曹叡単語

ソウエイ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

曹叡とは、三国志に登場する人物である。

の第二代皇帝(明)である。

概要

曹叡(※ ~ 239年) 字は元仲

生年については、204年説と206年説がある。曹丕甄氏の間に生まれた。

彼の出生のについては甄氏の記事を参考。

イケメン

書』明紀より、姿秀出(てんししゅうしゅつ)と呼ばれ、生まれつき美貌なことに加え、をほどけば立ったまま床につくほど長いことで有名であった。

因みに正史姿秀出という表現で容姿を称えられているのは曹叡と軍師として有名な張良子房の二人だけ。

鹿狩り

氏を寵愛していた曹丕は、彼女皇后にするため甄氏を亡き者にした。

ある日、曹丕と共に行った鹿狩りで、鹿を射殺した曹丕に対し、その鹿である甄氏に見立てた曹叡は小鹿を殺す事をためらいした。曹丕はすぐに狩りを止め、「この子はいずれ仁徳の王となるだろう」と曹叡を平原王に封じ、次代の皇帝に立てる決心をしたとされる。

2265月曹丕の死後に位へ就いた。

軍事

位へ就き、司馬懿曹休陳羣を用いの発展へ尽を尽くす。

即位してすぐの頃は、馬謖の策によって司馬懿を一時的に失脚させてしまうが、諸葛亮の幾度にわたる北伐で再び司馬懿に軍権を戻し、軍を強固なものへとした。以後、曹叡は司馬懿を重用するようになり、司馬懿もそれに応え数々の戦や内乱を抑えつけた。

234年、の侵攻には、相手には配下の満寵へ合肥で迎え撃つよう詔を出し、相手には司馬懿へ守りを固める詔を出しそれぞれ防いだ。

238年にはの北部・東の公孫淵王と自称して乱を起こす。曹叡は司馬懿に鎮圧を命じ、孫氏を取り除いた。

孔明死去以降の怪行動

五丈原で諸葛亮が没すると、一安心してしまったのか、戦への興味くなり、宮殿の造営を繰り返し、反対する臣下を処罰した。色ボケも始まり、美女を集めたり、さらには妻である毛皇后を亡き者にするなど、の行為を繰り返した。

ただし、宮殿の造営は孔明の死以前から始まっている事から、農民たちに収入を与える共事業という見方もある。

危篤に陥り、養子の曹芳(8歳)へ後を託し、司馬懿には彼の補佐を頼み、36歳という若さで亡くなった。

ここから司馬一族の物語が始まる……。

その他 

のように諌言したり、気に入らない臣下を処刑するような事はしなかったのは評価できる。

諸葛誕玄といった人物が、四聡八達とステマを行うことによって望を集めていた。曹叡はそれを忌み嫌い、彼らを全て罷免した。この時、臣下の毓に言った言葉が「画餅」である。

曹叡には何人かの子供がいたが、全て先立たれてしまっている。が亡くなった時、葬礼の度が過ぎていると諌言されたが強行したという事もあり、 子を亡くした絶望が何らかの影を与えたともいえる。

各メディアの曹叡

コーエー三國志シリーズ

皇帝に恥じぬの高さ。それだけに通常シナリオでは寿命の短さが惜しまれる。

司馬懿甄氏らを親何晏諸葛誕を嫌悪武将と設定されている。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9B%B9%E5%8F%A1

