明神リューズ単語

ミョウジンリューズ

明神リューズとは、アニメカードファイト!! ヴァンガードG」に登場する人物である。
担当声優池田秀一(成人状態)と石井(現:天野)(幼年期状態)の二名。

概要

ヴァンガード普及協会名誉会長。その名はG1期の時点で言及されていたが、実際の登場はG2期「ギアースクライシス編」から。
かつて新導ライブと何らかの関係があり、彼の「死」に関わっていたと推測されている。
リューズライブに裏切られたそうだが・・・。

何らかの的で、ギアクロニクルユニット惑星レイから地球次元えて召喚している。
そのために世間から身を隠し、GIAS(ギアース)ならびファイカのシステムを以てストライドフォースを収集、それを幾多の転送装置経由で召喚に使用している。
しかしユニット召喚の負荷を一身に背負っており、その身は既にボロボロになっていた。

彼の元には賛同者の組織「カンパニー」が形成されている。
かつてチーム・ディマイズにも所属していた東雲ショウマヴァンガード普及協会ダークゾーン部長の江西サトルらも所属していた。

ストライドゲート編第1話

伊吹の策で拠点の位置を突き止められ、最後のユニット召喚阻止とともに突入作戦を決行される。
それに敬意を表し、伊吹クロノ二人の前にその姿を現し、己の的をる。
理性と秩序によって動く「全なる世界」、その実現のために必要なのがギアクロニクルの「十二支刻獣」召喚。
それらを阻止するために取った装甲車と私兵による突撃に、リューズはひどく失望していた。

しかし、ディペンカードは別の場所に転送され、伊吹らの的は失敗。
残るリューズは既に体が限界尽きた後、装置に事前に仕掛けられでもしていたのか、突然の発火に身を委ね散って逝った。

これが新章第1話である。

リューズが最期に残した英語は、聖書の箴言と思われるもの。
「正しい者は七たび倒れても、また起き上がる。」
そして、クロノは騒動が終わった後、この言葉を再び放つ子供と出会うことになるが・・・。

転生

その子供こそ、身体をクローン体に移し替え転生を果たした明神リューズそのものだった。
この体での担当声優2004年まれの本物の子役石井
彼女は様々なドラマCMに出演しており、アニメも「不思議なソメラちゃん」などに出演しているが、今回初めてアニメメインキャラを演じることになる(後に正式に声優部に移籍し、芸名も天野に変更となった)。

舌足らずなことを除けば、その振る舞いは明神リューズそのものであり、そのまま自らをリューズと名乗っている。
自身が召喚した「ギアクロニクル」を使用、クロノと違い自身が呼んだディペンド・カードであるクロノファングタイガーCV黒田崇矢)を切り札としていることから、リューズ本人であることは決定的だと思われる。
その事実の前にクロノが心を乱したこともあり、リューズは容赦なくクロノから勝利をもぎ取り、彼にあることを告げるとともに、自らと共に来るように勧誘する・・・。

カンパニーの中心人物でありながら、ユニット召喚に関わる「特異点」と見定めたクロノを誘うために積極的に彼と接触する一方、体年齢相応の幼い仕を見せ、寝ぼけ眼で「どうもこの身体は、睡眠時間が長くて困るな・・・」とぼやくなど、本当に黒幕かと疑いたくなるような妙なギャップを持つ。

彼のる「全なる世界」には、純人間未来を憂い、皆の幸せのためにと信じ行動した結果めるものであるのは確か。
ライブには何かしら反発されたようで、自身の影クロノ不幸な幼少時代を送ったことは詫びている。[1]ユニットの召喚自体も自身が負担を背負い込み、新たな身体を作らなければならなくなったなど、代償を背負い込む覚悟を持って行動している。

