月刊コロコロコミック単語

ゲッカンコロコロコミック

月刊コロコロコミックとは、小学館が発行している子供向け漫画雑誌である。

略称は「コロコロ」、「コロ」。小学生あたりまでの低年齢層をメインターゲットにしている。

概要

1977年3月15日に「コロコロコミック」の名で創刊(1977年5月15日号)。当時のペースは3ヶに一度の季刊。

Webサイトドラえもんチャンネル」に掲載された第3代編集長・平山インタビューによると、当時の「ドラえもん」は学年誌(小学一~六年生)で学年ごとに別内容を描き分けていて、読者の学年以外に読んでいないドラえもんが毎5本も出ることになる。そこで、読んでいない別学年のドラえもんを読めるよう総集編本を出そうという意見がきっかけとなり本誌が創刊された。このような的・経緯から、創刊当初はドラえもんだけで200ページを占め、表ロゴも「ドラえもん」が「コロコロ」という文字の何倍も大きいなど、まさにドラえもん総集編本であった。

その後1977年12月に隔刊となり、1979年3月15日には「月刊コロコロコミック」へと名し刊化。以降毎15日前後に発売され、次第にドラえもん以外にも多様な作品が掲載されるようになっていった。

マスコットキャラは初代が「コロちゃん」、2代目1981年~)は「コロドラゴン」。

よりサイズが小さい反面、やたら分厚いのが本誌の特徴。この形状が「コロコロ」という雑誌名の元ネタとなった。昔は排的・性的な下ネタで笑いを取っていたが、近年は自主規制おとなしくなってしまったらしい。1985年頃の高橋名人ブーム当時には、発行部数60万部が2年で3倍の200万部に達したこともある。

連載作品は「ドラえもん」をはじめとする藤子・F・不二雄作品のほか、ミニ四駆ポケモンカービィゾイドビーダマンベイブレードなどのゲームやホビーなどとタイアップしたメディアミックス作品が中心となっているが、「学級王ヤマザキ」や「絶体絶命でんぢゃらすじーさん」などのオリジナル作品も数多くある。

最長連載は2015年25周年を迎えた「スーパーマリオくん」。なお2016年現在も記録は更新中。

派生誌

1981年創刊の隔刊「別冊コロコロコミック」と、2005年創刊の刊「コロコロイチバン!」が刊行中。ちなみにイチバン!も2011年までは隔刊だった。

また2014年からは、コロコロ卒業した人がターゲット青年誌「コロコロアニキ」を不定期刊行。

休刊したもの

1999年に対年齢が若干高めに設定された「ハイパーコロコロ」と「コミックGOTTA」を創刊したが、触れないでおくし触れてはいけない。小学館的にあれは黒歴史であろう。だって売れなかったんだもの。

2010年には、この黒歴史2誌同様年齢層高めの「コロコロG(グレート)」を季刊として創刊。
コロコロにしては作家が異色のラインナップで、「俺の屍を越えてゆけ」や「デビルサバイバーオーバークロックG」、「ロストプラネット」などのゲーム漫画を掲載していたが、やはり同様に2011年で休刊状態に陥る。

掲載漫画(五十音順)

完結済みも含め、ニコニコ大百科に記事があるもののみ挙げている。カッコ内は作者名。

関連動画

本当に小学生向けとは思えないです。この雑誌…。

関連静画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9C%88%E5%88%8A%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

月刊コロコロコミック

551 ななしのよっしん
2019/03/04(月) 17:00:02 ID: b4l0tjfiJu
ウズマジンが何故バディファイト見たいに受けなかったのか考えてたら漫画含めウズマジン存在自体そのものが駄だって気づいた

カードゲームだと
プラスチックなせいでデュエマよりも高い
・後の漫画のせいでルールが分からない
漫画じゃ
主人公コロコロ子供読者に受けない気弱な性格(実際とある子供向けカードゲームでもそれで失敗してる)
・話が重すぎる
・おい、カードゲームしろよ。な遊戯王な実際のカードゲームルール視や販促視当然の実質リアルファイト
・いきなりい上にもはやカードゲームというのも捨てた2部

これじゃ受けんわ
552 ななしのよっしん
2019/03/28(木) 21:10:45 ID: l820BR7Bqb
トラウママンガマガジンって雑誌が昔あったみたいなんだけど。ちょっとコロコロアニキに似てるんだよね荒れ。ゲームセンターあらしととどろけ一番と男の続編が載ってて、ついでに行き場のないやらオリジナルやら載ってたっていう
まあ3回でこけたらしいけど

こうしてみるとアニキが雑誌として続いてるのがなんかすごい気がする。まあ付録と応募者全員サービスで持ってるような雑誌だけどさアニキ
553 ななしのよっしん
2019/04/01(月) 19:58:02 ID: SdrOGdQghf
今年のエイプリルフール凄いなー
554 ななしのよっしん
2019/04/08(月) 11:16:18 ID: yrKOfS8nbV
未だにじーさんとデュエマの二強なの凄いな
というかコロコロにおけるドラえもんの位置ってどれ程なん?
555 ななしのよっしん
2019/04/08(月) 16:30:55 ID: l820BR7Bqb
巻末だねドラえもん漫画は、
その代り特集には入れるし映画の時には長編のコミカライズ乗るって感じ。
一時期は何故かパーマン乗ってた時期もあるけど。
556 ななしのよっしん
2019/04/08(月) 16:32:07 ID: l820BR7Bqb
レス失礼。全盛期は知らんが悪い言い方すればぶっちゃけ聖域コロコロドラえもんって立ち位置自体は
まあてれびくんのドラえもんにも言えるんだけどさ
557 ななしのよっしん
2019/05/06(月) 10:36:44 ID: TidIApIIbU
おもちゃとかゲームタイアップ漫画ってよくやるけど
あれって作者からしたら漫画自体の人気がなくても打ち切りだし内容が評判良くてもゲームとかが売れなかったら打ち切られるしで作者にはあんまメリットなくない?
仕事が入る分いいのかな?
でもそこそこ人気あったっぽいマスカレード打ち切って流星のロックマン描かせてたのは意味わかんなかったしなあ
クゼ作者も当時描く気満々だったってツイッターで言ってたし
558 ななしのよっしん
2019/05/07(火) 04:45:28 ID: l820BR7Bqb
タイアップ系は確かにデメリットも多いけど
受けたときはでかいからなぁ。
それにオリジナル系のストーリー系と違って作品さえ知ってれば見てもらえる。って利点もあるし
559 ななしのよっしん
2019/06/15(土) 20:56:51 ID: l820BR7Bqb
ミラコロ一位が本誌で読み切り掲載
→ぎり分かる。

ついでにギャグ部門一位も掲載
→は?

いや新人にチャンス与えるのはいいけどさ、
一作だけ本誌に掲載って言った後にもう一本あるとはおもわんて。いやまあミラコロ読んだときに
そこそこ面いと思った漫画だから別にいいけどさ
560 ななしのよっしん
2019/07/27(土) 19:03:07 ID: qMLUyuUetQ
>>lv320846553exit_nicolive

急上昇ワード

2019/08/20(火)06時更新