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

曹叡

76 劉楓義真
2019/07/18(木) 03:35:23 ID: EoWXder0/+
曹叡の惜しいところは自身の世もだけど男子が相次いで逝してるところだと思う。4人くらい男子いたけど皆産まれてすぐに亡くなってる。もう呪われてるんじゃないか曹叡
77 ななしのよっしん
2019/07/25(木) 20:36:05 ID: fqBi3audP3
曹叡が本当にやらなければいけなかったのは宮殿の造営でも裁判に自ら臨席する事でもなく、可及的速やかに『位を僭称する南方の逆賊ども』を誅する事だった。
にも関わらず諸葛亮が死んでもに対する攻勢を強めるでもなく、それどころか宮殿造営や後宮の充実などにを注ぐような有様では、到底名君とは言えない。仮にもかつての統一王たるの後継者なのに、天下統一に意欲すら見せないのでは話にならない。曹丕はどうにかして皇帝の義務を果たそうと何度も遠征しているのに(全て失敗しかえって武威と徳を損なう結果になったが)。
曹叡の事業が同時代の人間にさえ冷やかに見られていたという記述がされるのは、司馬氏に対する配慮以上に「賊相手に何の成果もないくせに一丁前に宮殿だけこしらえようってか」という当時の空気が確実に存在したからではないのだろうか。
に二日なく、地に二王なしと聞いているが、いま下は立しては三つもあり、田舎者は戸惑ってに帰したら良いのか解らないのだ」
この雍闓コメントは当時の中華圏内に属する人間の率直な想いだと思う。
78 ななしのよっしん
2019/09/14(土) 17:16:59 ID: XnfOIfCtTa
>>74
晩年に擁護不能なことやらかしたという意味では似ているかも知れないけど
トップに立った時のの基盤や寿命、内政の功績を考えると違う所の方が大きいと思う
79 ななしのよっしん
2019/10/30(水) 20:45:07 ID: wBLHZc0zC/
>>77
「やらなければならない」ことは「やれること」とイコールではない。
速やかに討伐する戦があるのならともかく、当時のには鎧袖一触にできるような圧倒的な戦はない。

たとえ大小国に対する場合であっても長距離侵攻というのは決して簡単なことではなく、実際曹真は何ら戦果を上げることなく失敗したし、その後の曹爽もまた然り。

外征による短期的解決が難しいのだから、内政を充実させて命(好機)を待つというのはそれはそれで十分に正しい判断だと言わざるを得ない。

そして当時の(というかいつでもだけど)士大夫というのは民への労役にも厳しいが、同じぐらい外征にも厳しい。
子午の役時におけるキンらの言などを見ても、世論の大方が軍事による即時統一を望んでいる、なんてことは決してない。
80 ななしのよっしん
2019/11/04(月) 15:35:30 ID: TvdRu3sM1i
ジイさん共が持ってた志なんて代が変われば知ったこっちゃねーよって事でしょ。
曹叡も結局曹操が見限ったような王室のような停滞と腐敗の徴に堕落しちゃったと。
自分が三国志創作物でよくある英雄たちの理想論(武勲はまだしも)にイマイチ乗り切れないのは、子孫すら決意や想いを受け継げてないのに回りや世界がそれに倣ってくれるわけがないよねと。先代たちは精一杯やってるだろうし、こちらは歴史から見て簡単に断じるのは卑怯かもしれんけどさ。
81 ななしのよっしん
2019/11/25(月) 11:44:30 ID: Z1Y6BWq+NK
確実に袁紹の血はひいていない
でも定番なネタだということは視できない
一体いつからこの噂がたったのか
82 ななしのよっしん
2019/12/15(日) 18:35:10 ID: EjxwtwegzH
現代じゃ必ず腐される巨大な物で国家の権威を示す政策だが
歴史的に批判されてた人物にはいや必要な政策だったと再評価試みられるんだから妙なもんだな
83 ななしのよっしん
2019/12/21(土) 23:20:52 ID: wBLHZc0zC/
そりゃ時代も場所も違うんだから、同じ行為でも評価が違うのは当たり前だ。

例えば奈良時代聖武天皇費で大を作るのと、現在日本国が同じことをやるのでは意味も意義も、もちろん評価だって全然別物になるでしょ。
84 ななしのよっしん
2020/04/04(土) 15:32:14 ID: dECFbNRtBi
>>79
そもそもこの時代より更に後の
もはやの息な軍相手にすら、南征失敗しかけたのを見ると
トライしても、普通に南征失敗してた可性のが高いのでは…?
もし南征して大失敗なんてしたら、後世で曹丕並の戦下手とかボロクソかれそうだなあ
85 ななしのよっしん
2020/04/25(土) 19:29:53 ID: sMOY1eVAIm
名君と手放しで言うのは難しいかもしれないが、それでも三時代第二世代以降の皇帝では一番有能なのは確か
以降の皇帝孫休が多少ましなレベルであり、他は…

急上昇ワード

おすすめトレンド