nicovideo
45 ななしのよっしん
2019/12/24(火) 14:29:31 ID: XZqsvazgkU
安倍晋三首相は24日、中国成都中国強(リーコーチアン首相韓国文在寅ムンジェイン大統領日中会談を行った。日中北朝鮮情勢といった地域・際情勢について議論する。
会談に先立ち、3カ経済界が集う「日中ビジネスサミット」も開かれた。安倍首相成都が三時代の(しょく)の都だったことにふれ、「この場にいる3カの首は三時代の(ぎ)、(ご)、ではないので、相争う者同士ではない」と説明。「3カビジネスリーダーの皆さまと共に、々3カが共に協し、社会と共に発展する『新しい三時代』を築きたい」と呼びかけた。
会談の冒頭、首相が「々は(敵対した)三国志の3カではない。相通じるところがたくさんある」と述べ、日中の連携の必要性を強調した
46 ななしのよっしん
2020/02/26(水) 07:20:45 ID: XZqsvazgkU
【ジュネーブ共同】尾身朝子外務政務官は25日、国連人権理事会で演説し、韓国の康和外相が前日の演説旧日本軍の元従軍慰安婦問題に言及したことに「2015年日韓合意など、長きにわたって慰安婦問題摯に対応してきている」と反論した。また「日韓合意に基づく事業は、多くの元慰安婦から評価されている」とした。
康氏は24日の人権理での演説で、3年連続で慰安婦問題に言及。演説では日本を名しした批判は避けたが、終了後に共同通信に対し「詰まるところ、慰安婦の皆さんは心からの謝罪を必要としている」と述べた
47 ななしのよっしん
2020/09/22(火) 01:40:57 ID: XZqsvazgkU
菅義偉首相が、文在寅ムンジェイン大統領から送られた首相就任を祝う書簡に返信し、「両困難な問題をし、未来志向の関係を期待する」と伝えた。韓国大統領府の報道官が21日、明らかにした。
韓国大統領府によると、返信は19日に届いた。氏は文氏による祝賀の書簡に感謝したうえで、「両は重要な隣である」と強調したという。
文氏は、氏が首相に選出された16日に首相就任を祝う書簡を送り「韓日関係をさらに発展させるため一緒に努したい」と伝えた。韓国大統領府の報道官は同日、「文大統領は基本的価値と戦略的利益を共有するだけでなく、地理的にも文化的にも最も近い友人である日本政府と、いつでも向き合って対話する準備ができている」と明らかにしていた
48 ななしのよっしん
2020/10/06(火) 23:13:57 ID: XZqsvazgkU
東京 6日 ロイター] - 日本外務省は6日、ビジネス的とした韓国との往来を8日から再開すると発表した。出張など短期滞在者、駐在など長期滞在者の両方が対となる。
日本が往来の再開で合意したのはシンガポールベトナム台湾など10カ・地域となる。新型コロナウイルス世界的な感染拡大を受け、人の往来を制限している。
茂木敏充外相は6日の定例会見で「まずは経済交流が回復に乗ることが重要」だと発言。その上で、第2次世界大戦中の徴用工問題などで冷え込んだままの日韓関係について、「外相間、外交ルートで意思疎通をしっかり続けていきたい」とった。
49 ななしのよっしん
2022/03/21(月) 11:49:47 ID: XZqsvazgkU
文政権下では、「不可逆的解決」を謳った2015年日韓合意慰安婦合意)が、事実上破棄されてしまった。

 太平洋戦争の遺族団体の事務局長を務めてきた崔容相氏(現「行こう!平和人権党」代表)がる。

慰安婦問題は、朴槿恵政権で合意した韓日慰安婦合意に立ち返って、もう終結させなければなりません。文政権のような左のやり方では韓日関係を解決することは難しいと認識しなければならないのです」

 文政権下では元慰安婦支援団体である「正義記憶連帯」(正義連、旧挺対協)等の、いわゆる反日団体が存在感を強めていった。「正義記憶連帯」等は慰安婦問題利権化し、日韓歴史問題を〝解決しないこと〟を的として反日世論を扇動してきた。

 そこで焦点となるのが、新政権が反日団体とどう対峙していくかである。

「尹氏は大統領選のなかで、慰安婦問題管省庁であり、正義連などに支援を交付し運動を支えてきた女性家族部の止を約としてきました。また正義連の元代表の尹美香議員は、詐欺横領などの裁判が続いています。新大統領約が実行され、さらに尹美香氏に厳しい審判が下されることになれば正義連のは確実に低下していくはずです」(現地記者

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
50 ななしのよっしん
2022/08/19(金) 08:38:12 ID: HC9zwdkYWH
韓国軍が艦艇に低で接近する日本自衛隊機に対し、レーダー照射などの強硬な対応をとる針を作成していたことがわかった。作成は2018年末に海自哨戒機韓国軍駆逐艦レーダーを照射したとされる問題が起きた約2カ後だった。
韓国国会保守系与党議員で元韓国軍合同参謀本部次長の申湜(シンウォンシク)氏が18日、朝日新聞の取材に対し、韓国防省から「事実関係の報告を受けた」と明らかにした
申氏によると、針は2019年2月につくられた。「日(本)哨戒機対応針」として、上で接近してきた自衛隊機に対し、通信などによる2回の警告に応じずに近距離飛行を保った場合は、標的との距離や高度などを測る「追跡レーダー」(火器管制レーダー)を照射して対抗するよう規定したという。
自衛隊機だけが対で、ロシア機や中国機に対を限定した針はないという。実際に照射するかどうかの判断は現場指揮官に委ねる内容

一方、韓国防省の副報道官は18日の記者会見針の存在について問われ、「(報道機関には)内部的な針、軍の作戦と関連した針を説明することはしない
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)