最高裁判所裁判官国民審査単語

サイコウサイバンショサイバンカンコクミンシンサ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

最高裁判所裁判官国民審査とは、最高裁判所裁判官を罷免するかどうかを民が審する制度である。。

概要

最高裁判所裁判官の任命後、初めて行われる衆議院議員総選挙の際に実施される。その後は、10年経過した後に行われる衆議院議員総選挙の際にさらに審を行い、職務に適切かどうか、民が直接意思表示できる。国民審査とは、裁判官ごとに行われ、有権者は辞めさせたい意思があれば×印を、なければ何も記載せずに投票する。罷免可が罷免不可の票数をえた場合、その裁判官は罷免される[1]

日本国憲法79条2項に、国民審査の制度が設けられている。

この制度は、最高裁判所の地位と権(特に違権)の重要性にかんがみ、アメリカ合衆国ミズーリ州など若干の州で行われていた制度にならって定められ、裁判官の選任に対して民主コントロールを及ぼすことを的としている。

の性質はリコール制度(解職請制度)なのか、内閣最高裁判所裁判官任命を民が確認する意味なのかは、判断が分かれる。

投票方法について

国民審査は、現行法上、罷免を可とすべき裁判官に☓印を付し、そうでない場合には何も記入しないという投票方法によっているが、その方法には、たとえば、罷免の可否について不明の者の票を罷免を可としない票に数えることになるなど、いくつかの問題点がある。最高裁は、国民審査の性質はリコール制度であることを理由に、積極的に罷免を可とする投票以外は罷免を可としないものとして扱うことはむしろ適当である、と判示している[2] 。しかし、現行法の方式が違だとは言えないにしても、信任は◯、不信任は☓、棄権は記入というほうがより適当である、とする意見は有である。

実情

国民審査の制度は、憲法の規定に則り、衆議院議員選挙と同時に全的に行われているが、昭和24年の第1回からこれまで23回、延べ172人が審を受けたが罷免された例はないなど、制度の本来の趣旨は必ずしも生かされてきていない。よって、止すべきであるという見解もある。

しかし、近年は多くはないものの、新聞紙上で最高裁判所裁判官についての経歴を報じる事も増えつつあり、国民審査制度を活用する転機になっているともいえる。

批判・改善案

現行は、最高裁判所裁判官の任命後、初めて行われる衆議院議員総選挙の際に実施される。その後は、10年経過した後に行われる衆議院議員総選挙の際にさらに審する、となっており、なおかつ裁判所法で定められた定年が70歳であるので、任命が60歳以上の場合は、実質1回しか審を受けないことになる。実際に、歴代の最高裁判所裁判官任命はほとんどが60代以上で、50代以下は少ない。

また、衆議院議員選挙と同時に行われるため、解散権内閣に存し、ある程度裁量的に行使できるとされている現状では、国民審査自体も不定期に行われる。そのため、事前にどの程度の人物がどのような判決について審を受けるか不透明であり、チェックが十全に働きにくくなっている。

善案としては、衆議院議員選挙と同時にするというのを変える案、参議院選挙と同時にする案、最高裁判所裁判官全員を毎回審する案等がある。

裁判官についての情報

裁判官の経歴は、最高裁判所のページexit表されている。また、国民審査期間中は、審報と呼ばれる衆院選選挙報と同様の経歴情報と各裁判官がどのような裁判に関わり、どのような判決を下したかが記載されたものが表される。

元最高裁判所裁判官の声

  • - 「最高裁裁判官15人の上民。民の皆さんへのあいさつだと思って報に考えを書いたんだ」、「弁護士として、依頼者の息づかいを感じながら一人一人と向き合ってきた。最高裁は、私のような人をむしろ欲しているんじゃないかと思った」。夫婦別姓訴訟(平成27年12月16日最高裁判決)では、合とする多数意見(10人)に対し、違(5人)の立場を表明した。「別姓にしたいけど相手の親の顔色をうかがい、言い出せない人が世の中では大半だろう。裁判に訴えてくるのは大変なこと」。「みんな迷いながら裁判をしている。時代が変わりメンバーが変われば結論も変わりうる。最高裁の裁判も結局、人の営みなんだ」[3]

実施された国民審査

参考になるサイト

関連動画

関連静画

公式生放送

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

脚注

  1. *■最高裁判所裁判官国民審査とは?exit
  2. *最大判昭和二十七・二・二〇民集六巻二号一二二
  3. *「憲法の番人」最高裁判事、貴重なチェック機会exit

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9C%80%E9%AB%98%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%E8%A3%81%E5%88%A4%E5%AE%98%E5%9B%BD%E6%B0%91%E5%AF%A9%E6%9F%BB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

最高裁判所裁判官国民審査

4 ななしのよっしん
2017/10/15(日) 20:16:27 ID: JOYXKJmU8k
コピペ削除したのか
政治」の記事もそうですが
辞書サイトであることをよく考えてから編集してください
5 ななしのよっしん
2017/10/15(日) 20:20:18 ID: IJZzjPX3zU
削除じゃなくて分離みたいだね
6 ななしのよっしん
2017/10/16(月) 23:51:24 ID: JOYXKJmU8k
自分で文章書くのを放棄してコピペに頼る姿勢が嫌い
コピペするにしても少しは文章をまとめなよ
7 ななしのよっしん
2017/10/17(火) 01:09:09 ID: LIAc0w2xKQ
この制度あんま実情と合ってないよな
個別の裁判官で問題があるなら、弾劾制度があるし実際戦後何回か弾劾受けて失職してる裁判官何人かいる