真実

リューズ本人が子供の頃、彼の先導者となった少年が騒動に割って入り死亡したという事件があった。
また、そもそもリューズの環境夫婦の絶えない劣悪なものであり、ヴァンガードに触れた途端に事件に見舞われたこともあり、深い闇を抱えることとなる。
それもあってか、彼は成人後はヴァンガードを通した事業を行いつつ、ライブとともに惑星レイに関する研究を行っており、実際にゲートを開くまでに至った。
この時点ではギアクロニクルは新しく発見された未知のクランであり、カード自体は存在していたが、この時のリューズはグレートネイチャーを使用。《特任教授 アルシャ》ヴァンガードとした「達成サクセス体のデッキを使用しており、リアガードパワーが規定値を突破すると報酬として効果が得られる。

しかし、リューズとライブには決定的な隔たりがあった。
リューズの行おうとしていたことは、全ての災いをクレイに背負わせ、全ての幸運を現世に引き寄せること。
もっと噛み砕けば、別の世界全てを犠牲に、自分たちの世界をよりよくしようと考えていた。
それを実験途中で聞かされたライブ昂するが、途中でライブ息子クロノユニットの現世召喚を成功させてしまう。ライブクロノや召喚されたクロノドラン》、そして世界を守る為実験に割り入り、副産物としてリューズの研究施設を破壊した上でクロノ真実を忘れるように暗示をかけ、人知れず失踪したのだった。[2]
ギアクロニクルを用いて神崎ユウイチロウファイトをしたのはこの出来事の後だと思われる。クローン体も当時使用していたグレートネイチャーデッキは所持している。

覚悟があると言いつつ、他者が何であろうと犠牲を強いることを厭わない。
挑まれたファイトを受けた最中、真実を思い出したクロノに詰め寄られるリューズだが、彼をスタンガンバチィッ鎮静化させる。
その後、盤面を保持したまま場所を移してファイトを再開。しかし十二支刻獣をクロノ覚醒させた途端、それを転送し全ての十二支刻獣を捕縛した
ファイト審判といいつつ、その実審判を待つ気は最初からなく、全なる矛盾を抱え込んでいる。

完全なる未来

そのリューズの願う全なる未来とは、全ての人間を己のイメージ世界に取り込み、そのイメージ世界で人類は永遠の幸福を得る・・・というが、分かりやすく言えば永遠のイメージ拉致による支配。他作品で言えばNARUTO読が近いこれカードゲームアニメだよね?
実際ストライドゲートの影下に置かれた人類は意識を失い、眠ったような状態に置かれてしまう。止めたとしても交通事故などで世界中に大損が出そうな気がするが。
全な発動を阻止するには、リューズと彼に従うカンパニーメンバーに対してファイトで「世界審判を仰ぎ」、ファイトで勝つしかない・・・。

全ての十二支刻獣を中に収めているため、デッキが一新。十二支刻獣全てを組み込んだ上で、そのサポートとして「理想機兵(イデアドローンと名のついた種族:ギアコロッサスのカードを多く組み込む。切り札の機械仕掛けの神 デミウルゴスは、完成さえすれば自分のデッキトリガーを合法的に積み込むという、決まれば凄まじい浪漫スキルを備える。

結末

リューズの訴える全なる未来は、全に否定しきれるものではない、悲痛な叫びだった。
しかし、それでも新たな未来めるクロノの起こした奇跡全なる未来を打ち破る。
未来が破られた以上、散ることを望むリューズに対し、クロノは「お前未来もまだ終わっていない」とリューズの考えを否定する。
最後の審判勝利したのはクロノ達。世界クロノ達のイメージんだ―――。

しかし、事態は予想外の方向に転換する。
世界審判はリューズの未来を奪わない形でリューズに罰を与えた。それは、「未来をもう一度歩ませる」もの。

かつてクロノの前で焼身自殺した「ひとりのリューズ」。
クローンに自身の精を植え付け生まれ変わった「ふたりのリューズ」。
そして・・・今度は精もろとも赤子に生まれ変わった、いわば「三人のリューズ」が誕生した。
直入に言えば「心身ともに赤ん坊に若返った」のである。

