旧正月単語

キュウショウガツ

旧正月とは、旧正月のことである。

概要

簡単な歴史

江戸時代までの日本では、としてに太陰太陽が使用されて来た。この太陰太陽とは、体)の動きを基本とし、それに太陽の動きにも合うよう修正を加えて作られるで、上の春夏秋冬人間の感じる季節感に近く、農業を行うにも何かと都合が良いという利点を持っていた。[1]
しかし一方では、(期間)の長さ、一年の日数が毎年違う、常に体を観測しながら修正を加えなければ今年が何日になるのかさえ決められないなどの欠点も有り、近代社会においては不安定性の高いと見做されるのが常だった。

そのため、江戸時代の諸制度を、西洋を模したものにめたいと考えていた時の明治政府は、「明治5年12月3日」をイコール明治6年(1873年)1月1日」にすることと決定。これ以後の正月は、太陽の一種であるグレゴリオにより決められる事と定された。

この定からのち、それまで日本で使用されて来たは「旧」と呼ばれるようになり、旧による正月はいつしか「旧正月」と呼ばれ、区別される事となった。

とは言え当然ながら、ある日突然に下された政府からの命一つで、全ての日本人の考え方、習慣までもがたちまち切り換えられてしまう訳もかった。
グレゴリオが採用されて70年以上を経た昭和戦後の時代になっても、まだ多くの日本人が旧正月を祝うことに拘っていた様子を、当時の創作作品(例えば[サザエさん]など)や様々な記録の中に見ることが出来る。

その後の日本は、脱亜入欧論を土台とした造りの実績に加え、戦後に占領として政府の上に君臨したアメリカの強い影にさらされることとなった。政治経済、安全保障から教育、文化、食習慣に至るまで、なんでもアメリカアメリカと手本とせずにはいられないそんな潮流の中、欧とつながりを持たない旧正月の習慣は、次第に日本人裏からも失われた存在となっていった。

そして忘却の流れは変わることなく、そのまま現在に至っている。

現代の旧正月

現在日本では旧そのものがほとんど使われておらず、旧正月もまた、ほとんどの人々から意識されることく過ごされている。しかしそんな現代の日本においても、旧正月が重要な意味をもってられる場所が存在している。

それは神社である。
これはもともと神社の祭日(縁日)が旧によって規定されていたこと、元日が古い神道においては特別な日と見做されていたなどのためで、たとえ現代であろうと正しく古式を受け継ごうとするなら、もともとの元日である旧正月がいつなのか? どうしても知る必要が出て来るからである。
特に神武天皇る社については、天皇の即位日が当時の正月、つまり現在の旧正月の一日だったとされているため、本来は視することが出来ないのである。

これは神社に限らず、一部の閣においても同様であり、また古くから神社閣とのつながりが強かった日本各地の祭りについても、同様に旧正月を重視する傾向が強く見られる。

もちろん現代では、神社などにおいても普通グレゴリオが使われ、それに沿って祭日が決められる場合が多い。そのため旧、旧正月の持つ意味合いは、以前とべると非常に軽くなって来ていると言われる。しかし特に由緒のある一部の宗教施設、祭りなどにおいては、21世紀現在においても未だ古式を尊び、旧そして旧正月にできるだけ沿う形で催しなどを行う例もみられる。

またこれらとは別に、保守主義を標榜する人々、特に民族義的な考えを持つ人々の中には、ヨーロッパキリスト教により制定されたグレゴリオ歴より、日本製のに基づく旧正月の方に、より心情的な支持を寄せることもあるとされる。

ちなみに平成三十年の旧正月一日は、グレゴリオ2月16日である。

海外の旧正月

年度によっても異なるが、新正月較すると、最短でも20日、最長50日ほど遅れて始まる場合が多い。

既にれてしまった日本とは違い、中国では一般的に「春節」と呼ばれ、中国内、およびその周辺の国家・地域(香港マカオ台湾韓国ベトナム)において現在も盛大に祝われている。グレゴリオ(「新」などとも呼ばれる)の正月よりも重要な祝祭日と見做され、複数のにおいて休日にも定されているほどである。
日本国内においても春節の時期になると、中華街などでは盛大なイベントの開かれるのが常である。

またヨーロッパ、特にスラブ圏の々では、かつてグレゴリオではなく、ユリウスという別の太陽が使われていた。その関係から、一部の宗教施設などでは、ユリウスに準じた正月現在も引き続き行っている。それについても、やはり旧正月と呼ばれる場合がある。

関連動画

現代ではほぼれたと言ってよい祭日であるため、「旧正月」がかつて日本における最も重要な日の一つであったことを知る人はかなり少なくなっている。ここニコニコ動画においても、日本における旧正月に触れた動画静画はほとんど見かける事がい。

関連静画

関連項目

脚注

  1. *太陰太陽太陽と月の動きだけを元にを作ると、上の季節と体感上の季節がズレてしまいます。そのため太陰太陽の場合は、体感に合うようにこのズレを修正するルールが決められており、修正を終えて始めてその年の分が完成したとされていました。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%97%A7%E6%AD%A3%E6%9C%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

旧正月

1 ななしのよっしん
2017/02/09(木) 06:28:27 ID: ZlUhTqsXQ0
10さん差戻しありがとうございました
リダイレクトするならここで議論を経てからしてくださいね
2 ななしのよっしん
2018/03/03(土) 17:09:47 ID: fWEw9kIFWc
「体感上の季節」について…
=暑い、=寒い、間にあるのが」というのは気象庁学校マスコミ戦後に広めた西洋の季節感で、旧に倣うなら
=明るくなる、=明るい、=暗くなる、=暗い」といった季節感になるので、明るくなるの始まり、即ち旧正月が一番おめでたいわけだ
こうした季節感の混乱は旧=グレゴリオ8月あたりに「真夏日」という較的新しい造を使うことが大きな原因と思われる
そのくせグレゴリオ1月を「新」「迎」と呼ぶ習慣も定着してしまいまた混乱が生じる

それから「小正月」は字面の弱々しさからか軽視されがちだが本来は元日よりイベントが多い(田植え踊りなど)
2018年の旧小正月3月2日昨日でした
3 ななしのよっしん
2018/12/12(水) 16:08:58 ID: iJcVd30N+g
元号にやたらこだわる日本保守はなんで旧正月を一切祝わないんだろう
4 ななしのよっしん
2019/01/31(木) 22:07:05 ID: 43uqpy+HHJ
旧正月、流行れ(他力本願
旧正月を食べればいいのかな?
5 ななしのよっしん
2019/02/04(月) 17:18:24 ID: OSbg06Z7KG
実態として春節として中国のものになってるからじゃねえの
セールやってくれるのでいい文明