有機化学単語

ユウキカガク

有機化学とは、有機化合物すなわち炭素化合物の合成、性質についての研究を的とする化学の分野である。

概要

炭素炭素を含む様々な元素と結合し、結果多様な物質を生む。そのために化学においては重宝されている元素である。

かつては有機物は生命体からでないとできないと言われていたが、1828年にフリードリヒ・ヴェーラーが、シアンアンモニウム溶液から尿素を生み出すことに成功(ヴェーラー合成)した。

またウォーレスカロザースにより、1935年に人工繊維「ナイロン」の合成に成功。

これが現在までに至る様々な人工物質の生産や利用の始祖と考えてよいだろう。

有機化学というと機物質である金属は関係ないのかというとそうではない。

触媒としてプラチナなどが利用されたり、グリニャール試に代表される有機金属などにも利用されており、有機金属化学という一大分野を築いている。むしろ有機化学と付き合っていく上で金属は避けて通れない(避ける必要はないけど)。

有機合成化学

化学は創造の学問と言われるが、有機合成化学はその最たるものだと思う。

ヴェーラーの合成に始まった人の手による有機化合物の合成は、今や自然界に存在する化合物ばかりでなく、自然界に存在しないもの、天然に存在するものの性質をさらに良したもの、人間の想像したもの(ナノプシャン)などを現実作り出している。

このような学問は有機化学をおいて他にないものと言える(化学とか化学以外にもあるけど)。実際に分子をで見ることはできないけれども、分器などでその存在を確認することは出来る。

化学の研究室(実験室)といったらエバポレーターがクルクル回って試棚に試がずらりと並び、よくわからないガラス器具をいじくって反応させて(爆発して焦げ?になる)るというイメージがまず浮かぶという人は多いと思う。それくらい有機合成化学化学形であると思う。

実際には、男ばかりでがなくて、品臭さと地味な作業の毎日で幻滅したという人もいるはずだ。しかし、苦労して的の物を合成したり新しいものを創りだした時の喜びはモノづくりのそれに繋がるものがある。

変態と思わそうであまり人には言えないけど、マジで何段階もかけた化合物には着がわいてしまう。という経験のあるひとは多いはず。

とにかく、勝手に思いつくまま有機合成化学への思いを数行だけ書かせてもらったけど、日本はこの分野で世界トップクラスにある。

先人たちのおかげでもあるし、それだけの熱意を注ぎこむだけの面さが詰まっている学問だと思う。せっかくいい環境にあるから有機化学を志してるかそんな気のある人には盛り上げて行って欲しいと思います。

関連動画

関連商品

一般向け

受験生向け

大学生向け

大学院生向け

関連項目

関連サイト

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9C%89%E6%A9%9F%E5%8C%96%E5%AD%A6

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

有機化学

4 ななしのよっしん
2012/01/27(金) 15:49:57 ID: VUWmVqq6s8
使いどころは分析
色変わるよ!
タイトル:えりおくろむぶらっくT
画像をクリックして再生!!
 
Twitterで紹介する

5 ななしのよっしん
2012/02/03(金) 12:02:57 ID: pAtqymryZZ
>>4
NNではなくてN=Nじゃね?
BTは錯滴定ぐらいにしか使ったこといなぁ。。
6 torutoru
2012/03/03(土) 23:49:43 ID: SisEWsYza7
化学といったら合成化学
合成化学といったらエバポ
タイトル:エバポ
画像をクリックして再生!!
 
Twitterで紹介する

7 ななしのよっしん
2012/03/14(水) 04:51:20 ID: XlwTStdQuw
しかし何度みても>>1の状況笑えるな
殺伐としたスレに鳥取県が!のAAと同じものを感じる
8 ななしのよっしん
2013/09/23(月) 13:33:57 ID: rnTL2FI3oW
 お前らを感じた
9 ななしのよっしん
2015/07/29(水) 22:45:20 ID: BOZg2YyK/v
大百科があったとはな。高校ではエステル結合や基分離がパズルのように面かったのに、
大学行くと立体配置や電子の動きや偏りを考えるせいで機とは逆に一気に苦手になったな。

基:グリニャール試(R-MgX ; R=炭化水素, X-ハロゲン)の生成物について

R'-OH → R'-OMgX + R-H        (アルコールアルコキシド + 炭化水素)
R'(R")-O → R-R'-R"-OH         (エポキシドアルコール(ただし立体障がR'<R")【注:SN2反応】)
HCHO → R-CH2-OH            (ホルムアルデヒド ⇒ 第一級アルコール)
R'-CHO → R(R')-C-OH           (アルデヒド ⇒ 第二級アルコール)
R'(R")-C=O → R'(R")-CR-OH       (ケトン ⇒ 第三級アルコール)
R'-COO-R" → R'-CR2-OH + R"-OH  (エステル ⇒ Rが二つ置換した第三級アルコール + アルコール)
R'-COX' → R'-CO-R → R'-CR2-OH  (ハロゲンアシル ⇒ ケトン ⇒ Rが二つ置換した第三級アルコール)
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
10 ななしのよっしん
2016/02/10(水) 04:35:26 ID: qPc1FHTpmo
有機化学の記事はあるのに、化学の記事はないんね。

浮気が先か別れるのが先か?

別れが先→【SN1反応】・・・①[脱離]②カルボカチオンに[核攻撃]
電離〈速段階〉(別れ)→カルボカチオン(男)核攻撃(新たな出会い)→ラセミ化(ラセミ体(=対体等量混合物)の生成)

浮気が先→【SN2反応】・・・①[核攻撃]②[脱離](③[ワルデン反転])
攻撃されるC原子(男)の脱離基(付き合ってる女)とは反対の方向(背面)から核試浮気相手)がCとつっくつ(浮気)→脱離基(付き合ってる女)がCと別れる→核、脱離に関係ない3つの置換基の間的な並び方が変わる(強向きが変わってがひっくり返る感じ)

書いてて思ったけど、イメージと実際の反応がごっちゃになっててわかりずなくなってしまった。大学テキストをみて痴漢反応に対する自分のイメージは上みたいなんだけど、あってるかな?間違ってたら摘してくれるとうれしいです。
11 ななしのよっしん
2018/06/03(日) 09:22:37 ID: YzYgTt3lq9
自分は逆に大学入って一気にハマった口だわ
12 ななしのよっしん
2018/06/21(木) 23:47:00 ID: KpU3fuImme
世界を創る受け攻め理論
13 ななしのよっしん
2018/07/20(金) 13:30:57 ID: dZL0c9Hjz0
習う程おクスリ屋さんになるのはやばい(業的な意味で)と実感させてくれる素敵な学問