何の因果かその後の彼の身柄は、彼が慈善事業として行っていた内容の一つである「恵まれない子供たちへの支援施設」が救うことになる。
親から直接生まれたわけでもないため、施設の子として預かられているようだが、物心つかない内からドラゴンエンパイア支部のアイドルになっていたり、支部で姿を見ることが多い。その場合、彼の世話はママルもとい安城マモルが請け負っているようだ。
そして、以前った未来を実現するクロノ達の輪の中で、赤子となった彼の手にはクロノティガー》が握られていた・・・。

なお、続編に当たるヴァンガードGZの最終盤においても、台詞自体は一言だけだが出演している。
ドラエン支部にはすっかりなじんでおり、子供ながらも新しく「クロノファング」のデッキを組もうとしているのが伺える。

余談

かつてリューズが「銀河鉄道の夜」を読んでいたシーンがあり、その登場人物であるジョバンニに類似した要素がいくつか見られる。それ以外にも同作を執筆した宮沢賢治の作品に通じる要素があり、意識しているのは間違いない。

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *但し、綺場買収やラミーラビリンスのピースメーカーとしての利用については謝罪していない。
  2. *その後ギアクロニクルの存在が、クロノヴァンガードを始めるまで発覚しなかったことから、「ギアクロニクルと共にGユニットらも歴史から消えたのではないか」という仮説がある。この場合、Gユニットの存在しない過去時間軸にGユニットが存在する理由づけになる。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%98%8E%E7%A5%9E%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

明神リューズ

18 ななしのよっしん
2016/06/12(日) 14:06:53 ID: TUKtZGJj6S
>>17
でもリンクジョーカークロノが繋げた門のこと知ってたら、間違いなく利用しようとしたはずなんだよな
しかし実際はそうせず、リバースファイターを増やしてゲートを自前で開いてる
やっぱり関係ないんじゃないか? クロノの門と、1期の出来事は

今回のリューズさんちょっと大人げなかったな
元親友の息子の前で「お前ちゃんはを裏切ったんだぞ!」と叫んで泣く
ショタ態だったから格好ついたが
あれが大人態あるいは老人態だったらどんな絵面になっていたやら
19 ななしのよっしん
2016/06/13(月) 22:16:51 ID: SnTYrYCLA7
>>18
当時ライブ以外特異点がクロノだと分かってなかったし、クロノ親父の暗示によってリンクジョーカー襲来時はヴァンガードから離れてたから、「現世と惑星レイの間につながりがある」という状態が残った程度、という状況だったんじゃないかな
だからリューズが己の思想の為にクレイ接続実験を行わなければ、そのつながりすらなく、PSYクオリアリンクジョーカー襲来による現世侵略もなかったんじゃないか、と思う
そしてゲートを開くには多数のストライドフォースが必要だからリバースファイターを増やしまくった
20 ななしのよっしん
2016/09/25(日) 15:19:46 ID: QAvnWQ2FRq
いやあ最終回衝撃の展開でしたね・・・
21 ななしのよっしん
2016/09/25(日) 17:49:47 ID: L5NEsFkGz4
アホ毛はちゃんと残ってる
22 ななしのよっしん
2016/09/25(日) 23:42:56 ID: TUKtZGJj6S
人生やり直す(物理

カードゲームアニメラスボスとしてはすっげぇ新鮮で面かった
23 ななしのよっしん
2016/09/26(月) 13:55:20 ID: W0WLfy80W+
敗北後、「私が本当に幼かった頃、お前クロノ)に会っていれば…」とっていた。NEXT現実になるかな…?
24 ななしのよっしん
2016/09/26(月) 20:20:28 ID: sm3MLmxVFf
合法ショタかとも思ったけど、本当に若い体なんだから非合法ジジイだな……。
罪作りな。
25 ななしのよっしん
2016/10/02(日) 17:14:37 ID: 2Qv195lS0d
クロノ達の次の世代編で成長してメインキャラになってくれたりしないだろうか
26 ななしのよっしん
2016/11/02(水) 21:15:21 ID: cnSoEqZmDy
二十歳になったばかりのクロノくんをおっさん呼ばわりしそう
27 ななしのよっしん
2018/03/18(日) 19:37:27 ID: I8fXBWrUX1
今日久しぶりに出てきたけど笑顔が可かった