明石(工作艦)単語

アカシ

明石(あかし)とは、大日本帝国海軍(以下、帝国海軍)の建造した工作艦である。

なお、帝国海軍において「明石」の艦名を持つ艦としては二代にあたる(初代は明治時代に建造された須磨防護巡洋艦の二番艦「明石」)。また、海上自衛隊においても海洋観測艦「あかし」が存在した。

概要

建造前史

工作艦とは、艦内に工場設備を持ち軍艦修理・整備を行う軍艦である。帝国海軍においても日清戦争で徴用船舶に工作機械を載せ損傷艦の修理にあたらせたり、日露戦争での鹵獲艦を装した工作艦「関東」がその任に就いていたが、第一次世界大戦後、八八艦隊計画の中で新造工作艦の建艦計画が持ち上がった。この背景には、第一次大戦後日本領となった南洋諸島の存在があった。新たに日本領となったこの地域には、要な軍港、艦船補修施設がなかったからだ(論、当時第一仮想敵であったアメリカとの戦争勃発も視野に入っていた)。

しかし、もともとの上から完成微妙だった八八艦隊計画は最終的にワシントン軍縮条約により頓挫、新造工作艦も建造中止となってしまった。従って、「関東」が帝国海軍に在籍する一の工作艦となってしまったが、「関東」も大正13年(1924年)に日本海事故により沈没してしまい、とうとう帝国海軍には工作艦が一隻も存在しなくなってしまった。当然ながら、代艦の建造をめる軍部内から上がったが、折からの不況もあり予算の都合がつかず、結局帝国海軍には工作艦不在の時代がしばらく続くこととなった。

ところで、この「関東」の代艦が建造されなかった事を「帝国海軍の補助艦艇へ対する軽視の現れ」と見るかは微妙な所だ。「休日(ネーバルホリデー)」と呼ばれた当時、 軍工や造船所の船渠・船台は融通がききやすく、艦船の補修も較的スムーズであったから、多額の予算をかけ工作艦を建造すべきであったかは微妙な所である。また、「関東」以前においても工作艦は常置されていた艦種でもなく、他においても戦時に徴用した船舶に工作機械を積み、工作艦に仕立てる事が多いことからも、工作艦の建造を見送ったのは仕方がない事だったと言えるのではないだろうか。

こうして、一度は頓挫した工作艦の建造計画だが1930年代に入ると再び建造計画が持ち上がった。

建造

1930年代に入ると、ロンドン軍縮条約が締結され艦の建造禁止期間が延長されるとともに、補助艦艇の建造にも制限が加えられた。当然、帝国海軍においてもロンドン軍縮体制下の中で軍備が進められていったが、この時、再び工作艦の建造が持ち上がったのである。これは論、時おいては軍工の補助として艦船修理に携わり、戦時おいては前線拠点で破損艦艇の修理を行う、「動く軍工」としての役割をめられてのことであったが、この時点でポスト軍縮条約、ひいては対戦争をどれほど想定していたかはよく分からない。時期的に軍縮条約の延長後とはいえ、数年後には期限が切れるため(延長もあり得たが)、対戦争時の備えとして、いは日常の艦船補修を工作艦に任せ、浮いた軍工や造船所のを新造艦の建造に向けさせる為、なども考えられるがよく分かっていない。いずれにせよ、昭和9年度(1934年度)からの第二次補充計画(通称②計画)において排水量10000t、予算10000円で建造された工作艦が「明石」である。

こうして建造されることとなった明石だが、その建造にはいささか苦労が伴った。なぜなら、前述の通り帝国海軍にとって工作艦を新造することは初めてであったからだ。 このため、建艦担当者は動く軍工としての性を第一に(当然、船舶としての性は二の次で)工夫を凝らすこととなった。例えば、適切な艦内工場のレイアウトを行うため、佐世保軍工内に実物大の艦内模型工作機械模型を作ったりしている事はその一例だろう。論、米国工作艦の情報収集も怠らなかった。最終的に昭和12年(1937年)に起工された明石昭和14年1939年)に工した。

完成した明石の諸元は下表の通りであるが、その機は動く軍工としての機底的に追求したものであった。まず、船とされたがこれは艦内容積を広くとるためで、実際ほぼ同大のアメリカ工作艦「メデューサ」よりも明石が1割程度艦内工場の面積が広かったとされる。また、工場の核である工作機械内の軍工ですらしかったドイツ製の最新工作機械が大量に導入され、100台以上の工作機械が艦内に設置されていた他、機関の排煙用の煙突とは別にもう一本、艦内工場の排煙用煙突を設けるなど工場として工夫が随所に凝らされていた。さらに特筆すべきは高い発電明石では合計出4800kWを誇ったが、これは同時期の戦艦金剛1300kW、重巡高雄1225KW、駆逐艦400kWに満たない程度であることを考えると破格のであり、後の戦艦大和と同等であった。

