有馬菜々単語

アリマナナ

有馬菜々(ありま なな)とは、ライトノベルマリア様がみてる』及びそれを原作とするアニメの登場人物である。

担当声優生天目仁美鳥居江利子役と兼任)。

概要

21巻「スール)オーディション」から登場。福沢祐巳より2学年年下で、初登場時はリリアン女学園の中等部3年生だった。三人のをもち、いずれもリリアン剣道部のライバル太仲女子高の剣道部員であり、彼女だけが祖の養子となり名字も「田中」から「有馬」に変わっている。剣道の試合を観戦した時に、江利子から(プティスール)を作るよう迫られた島津由乃と偶然出会い、その場に江利子も駆けつけた際に由乃からと紹介されてしまう。その後中等部であることが明らかになったため、即座に姉妹になるわけにはいかなかったが、学校外で次第に由乃と行動をするようになり、剣道の試合を通して由乃のおさまである支倉令からも認められるようになる。果たして、リリアン高等部に進学すると、薔薇さま(ロサ・フェティダ)に就任した由乃となり、1年生にして薔薇つぼみ(ロサ・フェティダ・アン・ブゥトン)となった。

菜々は外見やのみならず、面いことを見つけると止まらないところなど、江利子をそのまま小さくしたようなキャラクターである。由乃に選んだのが、彼女が最も苦手としている江利子とそっくりなタイプというのも、何とも皮な話である。それはともかく、はきはきして明るい性格であり、由乃をはじめ先輩達を立てるなど器用で要領も良い菜々は、由乃から未来として山百合会に紹介された際、皆から歓迎されて本人もすぐに染むようになった。山百合会の若手のホープとして、彼女がこれからも大いに貢献することは想像に難くない。

ファンからの扱い

そんな彼女不運は、あまりにも登場するのが遅すぎたことである。まだ中学生だったこともあり、リリアン高等部で起こるイベントや事件にもあまり関わることができず、ようやく山百合会のメンバーになった途端、肝心のマリみて本編事実完結してしまったのである。そのため、菜々のキャラクターを充分に生かすことができなかったのが残念でならない。アニメでも四期からの登場となったが、尺の都合上松平瞳子ストーリーが重視された結果、出番が大幅に削られてしまい、次回予告で辛うじて薔薇ファミリーエピソードられる程度に終わってしまった(このため、その補ドラマCDで補われている)。

こうした不遇な部分も多い菜々だが、ファンアートの数は決して少なくない。マイペースで怖いもの知らずな性格故か、由乃以上にアクティブキャラクターとして描かれることも多く、かつて由乃を翻弄していたかのように、今度は菜々が由乃を振り回すパターンが多数を占める。キャラクター的にもおいしいところが多いので、不定期でも良いから新体制の山百合会による「マリア様がみてる」の新作が作られて欲しいと願っているのは編集者だけではないはずだ。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9C%89%E9%A6%AC%E8%8F%9C%E3%80%85

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

有馬菜々

1 ななしのよっしん
2012/04/10(火) 10:29:13 ID: +V1ju748vk
色がネタバレ…w
2 ななしのよっしん
2013/03/17(日) 00:52:08 ID: vtLsFjGc8G
マリみて登場人物シリーズ書いてるの同一人物か?
菜々と由乃キャッキャウフフがもっと見たかった

急上昇ワード