月刊漫画ガロ単語

ゲッカンマンガガロ

月刊漫画ガロとは、1964年1997年青林堂から刊行されていた漫画雑誌である。
1998年以降より断続的に復刊と休刊を繰り返しつつ別体制で刊行が続いたものの、2002年を最後に媒体では廃刊状態となった。 

概要

1964年、貸本漫画編集者・出版者として知られていた長井勝一が新たに起こした出版社「青林堂」より創刊。
創刊当初は土三の代表作「カムイ伝」の連載の場として用意された雑誌であり、他に水木しげるつげ義春ら貸本漫画で活躍していた漫画家に作品の発表の場を与えていた。

しかし、「カムイ伝」の連載終了後以降は急速に発行部数が落ち込み、青林堂は経営難に陥る。
同誌に掲載される漫画には編集者の作品の干渉を極行わない代わりに、掲載されても原稿料は支払われないという、一般の商業誌ではありえない条件がつきつけられた。
それでもなお、他誌の編集者から「うちでは載せられないけどガロにでも持込すれば?」と言われるのが常套句となるほどの個性的な漫画家を数多く発掘。
池上一、静一、蛭子能収みうらじゅん久住昌之内田春菊しりあがり寿ねこぢる古屋丸、福満しげゆきらがガロより輩出された。

1990年コンピューターソフト開発会社のツァイトが青林堂を買収し、同社の下に入る。
ガロに連載された「南くんの人」がテレビドラマ化されヒットし単行本も売れるなど、1990年代前半に少し経営が盛り返すものの、親会社のツァイトがWindowsへのプラットフォーム移行に乗り遅れ徐々に経営が悪化していく。
1996年には創刊以来関わっていた長井勝一が逝去。さらにCD-ROMで発行した新事業「デジタルガロ」が商業的に大失敗し、大赤字を抱えることとなった。
1997年、経営者の交代に不満を持ったガロ編集部の編集者漫画原稿を持ちだして一斉に退社するという事件が発生。この際に元編集部側が「ガロは乗っ取られた」等と各メディアに発表したことから、青林堂とツァイトは風評被害に見舞われた。結局、ツァイトはこの事件をきっかけに倒産に追い込まれた。

1997年突然の休刊後、青林堂側は「ガロ」を復刊させ漫画体の面への回帰を行ったものの上手く行かず、休刊と復刊を繰り返した後に2002年媒体での発行を止め実質的に廃刊となる。

 元編集部は新会社「青林工藝舎」を設立し、1998年に新雑誌「アックス」を創刊して現在も隔刊で刊行している。
アックス」でも青林工藝舎の経営難のため雑誌掲載時の原稿料は支払われておらず、その引き替えとして編集者側からの漫画への干渉は極行われないという往年の「ガロ」のスタイルを貫いている。

世の中の漫画は「ガロ系」と「それ以外」の2つに大きく分けられます。みうらじゅん:談)

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9C%88%E5%88%8A%E6%BC%AB%E7%94%BB%E3%82%AC%E3%83%AD

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

月刊漫画ガロ

1 ななしのよっしん
2014/10/19(日) 23:16:06 ID: Wt1PSKuecm
記事作成おめでとう
2 ななしのよっしん
2016/01/05(火) 01:48:33 ID: T8RS0Xy3fu
>>青林堂とツァイトは風評被害に見舞われた。
実際乗っ取られたようなもんじゃん。
3 ななしのよっしん
2016/06/23(木) 20:43:48 ID: 5L0s3+6ZeB
いわゆる「危ないサブカル」か。やっぱ冷静な視点に立ったストッパーの存在って大事だな
4 ななしのよっしん
2017/03/09(木) 22:43:07 ID: QfrH+FGFvC
原稿料支払われないは良く言われてたみたいだが、ただの噂でホントじゃないよ カムイ伝の作者とか大御所がいらないって言ったパターンはあったみたいだが
5 ななしのよっしん
2017/03/09(木) 22:45:32 ID: QfrH+FGFvC
あとアックスは安いけど払ってるよ こっちは噂にすらなってねーぞ
6 ななしのよっしん
2017/03/09(木) 23:08:51 ID: gFOxY9zDbx
アックス』は確か応募要項に原稿料は出せないからそこのところをよく考えて持込みしてくださいとか書いてたよ。あと、原稿料出ない代わりに本誌掲載のストック溜まったら必ず単行本は出してくれるとか聞いた事ある。