燃料と資材の補給しで3ヶの単独活動を可とし、連合艦隊の年間修理35万工数のうち40明石1隻で担っていた。最新技術の結晶たる明石工作は一部、内地の工より高かったとされている。

これら、動く軍工としての高いを持って生まれた明石はまさしく帝国海軍の為に活躍する事を義務付けられた艦艇であった。 

活躍と喪失

明石昭和14年1939年工したが、周囲の情勢は明石の建造が計画されていた時から大きく変化していた。まず、軍縮条約が失効し建艦競争が再開していたこと。支那事変が勃発し艦船修理量も増大していたこと。そして対関係が急に冷え込んでいたことなどである。実際に戦闘が行われていた支那方面の艦船補修にはかつて日露戦争にも参加し、日本海戦で活躍した戦艦朝日」が工作艦へと種別を変え現地で補修にあたっていたが、艦船補修量は増大するばかりで明石の就役は帝国海軍にとって僥倖に等しかった。

就役した明石速艦船補修の任に就き、インドシナ進駐などにも従ったが、何と言ってもその価が発揮されたのは太平洋戦争勃発後であった。開戦後明石はすぐさま南方へ進出し艦船修理にあたった。パラオフィリピンなどいくつかの泊地を転々とした後、昭和17年(1942年)8月明石トラックへ進出、以後、同地において艦艇の修理にあたった。トラックでの活躍は帝国海軍の期待以上のもので、日修理に奔走し空母「大」や軽巡阿賀野」などの修理も行っている。特に阿賀野などは襲と潜水艦により艦尾を吹き飛ばされ4本の推進軸のうち2本を喪失、撃により煙突と艦の間に大破孔を生じ、ボイラー室も浸、その他損傷多数で艦の放棄もやむなしの状況であったが、明石の応急修理により14ktで自走できるほどまで回復させた事は、まさしく動く軍工の面躍如といったところである(さすがに全復旧は入渠修理を要するので阿賀野は内地へ回航された。もっとも、その回航中潜により結局撃沈されたのだが・・・)。
最新の工作機械を駆使し、損傷した艦艇の修理を行う明石は当然米軍から警され、最重要攻撃標として開戦劈頭から首を狙っていたという。

このように、八面六臂の活躍を見せた明石であったが、戦局は悪化の一途をたどった。ミッドウェー、ガダルカナル敗北を重ねた帝国軍は、次第に劣勢に立たされ、昭和19年1944年)にはその圧倒的な戦差は覆しがたいものとなっていた。連合軍は伝いに日本への反撃を行っていたが、ついに昭和19年2月トラックへ大襲をかけた。この襲でもともと戦闘艦ではない明石はなすすべもなく大破し、パラオへと退避した。しかし、パラオへも翌3月襲があり、ついに大破・着底し、ここにその短い艦歴を閉じるとともに、帝国海軍南方における艦船修理を喪失してしまった。 

なお、同艦はないが太平洋戦争中2隻建造が計画されたが(予定艦名は「三原」「取」)いずれも建造は中止されている。

艦歴

1937年1月18日、佐世保工で起工。
1938年6月29日、進呉鎮守府所属となる。佐世保で執り行われた進水式では古歌に曲をつけて演奏された。
1939年7月31日工。初代艦長として良造大佐が着任。
同年11月15日連合艦隊に編入。
 
1940年10月11日横浜で挙行された紀元2600年特別観艦式に参列後、明石に表敬訪問する。
1941年2月7日、特設艦硯山丸に横付けし、揚錨機を修理する。
同年7月12日重巡足柄等とともにインドシナ進駐に参加。
同年12月1日、開戦に備えてを出港。パラオに向かう途中で大東亜戦争開戦を迎える。

1942年1月2日4月23日パラオダバオ、スターリング湾、アンボンに寄港し損傷艦の修理に従事する。
同年5月20日に帰投し24日まで整備を受ける。
同年6月5日攻略部隊の一員としてミッドウェー海戦に参加。戦後、損傷した重巡最上トラック修理
同年8月23日トラックに進出し、損傷した艦艇の修理に従事。三桁に及ぶ数の艦船を修理した。

