有藤通世単語

アリトウミチヨ

有藤通世(1946年12月17日~)とは、ロッテオリオンズに所属していた元プロ野球選手である。

現役時代はプロ入りから引退まで一貫してロッテに所属し「ミスターロッテ」と呼ばれ、選手引退後はそのままロッテ監督も務めた。
1975年途中から1989年までの登録名は有藤道世。

概要

OB
有藤通世
基本情報
出身地 高知県
生年 1946年12月17日
身長
体重
186 cm
82 kg
選手情報
投球・打撃 右投右打
守備位置 三塁手外野手
プロ入り 1968年
引退 1986年
経歴
選手歴 監督
プロ野球選手テンプレート

生まれは名古屋だったが有が2歳の時に両親が離婚高知移り、そこからの手一つで育てられた有中学から野球を始め、そのまま高知高校に進学すると3年次には甲子園に出場するが有は初戦で顔面に死球を受けてしまい、チームの優勝を病院ベッドの上で見届けるという非常に悔しい体験をする。

庭ゆえに卒業後は働くつもりでいたが、周囲の支援もあって特待生で大学に進学、大学では外野手遊撃手を経て三塁手に定着しのちに南海に所属する藤原満と三遊間を組んだ。

史上最高の大豊作と呼ばれた1968年ドラフト会議で、東京オリオンズ(翌シーズンよりロッテオリオンズ。ただし、この時点ではロッテはあくまでスポンサー契約)から1位名を受け入団した。この年は大学生では「法大三羽」と呼ばれた田淵幸一山本(現:浩二)、冨田勝に加え明治大学星野仙一が大きな注を集め、って1位名された。

名当初は社会人野球に進むかで迷っていたが、「25歳までにレギュラーを取れなかったら大学職員として戻る」という約束を取り付けてプロ入りを決意した。

1年1969年は、かつてオリオンズで「ミサイル打線の4番」として活躍した山内一弘が着けていた背番号8を与えられるなど大きな期待をかけられる。5月にスタメン出場の機会を得るとそのままレギュラーに定着し、打率.28521本塁打55打点という成績を残して新人王を獲得ベストナインにも選出された。

1970年は開幕を4番打者で迎えた。シーズン中はに5番打者を務め、打率.306リーグ6位)、25本塁打80打点という成績を残しチームの優勝に貢献した。オールスターにも初選出される。しかし、日本シリーズでは中心打者のアルトマンが巨人四球攻めにあったこともあり日本一は逃す。

金田正一監督に就任した1973年は3番打者としてチームを牽引し、打率も3割ちょうどに戻した(リーグ9位)。翌1974年プレーオフ(前年よりパ・リーグは前期後期制導入)で阪急ブレーブスを下しパ・リーグ優勝を果たすが、有自身はシーズン終盤に故障で長期欠場してしまった。中日ドラゴンズとの日本シリーズでは復帰し、MVP田澄男に譲ったものの打率.429で打撃賞&技賞にいた。

1977年にはキャンプ左手首の腱炎を発症し、シーズンでもダイビングキャッチをした際に負傷、死球で肘を痛めるなど満身創痍の状態であり、入団から8年連続続いていた20本塁打が途切れ16本塁打に終わるが、打率.329で初タイトルとなる首位打者を獲得

落合博満首位打者を獲得した1981年シーズン終了後に契約期間を1年残した山内一弘突然辞意を表明してしまう。後任探しは大混乱に陥り、本社は有の兼任監督就任を推したが、光武オーナーの反対によりこの話は流れた(近鉄バファローズの打撃コーチとして留任が決まっていた山本一義を「引き抜く」ことで監督問題は決着した)。兼任監督を免れた有1982年打率.301リーグ7位)を記録した。

稲尾和久監督に就任した1984年は外野転向を受け入れ、三塁を落合に譲った(本人く「サードより難しくて、素人が守れるポジションではない」とのことであった)。いた一塁には巨人から移籍した山本功児が入り、自身初の規定打席到達と打率3割(.301リーグ9位)を記録した。

1985年7月11日阪急戦で星野伸之からパ・リーグの大卒選手では初めての2000本安打を達成するが、この年には16年連続で到達していた規定打席にも到達できなかった。翌1986年も現役を続行するが、結局この年限りで引退した。

現役引退後

が現役を引退した1986年オフ監督を務めていた稲尾和久が解任され(ロッテ福岡移転構想を持っており、それが頓挫したため稲尾を監督にする理由がなくなった)、有自身は金田正一が就任すると思っていたのだが、稲尾の後任には現役を引退したばかりの有名される。

稲尾解任の噂はシーズン中から流れており、稲尾を慕う打者の落合然とトレード要を口にするような状況であった。巨人へのトレードが成立かと言われていたところに星野仙一監督率いる中日ドラゴンズが横から手を上げ、ストッパー牛島和彦を要するロッテの要望をのんで中日とのトレードが成立した(落合はこのトレードは有導で行われたとしており、両者のどちらの言い分が正しいかは今もわからない)。

そんな中でスタートした1987年落合が抜けた余りにも大きく、ロッテシーズンを通じて4番打者を固定できずにいた。当初期待されていた古川慎一は打率が振るわず、すでに39歳になっていたリーは衰えがしく、決して大砲ではない高沢秀昭を4番打者に据えるしかないようなチーム状態であった。若き愛甲猛もまだまだで、完封負けは17度、本塁打は前年の171本からリーグ最少の104本、チームトップ本塁打数も古川のわずか12本と終始貧打に悩まされ続けた。「機動野球」の宣言どおりにチーム盗塁数こそトップの152個を記録したが、打線西村徳文の2年連続盗塁王くらいしか明るい話題がなかった。
投手は移籍の牛島和彦が24セーブを挙げ最優秀救援投手タイトルを獲得し、の加入で先発に戻った荘勝雄が孤軍奮闘(防御率リーグ10位)して最下位転落だけはかろうじて免れた。

