曹爽単語

ソウソウ

曹爽とは、三国志に登場する人物である。
曹操と区別して「爽やか曹爽」と呼ばれることもある(出典はコーエー三國志III大事典)。

権力者となる

字は昭伯。曹操の甥で名将だった曹真の子。曹叡から寵を受けており、239年(初3年)曹叡の死に際して大将軍となり司馬懿と共に後継者の曹芳の補佐を命じられた。

当初はの同僚だった司馬懿に親の如く接していたが、のち司馬懿を太傅(皇帝教育係。三より地位は高いが閑職)に祭り上げて、取り巻きらと共に政をるようになった。
といっても司馬懿の軍権はそのままで、ここで司馬懿に負けない戦功を立てようと欲した曹爽は244年(正始5年)に司馬懿の反対を押し切りに攻め入るが、補給がうまくいかず費禕王平率いる軍に撃退された。

司馬懿は病と称して自宅に引っ込んでしまう。曹爽は司馬懿の動向が気になるので心の勝が荊州刺史として赴任するついでに司馬懿の見舞いをさせる。司馬懿は重病でボケが進行していたとのことだった。

駑馬は桟豆を恋う

すっかり安心した曹爽とその兄弟249年(正始10年)に曹芳と共に許に赴いた。その留守の隙を突いて、病人を装っていた司馬懿クーデターを起こし、たちまち軍権を握してしまう。

農の桓範が曹爽の元に逃げてきて、許で曹芳を擁し兵や糧食を集め司馬懿に対抗するよう訴えたが「今すぐ降れば罪には問わない」と勧告を受けていた曹爽兄弟は弱気になり、富でいられれば望むものはいと言って司馬懿に降ってしまう。桓範は「曹子丹(曹真殿素晴らしい方だったのに、その子であるお前らのようだ。お前らのせいで一族皆殺しに遭うとは」と泣き叫んだ。

桓範が逃げる時司馬懿は「知恵袋が逃げたぞ」と言ったが済は「駑は桟豆をう(下等なはそれにふさわしい飼い葉の豆を好む)。曹爽は桓範を使いこなせますまい」と評していた通りになったのだった。

末路

約束に反して厳しい監視下に置かれた曹爽兄弟だが、司馬懿に試しに食料が欲しいと言うとすんなり聞き届けられる。しかし安心したのもつかの間、司馬懿は謀反の容疑で曹爽や取り巻きらを逮捕して三族皆殺しに処したのであった。
後に曹真の功績を考慮されて、曹爽の甥にあたる曹煕が曹爽のを継いだ。

逸話

  • 曹爽の、曹羲はたちに訓を与えたことがあったが、実は曹爽の専権ぶりを間接的に諌めようとしていた。しかし曹爽は聞き入れなかった。
  • 司馬懿クーデターを起こした時、辛憲英辛毗)は曹爽の参軍だったの辛敞に「曹爽は太傅(司馬懿)と陛下の補佐を受けながら権勢を極め驕奢であり、王室には不忠、人に背いています。太傅がクーデターを起こしたのですから必ず成功し、曹爽は処刑されるでしょう。ですがあなたは臣下の義理を果たしなさい」と曹爽の元に行くことを勧めた。司馬懿は曹爽と取り巻きらは殺したが、辛敞ら付き従っていた者達はそのまま許した。

曹爽の家族

  • 曹真 - 正史では名将、演義では司馬懿の引き立て役。
  • 曹羲 - 次。列侯、中領軍。
  • 曹訓 - 三。列侯、武衛軍。
  • 曹則 - 四。列侯。
  • - 五。列侯、散騎常講。
  • 曹皚 - 六。列侯。
  • 曹文叔 - 従弟死にしたが、その妻女は壮絶なまでの貞淑を貫き再縁を拒んだ。
  • 曹熙 - 甥。曹爽のを継いだ。

各メディアにおける曹爽

横山三国志

60巻で登場。司馬懿を太傅に祭り上げたはいいが、結局その智謀の敵ではなかった。

コーエー三國志

実は初期のシリーズから出演している(的には当然に及ばないが)。
そして真・三國無双6では「正始の変」ステージで堂々の登場!…どう描かれているかはお察し下さい。

曹爽の関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9B%B9%E7%88%BD

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

曹爽

42 ななしのよっしん
2016/04/19(火) 18:24:14 ID: bBYOgJDcsX
ボンボン、相手が悪すぎたってあたりは豊臣秀頼とかぶって見える
とった選択肢逆だが
ちゃんと抗戦してれば豊臣秀頼ぐらいの評価にはなったかな、と思う
43 削除しました
削除しました ID: 2LogcqxBYA
削除しました
44 ななしのよっしん
2016/05/24(火) 03:00:10 ID: SWvJPlXi3G
>>43
夏侯惇死にしたのと曹真征伐が長で途中中止になったのは
身の丈とは全然関係ないことなんだが・・・
一体何を根拠にそんなことを
45 ななしのよっしん
2017/01/03(火) 13:03:58 ID: tvz1XwcN4p
曹髦殺したのは賈充示だし流石に司馬懿皇帝もろとも押し潰すなんてしないと思うが
単に小心者を見抜かれてハッタリを噛まされてビビッて降伏したんだろう
46 ななしのよっしん
2017/06/10(土) 00:06:09 ID: LnbPSfJQyS
天子ドンパチに巻き込むなんてむしろ司馬氏がやりたくないことだろ
司馬懿の忠なら天子手出しできないのは当然だし、逆にこの時点で簒奪の意思があるなら綺麗に譲させるお立てができるまでは手出しできない
済の言う通り曹爽が桓範も使いこなせない小心者で権欲がある割りに押せばグラつくグズだってことを見越した上での対応だろうよ
47 ななしのよっしん
2017/08/26(土) 17:32:45 ID: 9zVp/aORas
司馬懿に対する曹爽の対応を見てるとどう考えても小心者としか思えない
クーデター実行前からかなりビビっている。才気があれば慎重、胆があれば耐と
言えなくもないが、残念ながらその両方とも曹爽にはなかった
48 ななしのよっしん
2017/12/10(日) 21:57:25 ID: sHmCZN2Pr4
>曹操と区別して
厄介なことにソンケンとの違いは中国語読み方もツァオツァオと同じなことやも。

時代が被らないのが救いか。
49 ななしのよっしん
2018/09/09(日) 18:04:56 ID: evsVHQN7q4
曹爽政治についても大きな失点がある。孫礼が八年にも渡る平原と清河の界線問題を、曹叡平原王時代に作った地図があるから私が地図といっしょに現地に向かって調してきましょうと司馬懿に言ったら司馬懿は喜んだが、曹爽は清河の言い分を信じた上に「地図なんか使うな」と孫礼に言って界線問題を理矢理清河有利にした。
50 ななしのよっしん
2019/05/05(日) 19:27:07 ID: ccx+gh5cYG
リキンの曹真さらに無能化+こいつの微妙有能化はなんだったのやら
51 ななしのよっしん
2019/06/06(木) 00:22:52 ID: YEg/82xeMg
曹爽ビビるのは自分に人望がないのがわかってるからじゃろ
皇帝の権威がある間は威れるが
司馬懿マジ切れしたらそれもろとも吹き飛ぶ
兵がちょっと多くいても状況が変われば寝首をかかれて終わり

急上昇ワード