じゃあ人以外の部分で、判決を問題にするかってことだけど、本来は立法で解決すべきことで、よほどおかしいなら内閣の任命とか、名の手前の慣習で決まっている部分がおかしいってことになる。

まあそれでも最低限解職として機があるってことだとしても、解散総選挙に合わせてとか法とは関係ないところで時期が決まる。
だからリコールとしてもイマイチ弱い。

導入する段階のところから異論あったし、70年経ってやっと報道もされるようになったとかメディアの問題もあるけどさ。

活用するにしてももう少し制度として一から練り直したほうがいいと思う。時期は5年に一度にするとかして再審受けられるようにするとか。
8 ななしのよっしん
2017/10/19(木) 11:08:48 ID: cqXke4ibiF
法をる者がコピペ変をする矛盾
9 ななしのよっしん
2017/10/20(金) 14:23:01 ID: Akpwr+aF5P
で落とすことが的じゃないから、別に現状でいいと思うけどなぁ。実質的に罷免が行われるようになったら、それはもう選挙と変わらないわけで。立法や行政選挙によって変わるのは当然としても、法まで駄に多数に引きずられるようじゃ、たまったもんじゃない。
あくまで国民審査は最後の一線で、基本的には裁判所は民(全体)からも独立してるべきだと思う。

……まあ逆に、罷免のハードルを全票数の3/4くらいまで上げる代わりに、頻度は全ての総選挙まで上げてもいいかもしれないが。不定期な解散も、ある種の抜き打ち検だと思えば。
10 ななしのよっしん
2017/10/20(金) 17:32:06 ID: LIAc0w2xKQ
>>9
解散権自体、不意打ちでやるべきものではない、少なくとも議会の同意を得てからやるべきという学説やイギリスでの最近の正例見ると、最高裁判所裁判官の審という、より非政治的で専門性のあることを不意打ちでやったほうがいいってのは変だと思う。
てか、前半の法の専門性の話と矛盾してんじゃん。

それでもなお10年に1度が頻度が低いならば、参議院議員選挙の時期に合わせるか、5年に1度などに変えて独立して行うか。審単体の意義をしたいなら独立して行う方がいいだろう。

まあ審に問題があるというよりは、メディアの問題が大きいと思う。ラジオで特集してたから聞いてみたけど正直週刊誌に毛が生えたレベルのことを専門って呼ばれる人が喋ってたし。
根拠がいわけではないんだろうけど、取り上げ方がまだ慣れてない感じ。

そもそも結構専門でも大変なんだよな。全部の判例見るの。
ましてや素人は判決の見方なんて知らないから、量刑があるかないかくらいしかわからんとおもう。
でも、そこ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
11 ななしのよっしん
2017/10/20(金) 18:56:26 ID: Akpwr+aF5P
>>10
抜き打ち検ってのは、審が近い時期の裁判だけ民受けする判決出したりするの話ね、程度の意味です。まあ衆院解散時期もある程度はわかるだろうけど、「判決に納得がいかないので解散します」ってのはさすがにないと思うので。

要するにが考える国民審査って、「基本専門に任せるけど、一応罷免する権利は持ってるから、が見てもおかしいと思うような仕事はするなよ」程度のものだと思うのです。判例を一々精して~、なんて大変な作業やるまでもなく名前が知れ渡った問題児だけ罷免すればいい。まあ確かに、それなら弾劾制度でいいじゃんって話もあるけど。
だから、頻度は上げてもいいけど罷免のハードルは高くなくてはならない。ちゃんと機させようとするなら半分くらいじゃ全然足りないし、2/3でも少ないかもしれない、3/4くらいは欲しいって話です。
12 ななしのよっしん
2017/10/20(金) 20:04:23 ID: LIAc0w2xKQ
>>11
自分も有効性と根拠の正当性にある程度疑問あるけど、あえて議論のために言うと、現状でも4年以内に1度は必ずあるので、民受けのために判決を下すということは現状でもあるということになるね。
国民審査の影は不明だが、一定程度民の常識を意識しているのは本当だと思う。婚外子差別規定を違と判じたときも、民の支持々みたいな言い回しを使っていた。
また尊属殺法定刑違事件のときも、量刑については違判決を下す以前から配慮していた。
つまり、法解釈において民の判断を仰ぐ事自体を非難する事自体は難しいってこと。

ただもっとこっちのが問題だが、死刑判決を含む問題に裁判員として民を参加させるのは、どうだろうか。こっちはむしろ裁判官が法の安定性を気にして、上級審で変更していることがままある。
つまり、これは一定程度綱引きの問題ではないだろうか。裁判官民の常識を知らないわけではないし、かといってそのまま追認するわけでもない。

ただ、国民審査のせいでそれを気にしてしまうから不定期がい
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
13 ななしのよっしん
2017/10/23(月) 21:43:00 ID: Akpwr+aF5P
そのデメリットはまあ、的には「準備しなきゃわからない程度なら専門を信用しとけ」って立場だから、なんとも。逆方向、つまりよく調べれば裁判官はまっとうな判決出してるんだけど準備不足で民が感情的に罷免するみたいな事例は、さすがにそれで3/4えることはないだろうって仮定の下に成り立ってるのは否定できないが。

急上昇ワード

2020/04/01(水)21時更新