19431月21日、特設水上機母艦山陽丸から短8センチ2門と九六式25ミリ2基を取り外し、軽巡洋艦川内に搭載する工事を行う。
同年9月2日、特設電線敷設船王丸の修理を行う。
   
1944年2月17日機動部隊によるトラック襲に巻き込まれ、不発弾1発を受けて損傷。
同年2月20日駆逐艦波に護衛されてトラックを脱出。24日にパラオへ入港した。
同年3月11日、特設運送船北上丸から生糧品の補給を受ける。14日には第102号哨戒艇の被弾箇所を調
 
1944年3月30日機動部隊によるパラオ襲が発生。襲の2日前に予告のビラが撒かれていたため、狙われないよう明石修理を待っていた艦船は影に隠れた。明石もまた魚雷攻撃を防ぐため浅瀬に退避したが、西付近で航空魚雷を喰らい沈没。5月10日、除籍。

1954年藤田サルベージが船体を浮揚し、解体。

諸元

基準排水量 10500t
全長 154.66m
全幅 20.5m
6.29m
機関

三菱横浜式(MANディーゼル機関2基・2軸
10,000hp

燃料搭載量 重油1493t
19.2kt
航続距離 8000nm/14kt
乗員 779名(うち工作443名)
兵装 八九式12.7cm連装高 2基
九六式25mm連装機 2基

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%98%8E%E7%9F%B3%28%E5%B7%A5%E4%BD%9C%E8%89%A6%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

明石(工作艦)

17 ななしのよっしん
2014/04/30(水) 19:11:15 ID: Xoyo722Nku
今どき現場で修理できる装備品なんて
基本的にメーカー送りにするしかない
工作艦なんて軍艦メカニズムの塊だった時代の産物で
艦艇がエレクトロニクスの塊となった現代では用のものだ
18 ななしのよっしん
2014/05/06(火) 21:58:10 ID: wjHtTxWnw6
予算10000円って何かの間違いだよな。間違いだよなw結局いくらかかったんだ?ww
19 ななしのよっしん
2014/05/06(火) 22:03:32 ID: Q6hgfCXabB
>>18
ヒント:時代、貨幣価値
20 ななしのよっしん
2014/05/06(火) 22:27:33 ID: RvNm58qhJ1
>>18
1両=1円からスタートしたからなあ
流石に1両小判の価値が現在1円じゃないことはわかるっしょ?
21 ななしのよっしん
2014/05/06(火) 22:36:07 ID: Lw8ewUevlL
1万円を当時のお金に変えると600万ぐらいで、
当時駆逐艦1杯が900万ぐらいなんで、
ひん曲がった解釈をして納得してみれば?
22 ななしのよっしん
2014/08/18(月) 12:20:09 ID: +WOiBDWKoQ
工作艦「明石」内の工場設備

第1・第2機械工場 :工作機械を使って金属等を削って加工
第1・第2組立工場 :組立機械を使って組み立て?
鍛冶工場   :金属片などの材料を溶かしてから固めて加工し易い材料に成
第1・第2・第3鋳造工場:溶かした金属に流し込み、部品を作成
鍛冶工場     :金属を熱した後にハンマー等でいて部品を作成
焼入工場     :等の金属に熱を加えて表面硬度を上げる
工場      :電気部品用の材料を製造?
溶接工場     :金属金属ガス電気で溶かして接着(溶着)
木具工場     :木造部品の加工、作成
兵器工場     :弾薬等の兵器類の製造?
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
23 ななしのよっしん
2017/12/21(木) 22:15:13 ID: FWN3y4LpQA
空母内で3Dプリンタ使って簡単なパーツ作る計画あったが、現代の現場でできることの限界はその程度だろな
24 ななしのよっしん
2018/03/30(金) 17:15:59 ID: xoP1pEMJjN
三原」と「取」は何処が由来なんだろ
後者三重県答志が出てくるけど前者は見当もつかん
命名法則どうなってるの・・・
25 ななしのよっしん
2018/03/30(金) 17:24:23 ID: QfLjxyw6gA
たぶん三原瀬戸
26 ななしのよっしん
2018/04/05(木) 00:45:51 ID: xoP1pEMJjN
>>25
うおお、思った以上にい返答ありがとう
特務艦艇の命名法則に乗っ取ってるとはいえ
瀬戸バラバラなのか、他のも似たようなのがあったりすんのかな

急上昇ワード