有吉道夫単語

アリヨシミチオ

有吉道夫(ありよしみちお)とは、将棋棋士である。棋士番号66。岡山県出身。大山康晴門下であり、同郷の誼でもあるとともに仲の良い師関係を保っていた。

火の玉流といわれる一気呵成の攻め将棋で知られる。また、うちに秘めたる闘志は気迫るものがあり、ベテランになっても若手棋士に混じって遅くまで練習に明け暮れていたというほどの闘志の塊であり、本当の勝負師であった。ちなみに、豊川孝弘ダジャレで味の良い手を、味よしと呼んでいるが、実際有吉本人も筋の良さと棋理の明るさで知られ、王道に見える中にも色々な新手を編み出しており、が多かった当時からすると、現在の若手棋士のように研究とデータ分析を好む性質でもあった。この日頃の努が長い棋士人生を育んでいる。

概要

タイトル棋聖1回。棋戦優勝は9回。19歳でプロ入りし、74歳までし続け、通算で勝ち越している(加藤一二三と並び、10001000敗を達成した棋士である)、昭和を代表する強棋士の一人。特に同年代の内藤國雄とは宿命のライバルでもあった。

また、55歳でA級に復帰してからは、61歳までA級に在位したなど息の長い棋士でもあり、C2級の降級規定により74歳で引退したが、その時の竜王戦在位は5組であったなど、まだまだやれる棋を残していたという、丸田祐三加藤一二三に並ぶ高性能じいちゃんであった。

当時は中原誠米長邦雄内藤國雄加藤一二三原田泰夫沢博文といった人気棋士がいたため、その陰に隠れてしまっていたが、1974年から1989年まで日本将棋連盟理事を務めているなど、陰で将棋界を支えた人物である。

趣味散歩囲碁ぐらいで、若い頃から節制を守り、将棋以外の遊びを覚えなかった棋士でもあり、それも地味と思われている一因かも知れない(棋界きってのだった沢博文からはつまらん男と呼ばれていたりもした)。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9C%89%E5%90%89%E9%81%93%E5%A4%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

有吉道夫

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 有吉道夫についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!