暗視装置単語

アンシソウチ

暗視装置とは、間や暗所などで、人間が視界を得るための装置の総称である。

概要[1]

暗視装置の第1世代は、第二次世界大戦中に実用化された。アクティブ赤外線暗視装置と呼ばれるもので、こちらから相手に赤外線を照射し、反射してきた赤外線センサーが捉える。当然ながら相手が赤外線感知装置を持っていれば、こちらの存在を暴露してしまう。このタイプ1960年代から徐々に姿を消し始めた。

2世代は、ベトナム戦争中にアメリカが開発した。のような極弱いが物体に反射してくるのを電子的に数千倍に増幅することで映像を得る。間でもフクロウのように見えることから「アウルアイ」、あるいは「スターライト・スコープ」とも呼ばれた。

1970年代末から、第3世代の暗視装置が実用化され始めた。パッシブ式赤外線暗視装置、あるいは熱線映像装置(サーマル・イメージャー)と呼ばれるもので、物体が放出する赤外線を高感度の赤外線センサーで捉え、映像化する。パッシブ式なので使用していることを敵に気づかれない。また間でも使用でき、カムフラージュ用に切り取られた枝葉と「生きている」木を区別できたり、多少のや煙も透かして見ることができる。例えば湾岸戦争ではイラク側が油井に放火することで煙を発生させて相手の視界を妨げようとしたのだが、第3世代の暗視装置を使っていた多国籍軍側の視界を妨げることはできなかった。

その他

暗視装置の形状は様々であるが、基本的には個人使用するものは双眼鏡単眼(暗視スコープ、暗視ゴーグル)で、兵士個人に配布されるモノはヘルメットからつりさげることが可なように作られてたりする。

パッシブ式赤外線暗視装置は、以前は内部部品を極度に冷却しなければならない関係上、装置としては大きくならざるを得なかったが、最近は冷却不要な部品が開発されて小化を実現し、従来の仕組みを採用した個人用の暗視装置に機の一つとして追加される程になってきている。戦闘機に搭載されるIRSTもこの仕組みを利用している。

ちなみに、よく暗視装置で出される映像緑色をしているが、単に人間にとって緑色が最も知覚しやすい色であるというだけで、その気になれば青色とか赤色とかの強さによって色分けとかも原理的には可である。また、フィクションではよく強いで暗視装置が破壊される、あるいは強いをさらに増幅したが出されて使用していた者の視を奪うという描写があるが、現代の暗視装置には一定値以上はを増幅しないという安全回路が組み込まれており、裸眼では見えないような、強いの周りに何があるかを見ることすら出来ると言われている。

用途としては軍用の他に、現在では文(微弱なを発するを観測するため)や、自動車間の視界確保、またドライブレコーダーの機の一つとして)でも使用されている。また、玩具としての暗視装置も存在する。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *兵器と戦略」江謙介 朝日新聞社 1994

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9A%97%E8%A6%96%E8%A3%85%E7%BD%AE

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

暗視装置

1 ななしのよっしん
2013/12/22(日) 18:13:44 ID: hkcFPwCMDE
初版作成
プロ具ってイメージ
2 あわてんぼうの政治将校
2014/02/03(月) 18:36:07 ID: OzkFFh3cn8
日本だと第三世代以降は出回っていんだっけ。
3 ななしのよっしん
2014/03/09(日) 08:40:31 ID: q3b06gM3g1
安全装置があるということは
たとえば間に太陽も見て気なのかな?

急上昇ワード

2019/08/17(土)22時更新