暴動単語

ボウドウ
1.8千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

暴動とは、市民や住民、民衆といった
不特定多数の人間暴力や破壊行為を行うもので、容易に収拾のつかなくなったもの。

暴動を起こす人間を「暴徒」と呼ぶ。

概要

戦争や紛争よりは小規模で、手に火をぶっ放したり銃撃戦を行うものではない…とはいえ

日本でも一学生運動などの暴動が起きている。
…が、近年は起きない。良くも悪くも元の治安民性かもしれない。
海外の人は「よくこれ(政治災害)で暴動が起きねーな」とか言われる事もあるとかないとか

暴動のような過性や暴力を伴わないものや、正式に許可を得て行うものは「デモ」と呼ばれる場合もあるが、細なトラブルや一部の過思想を持つ者の焚き付けによりヒートアップしてしまい、そのまま暴動へ発展する場合もある。

騒乱罪、暴行罪、器物損壊罪など。

警察の邪魔をすれば「公務執行妨害罪」、勝手に他人の敷地に入って暴れ回れば「住居侵入罪
火をつければ「放火罪」、火炎瓶を投げれば「火炎びんの使用等の処罰に関する法律」など。

発生原因

対処

警察機動隊)や軍隊による警・鎮圧が行われる。[1]
デモ活動」であっても暴動への発展を警し、現場には大勢の人員が配備される。

 戦争のように銃火器による撃ち合いは行われず、仕掛ける側も投石火炎瓶、周囲にある物に振り回す、殴る蹴るの取っ組み合いといった攻撃手段が。ただし攻める側の数が圧倒している場合が多いため、屈強な人間と人数、装備、隙のない連携・揮通信がければ多勢に勢となりフルボッコにされかねない。

装備

相手は丸腰で防具のない生身である場合が多いため、基本的に殺傷は的としない。
国家機関が自民を一方的に大勢殺してしまえば大問題となるため)

前進&攻撃してくる相手を撃退するのは防衛戦やタワーディフェンスと通じる部分もあるが、必ずしも暴動参加者全員逮捕する訳ではなく、現場から追い返す、攻撃や接近を諦めさせる、近付けないといった要素もある。(全員を追い返せなくても、お互い睨みあう状態まで鎮圧できれば御の字とも言える)

逆に独裁政権であったり、民の生命の軽いでは暴動に至るまでもなく
デモ」の段階で戦車小銃民を一方的に殺傷した事例もある。(→天安門事件

フィクションにおける暴動

  • 作品内における治安や秩序の崩壊、人々の混乱や不満、負の部分を示すのに役立つ。
  • 登場人物が暴徒を撃退・和解交渉をする側か、攻め落とす側かで視点が異なる。
  • 数に圧倒される、防御が瓦解して突破されるといった展開はビジュアル的にも映えやすい。
  • ゾンビ系の映画漫画アニメ作品では当初「大規模な暴動」として描かれる事も多い。
  • 文明が崩壊したポストアポカリプス世界観でも、人数さえいれば暴動は起こせる。
  • シチュエーションとしては暴動以上の展開に持っていかれる事も多い。
    • 武器を持ち互いに大勢の死傷者を出す戦闘となれば、「暴動」のでは収まらなくなるため。

関連項目

脚注

  1. *むしろ集団で行動する機動隊はこういった事例に特に用いられる

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9A%B4%E5%8B%95
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

暴動

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 暴動についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!