星飛雄馬単語

ホシヒュウマ
1.2千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

星飛雄馬とは、

  1. 野球漫画アニメ、『巨人の星』の主人公
  2. 1.に感化され、で本名となっている人

をあらわす

概要

梶原一騎原作川崎のぼる作画野球漫画巨人の星』の主人公テレビアニメ版では、(後の)(で当時は)新人の古谷徹声優を演じている。

作品では、であるの第二子で長男として生まれ「野球選手に育てるため厳しく育てられる」といった描写が有名で、 「ことあるごとに物や箸などを落とし、()にはたかれる。言い訳のためを脱いだら視聴者もびっくりな大リーグボール養成ギプスをつけたまま生活していた」事や「左投げを習得するため、左手で何でもするようにと強制される(※令和現在でも右利きに強制する庭はある)」、「何においても失敗した日には、厳しくかれるなどのスパルタ教育」といった、(今となっては)過酷な幼少期シーンがある。

後には、中学生なのに高級スポーツカーに乗るという美形で生涯のライバルとなる「形満」との戦いや、魔球を難なくうけ魔球完成した日には抱き合って泣き分かち合う「伴宙太」との名バッテリーなど、プロ野球人生としての描写もあるほか、当時としては昭和ヒーローであった「『長嶋茂雄』や『王貞治』等にピッチングなどのをつけられる」などの実在する人物と共演をする等の描写などで有名。

なお、中学生なのに高級スポーツカーに乗るに関して、昭和の初期としては今ほど交通規制も厳しくないので別に問題はない。

他漫画への影響など

昭和当時の作品であり娯楽も少なかった為、この作品はアニメ漫画で幅広く見られることとなる。
結果、当時ではセーフな作品を丸々パクった漫画や、それらしいキャラクター少年雑誌に載ったりしていた。

また、「に炎を燃やす」「血のにじむような努主人公」「熱血に燃える男」として、キャラクター像が強かったことから、転じて「熱血」のキャラクターの代表になる。
さらに、この熱血を抽化したキャラクターが、以後のギャグ漫画ゲームなどに表現され時には、「星君」「ピューマ君」のような名前で登場し、ギプスをつけているなどで登場するほか、ライバルの「形満」の様な「前が妙に長くニヒルキャラ」が登場する事もある。
このパロディキャラクター令和現在でも長く続けられており、令和版『桃鉄』においても「カードを破壊するキャラクター」等、今でもパロディネタとして使われる

また、星飛雄馬の投げる「大リーグボール」は、今となっては厨二病と揶揄される言葉であるが、『魔球』という表現がついており、当時の野球少年(今ではおじいちゃん他)の心を、そのきとかっこよさでがっちりとつかみ、草野球などで必殺技として連呼し幅広くかつよく使われた。

インターネットでは…

何がクリスマスじゃあい!」の記事でおなじみ、「星飛雄馬」がクリスマス会で1人いるシーンで有名である。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%98%9F%E9%A3%9B%E9%9B%84%E9%A6%AC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

星飛雄馬

1 ななしのよっしん
2021/03/22(月) 16:53:53 ID: ncKzebD229
記事かったんか…