曽根崎心中単語

ソネザキシンジュウ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

「曾根崎心中」とは? 

  1. 江戸時代の戯作者、近門左衛門(ちかまつ もんざえもん 1653~1725)が実在の心中事件を基にして書いた歌舞伎人形浄瑠璃の演。当時「世話物(せわもの)」という新ジャンル確立。本項で記述。
  2. VOCALOIDプロデューサーの一人「デッドボールP」が、『初音ミク』『鏡音リン』を用いて制作したオリジナルHR/HM曲。
     1.の近門左衛門の戯曲を題材にしている。動画記事を参照。

あらすじ

大坂(「大阪」の表記は後代のもの)の醤油屋「平野屋」の手代(てだい:商の使用人で、丁稚と番頭の中間の階級。現代で言う係長課長クラス)「徳兵衛」は、色屋『満屋』の遊女「お初」の染客であり、二人もまた客と遊女の関係をえ、相思相愛の関係となっていた。

兵衛はお初をいずれ身請けし、自身の妻に迎えようと考えていたが、徳兵衛叔父である平野屋の人は二人の関係と徳兵衛の気持ちを知りつつも、徳兵衛を見込むあまり、妻の姪と祝言を上げさせ、自身の跡取りにすることを画策。徳兵衛の継を握らせ、話を強引に進める。
強引な人に対し、お初への想いと己の持を踏みにじられた徳兵衛は猛反発。それに対し人は「ならばを返せ。二度と大坂の地は踏ませぬ」と嚇怒。徳兵衛も意地になって継からを取り返し、人につき返そうとする。

そんな中、友人の油屋「九次」に借心をされた徳兵衛。継より取り返したを(※)貸してやったのだが、期日になっても返済がい。返済を迫る徳兵衛に九次は「一文も借りた覚えがい」としらを切るばかりか、「文の印は以前くして効届けをお上に出していたもので、に押せるわけがい。お前が印を拾って勝手に押したのだろう。それでを強請るとは、偽判遣い以上の大罪人だ」と衆の面前で罵倒、詐欺師扱いでさんざ辱めた挙句、五人がかりで徳兵衛フルボッコにしてしまう。

その満屋を訪れた徳兵衛は、お初に「もはや人にを返すこともできず、濡れ衣を着せられ世間から悪人と罵倒される屈辱にも耐え難い。自ら命を絶って辱を果たす以外にい」と打ち明ける。
兵衛に同情したお初とともに曾根崎のに向かい、そこで二人心中を遂げるのであった。

当時大ヒット余り、話に感化された男女の心中事件が続発、たびたび幕府によって上演が禁止される場合もあったという。

(※)徳兵衛自身が、お初の身請けのために貯めていたとする場合もある。らしい。

参考リンク 早稲田大学文学部専任講師 岡田俊之輔氏exit (旧かな・旧漢字

関連商品

関連リンク

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9B%BD%E6%A0%B9%E5%B4%8E%E5%BF%83%E4%B8%AD

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

曽根崎心中

1 ななしのよっしん
2015/12/30(水) 06:04:43 ID: tGbrCOZacL
冷えた面に身を投げりゃ 覚悟の凍てつく事もある だけどそいつはあんた儘 浅ましいにも程がある 誓った男の浅ましさ 捨てて逝かぬは女の情け
2 ななしのよっしん
2017/08/28(月) 04:55:45 ID: 77ptjeKdt6
士の橋本左衛門が女郎お初と心中して穂浪士の義盟から脱落した事件が元だと思ってたら、手代の徳兵衛とお初の心中ってのも実際にあったんだな
時代もごく近いし不思議なものだ

急上昇ワード