時空警察単語

ジクウケイサツ

もしかして時空警察ヴェッカー
それとも → 時効警察

時空警察とは日本テレビ系で放送された2時間ドラマである。

概要

2001年2005年にかけて5作品が制作された。テーマ曲は600万ドルの男。

警視庁一課時班の捜員が、タイムスリップして歴史に迫るという内容。刑事ドラマの体裁を取った教養娯楽番組である。歴史に迫るという性質上、いわゆる陰謀論の類も取り上げている。とりあえず因果とか気にしてはいけない。kwskはWikipediaexit

警視庁捜査一課時空班とは

歴史的事件の相に迫り、真犯人(?)を見つけ出す部署。捜一課所属ではあるが捜員が詰めている部屋は別室になっており、また警視庁の上層部からは異端扱いを受けている。特命係とか特2課みたいな感じ。

班の捜員は歴史は変えてはいけない」「未来に行ってはいけない」「時空警察に時効はい」の三か条を旨としているが、歴史は割りと変えられているように思える。というか現代の刑事が昔に行く時点で(ry。むしろ昔の人のスルースキルが凄い。

班がいつから設置されているかは不明だが、1968年には既に警視庁の一部では存在が知られているので、少なくともそれ以前からあったのだろう。

時空班が使う装備・備品

主な登場人物

色々と評判になったエピソード

独断と偏見で取り上げる。

三億円事件の真相

1968年府中刑務所前で発生した、三億円強奪事件の相に迫る内容。当時の関係者が存命かつ一部現役であるにも関わらず、この事件にこだわりを持つ警部が方針に反し捜を開始した。

事件を撃した府中刑務所の刑務官の言から、犯人の偽白バイ隊員は警察自衛隊で訓練されたかのような統制ある動きをしており、「偽警官は、実は本物の警察官なのではないか?」。警部はこのことから、一人の人物を思い浮かべる。

― ゲップのお兄ちゃん

子供時代のを可がってくれた警察官に、がつけたあだ名である。サイダーを飲み干し、思いっきりゲップをすることがその所以。お兄ちゃんは、ある日をの前から姿を消した。「ゲップのお兄ちゃん犯人だったのか・・・?」。これこそが、三億円事件に拘る理由だった。

1968年で、久々お兄ちゃんと再会する。話をしてみると、お兄ちゃんは時班を知っていた。警察関係者でも一部の者しか知らないはずの時班を。お兄ちゃん普通警察官ではなく、警察の深いところに関与しているのは明らかだった。
また捜の途上、三億円事件を捜していた若かりし頃の北条管理官にも会った。自分の未来を知らない北条は、露に時班を見下した態度をとる。同時に、現代の北条管理官に異変が起きる。北条の記憶に、突然の存在が割り込んできたのだ。関係者存命中の捜規制がかけられるのは、こういうことがあるからだった。

の捜支援する為、1968年へと向かう北条、広瀬風間。そこで彼らは相に直面する。

三億円事件真犯人は、警察だ」

盗難にあった三億円は損保険で賄われ、その保険海外保険会社に再保険がかけられていたため、少なくとも日本国内では実質的な被害いに等しい。強盗にあった銀行員らは傷で、現ごと奪われた自動車も後に発見されている。手配に使われたモンタージュは亡くなった人物の顔写真を使っており、あの写真を頼りに実行犯を見つけ出すのは不可能だった。一方で警察は捜の為に多摩地域ローラ作戦を行い、多数の若者が取調べを受けていた。それに乗じ、公安の秘密部隊「サクラ」が情報収集を行っていた。1968年学生運動末期であり、警察義者の情報を欲していた。三億円事件公安にとって都合が良すぎると同時に、犯人を捕まえようとする刑事達にとっては余りにも不利であった。

こうして相に迫る彼らに、警察の闇の手が伸びる。単独行動をしていた眼鏡の男に襲われ、現代では警察上層部の意向で時エレベーターの回路が切られてしまう。北条らは過去に閉じ込められた。呆然とする彼らの前に、1968年覆面パトカーに乗った眼鏡の男を連れて現れる。眼鏡の男が「サクラ」の人間であることを知った北条は、「これからそので、自分達のやったことがどういう未来へ繋がるか良く見るんだ」と諭す。程なくして時エレベーターの回路が復旧し、らが現代へと戻る時が来た。上層部の男は眼鏡をかけていた。