1988年は貧打解消のため、メジャーから通算2008安打首位打者4度の実績を持つビル・マドロックを獲得した。チームは序盤こそ好調で5月には一時2位にも立ったが、後半戦からは連敗を重ねていき、最終的に前年よりもさらに下の最下位にまで転落してしまった。期待されていたマドロック37歳とピークを過ぎていたこともあり打率.263、19本塁打61打点と期待されていたほどの成績は残せなかった。
一方他の打者はというと愛甲猛は5番で打率.28617本塁打63打点と気を吐き、西村55盗塁で3年連続盗塁王を獲得、高沢秀昭も打率.327首位打者を獲得している(ただし高沢に首位打者を獲得させるため、阪急松永浩美に対して11打席連続で四球(12打席抗議三振)を与えたことは問題視されている)。
投手は荘勝雄、小川博、園川一美村田兆治先発4名が2桁勝利を挙げたが、防御率が急に悪化するなどリリーフが不安定でついに最下位に転落してしまった(チーム防御率リーグ最下位)。

またこの年ロッテがもっとも注されたのが10月19日に行われた近鉄とのダブルヘッダーである。勝率西武を上回り優勝するためには近鉄ロッテに2連勝しなければならないのだが、ダブルヘッダー2戦においてロッテは時間切れによる引き分けに持ち込んだことで近鉄の優勝が消滅し、西武の優勝が決定。
この試合において有は9回に古川が牽制でアウトになったプレイに対し「大石(第二朗)が古川ベースから故意に押し出した」として9分間に渡る抗議を展開したため、結果的に近鉄が時間切れ引き分けに終わったのは有に原因があるとして、有の元には多くの抗議が寄せられたという。ただし、ロッテの選手は第1試合で活躍した佐藤健一が第2試合で死球を食らった時に、近鉄仰木彬監督が心い言葉をかけたことで「絶対に優勝させてやるもんか!」と団結したと言している。

1989年は「ランボー」の称で親しまれたマイクディアズを獲得、シーズンでも39本塁打105打点と大爆発西村も42盗塁で4年連続盗塁王を獲得した。愛甲も初の3割(打率.303リーグ8位)を記録した。
投手先発に転向したが12勝を挙げ(防御率リーグ10位)、荘も5年連続の2桁勝利を記録する。村田兆治が通算200勝を達成した上に防御率2.50で最優秀防御率も獲得するが、他の投手が軒並み不振に陥り、勝率3割代(.393)という屈辱で2年連続で最下位となった。

この結果を受けて有監督を辞任、後任として金田正一が復帰した。

のちにこの監督時代について有は「本当は1年に辞めたかった、負けてばかりで悔しい、選手からいきなり監督はやるべきではない」と回想している。

ちなみに「ミスターロッテ」という称は本人ではなく金田正一が考え、それをマスコミに宣伝した結果染んだものとのこと。

また有が着けていた背番号8はしばらく準永久欠番として扱われていたが、2005年に有と同じ三塁手である今江敏晃が受け継ぎ、この年から今江はレギュラーに定着し、日本シリーズMVPベストナインゴールデンラブく等の活躍を見せている。

空前絶後の大豊作ドラフト

1968年ドラフト会議といえば、後の名球会会員を7人も排出したことで名高い。1位名選手としては記事中にも名前が出てくる有藤通世と山本浩二の他、阪急ブレーブス山田久志西鉄ライオンズ東尾修名球会入りを果たしている。1位以外でも阪急2位加藤秀司、7位の福本豊中日ドラゴンズ3位の大島康徳が果たした他、後に南海ホークスに入団して名球会入りを果たした門田博光阪急から12位名されていた。

通算成績

野手成績

通算:18年 試合 打席 打数 得点 安打 本塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺打 打率 出塁率
NPB 2063 8149 7303 1171 2057 348 1061 282 29 49 691 77 1204 205 .282 .348

監督通算 

通算:3年 試合 勝利 敗戦 引分 勝率
NPB 390 153 213 24 .418 Bクラス3回

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9C%89%E8%97%A4%E9%80%9A%E4%B8%96

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

有藤通世

1 ななしのよっしん
2014/07/15(火) 13:00:31 ID: W8+eKl3Yz5
ゆるキャラ興味を持たれた模様
>>sm24005334exit_nicovideo
2 ななしのよっしん
2015/06/01(月) 05:28:21 ID: wOPz8Jz+4l
名選手かもしれんが、リーや落合への仕打ちなど老害という言葉のよく似合う人物でもある
3 ななしのよっしん
2017/10/19(木) 23:51:38 ID: yn1W8KiYFT
あの時から有の評価は「最下位のくせに10.19で空気の読めない抗議を繰り広げて近鉄の優勝を潰した大戦犯」で決まってしまったし、今後も変わることもない
かわいそうだとは思うが、監督としては無能だったし仕方ない
4 ななしのよっしん
2018/12/18(火) 15:55:08 ID: aCYA7BeKe+
テリー伊藤く、監督時代を「北朝鮮方式」で落合を埋めるとか書いてあった。
5 ななしのよっしん
2019/07/03(水) 21:04:27 ID: YmtJ9ETPrj
10,19の後しばらく近鉄ファンからずっと
死ねと言われ続けてたな。

急上昇ワード