被害者のいない三億円事件 ― だが犠牲になった者はいた。ゲップのお兄ちゃん。この作戦子供たちの未来の為になると信じたお兄ちゃんは、警察官でありながら犯罪者の汚名を背負った。そして秘密を守る為、自ら歴史の淵へと身を投じたのだ。の心に思い出だけを刻んで。

史上最悪の大虐殺 豊臣秀吉vs時空警察

班の部屋に、文部科学省の南がやってくる。たく言えば、歴史を引っ掻き回すから教科書の内容がメチャクチャになって困る、ということである。だが歴ヲタの時澤はお構いなしに、新たな仮説を上げて捜することを提案する。

天草四郎時貞は、実は豊臣秀吉の孫だったんじゃね?」

根拠は天草四郎印。豊臣秀吉と同じ逆さ瓢箪を掲げた絵が残っている。だが南は納得がいかない。すったもんだの末、時澤の捜に同行することになった。

一方で広瀬豊臣秀吉石川五右衛門を調べていた。

(中略)

天草四郎が自分の孫だと知った秀吉は、「孫の顔を一みたい」と広瀬に懇願する。広瀬ゴリさんに相談し、秀吉の督戦が決まった。秀吉を警護する為、1638年の原に機動隊が臨場。督戦の準備がう。
戦場では徳の軍勢が、女子供も関係なく天草の人々を殺戮していた。底して殲滅する気なのは明らかだ。圧倒的な兵差に圧される天草の人々。その時、一発弾が四郎の左鎖骨下付近に命中し、左肺に損傷を負わす。倒れる四郎に、時澤がかけよる。

「ここまでして豊臣を復させたかったのですか?」
「違う、私はただ徳の世で苦しむ人々を救う為に、豊臣を使いたかったのだ」

うなだれる四郎、しく争う両軍。その頭上に「天狗」が現れた。広瀬秀吉を乗せた警視庁ヘリコプターである。孫の姿を見、喜ぶ秀吉。だが孫の劣勢を知ると、多少でも加勢しようとヘリからの瓦を投下し始めた。

「やめて下さい!約束したじゃないですか!」
「堪して、堪して!」

止める広瀬、瓦を投げつける秀吉。どう考えても警視庁のせいで歴史が滅です。本当にありが・・・え?天草の地での瓦が出土された?。じゃあ秀吉ヘリから投げたんだろ。

関連動画

アクセス権がいものの閲覧を禁ずる。

警視庁刑事部長

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%99%82%E7%A9%BA%E8%AD%A6%E5%AF%9F

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

時空警察

1 ななしのよっしん
2012/02/11(土) 13:12:22 ID: CSlus5neQD
未来に行ったこともあったよ
2039年にケネディー暗殺の情報開示を見に行ったはず
2 ななしのよっしん
2012/12/30(日) 00:46:32 ID: gfCvI8F0YM
昔の人のスルースキルが凄いのは、タイムスクープハンターみたいな「極秘事項の交渉技術」的なのがあったのかなあと勝手に内保管して納得してる。
3 ななしのよっしん
2013/04/27(土) 11:32:04 ID: O5o4qbBwkS
>>2
いつか、TSHとコラボしてほしいね
4 ななしのよっしん
2014/06/21(土) 03:26:31 ID: cyrl3acTS8
ナチス洗脳されてハイヒトラー連呼するようになった女性官の話が印に残ってる
また再放送やってくれないかなあ
5 ななしのよっしん
2015/09/18(金) 08:49:10 ID: ANagyb+PIM
「最近作ったものをさも昔からあったように見せかける」なんてどこにでもよくありますよな。
時空警察来たら摘発されまくりそう。
6 ななしのよっしん
2017/01/18(水) 03:22:12 ID: ECcpf5vGwW
小学生の頃ドキドキしながら見たなあ
今思えば結構なトンデモ番組だけど
7 ななしのよっしん
2017/08/15(火) 23:39:32 ID: K+XgZqiUuL
トンデモ説なのは確かなのだけど、トンデモ説だと分かってエンターテイメントとして楽しめば非常に良く出来たシリーズだったと思うよ。