有馬記念単語

アリマキネン
7.4千文字の記事
  • 14
  • 0pt
掲示板へ

2009年有馬記念 ドリームジャーニー号 口取り式

中山グランプリ
有馬記念
中山競馬場・芝2500m


中央競馬の1年を締めくくる大レースが、有馬記念である。格付けはGIで、中山競馬場の芝2500mコースで行われる。

概要

沿革

日本競馬安田伊左衛門から中央競馬2代目理事長の座を譲り受けた有馬頼寧(ありま よりやす)はファンサービス競馬イメージアップに尽した。有馬中山競馬場でも東京優駿に匹敵する大レースの開催を考え、年末にプロ野球オールスターゲームを基にしたファン投票で出走を選ぶ形式を発案。

年末の中山開催は中山大障害ほどしか玉がい上、当時の天皇賞は勝ち抜け制度があり、天皇賞が出られるレースが少ないという問題も抱えていた。その年に活躍した3歳(旧4歳)と古の直接対決の機会もかったため、この計画はとんとん拍子で受け入れられる。折しも1956年中山競馬場の新スタンドが落成。新スタンド落成記念競走とし、1956年12月23日に芝2600mで「第1回 中山グランプリ」を開催。優勝は200万円で東京優駿と同額(天皇賞150万円)となった事からこのレースにかける期待の高さが伺い知れる。中山グランプリは8000万円以上の売上を誇り大成功に終わったが、翌年1月有馬は急逝。1957年の第2回から有馬の功績を称え、「有馬記念」と名称変更され、「グランプリ」の副題がつくことになった。

2007年からは日本パート1になることに伴い、際競走に定されている。ただし、外調教2007年から2021年まで一度も出走したことはない。

2016年からは賞が3億円に増額され、ジャパンカップと並び内最高賞レースとなる。2022年からは、4億円に増額予定(ジャパンカップも同様)。

中央競馬の1年を締めくくるレースのため、キリの良いこのレースラストランとする競走馬も数多い。またジャパンカップと並び、3歳三冠戦線を戦った3歳と歴戦の古が一堂に会するレースとして注を集め、後述の通り創設以来数多くの名レースドラマが生まれた。そのためレーティングは高い準でキープしており、ジャパンカップレースレーティングトップの座を争っている。だが近年は距離適性を考慮して香港国際競走を選択するもいる。また2017年ホープフルステークスG1に昇格し、開催年によっては有馬記念後の開催となることもあり、年内最後のG1にはならないことも(2020年は有馬記念の前日に開催)。なお、地方競馬を含めれば中央競馬の開催終了後の12月28日(2021年は29日)に開催される東京大賞典内最後のG1になる。

年末は地方競馬東京大賞典競輪KEIRINグランプリ、競艇賞金王決定戦オートレーススーパースター王座決定戦と公営競技ビッグタイトルが相次いで開催されるが、その中でも特に人気を集めるのが有馬記念であり、競馬をあまり知らない人にもダービーと並んで知名度が高い。そのためか馬券の売り上げはJRAどころか世界一記録し、1996年の売り上げ約875億円はギネスにも認定されている。創設間もないアメリカブリーダーズカップの全レースを合計しても有馬記念1レースの売り上げに及ばなかったという逸話もある。

ちなみに、現在使用されているすぎやまこういち作曲東京中山G1ファンファーレが初めて流れたのは、1986年の第31回有馬記念である。

創設者・有馬頼寧について

有馬頼寧は、戦前久留米有馬氏(有馬則頼の子孫)の当として伯爵。農政学者として活躍する一方、戦時体制に移行する間際には農大臣も務めていた人物である。

中央競馬における功績は「中山グランプリ」の開催の発案の他、ファンサービスの充実(ラジオNIKKEI競馬中継は有馬任期時代に始まった)や、老朽化していた施設を築するための開催の実施(他競技でいう「施設善開催」)を実現したことなどが挙げられる。また有馬戦前には部落解放運動や農漁村文化協会、関東大震災を失った孤児を受け入れる児童福施設の立ち上げなど社会運動に携わる一方、東京ネタース(戦時中に解散したため正規の後継はないが、チームにいた人材がを現在北海道日本ハムファイターズを立ち上げた)や日本卓球協会といったスポーツにも尽戦後職から追放されたが、農省関係・スポーツに関する知識の深さを買われ、特殊法人となった競馬日本中央競馬会に招かれる形となった。

息子の頼義は直木賞を受賞するなど作家として活躍。その子は久留米有馬氏と繋がりの深い東京水天宮神職を務めている。またの1人は旧和野亀井ぎ、その孫が亀井亜紀子元衆議院議員である。他の斎藤実の子供関東方の子孫で江戸時代喜連川を務めた足利いでいる。

レース傾向

第1回から第4回までは芝2600m(内回り)、第5回から第10回までは芝2600m(外回り)、その後第11回から芝2500m(内回り)になって現在に至る。

中山競馬場外回りコースの終端部に近い位置にスタートがあり、約200mの直線の後に第3コーナーに入る。最初の直線が非常に短く、直ぐにコーナーに入っていくために外は外外を回らされる不利なコースである。特に大外15,16番(中山競馬場2500mのフルゲートは16頭)は超絶不利と言っても良いコースで、有馬記念史上16番以降の馬券圏内に入ったことは一度もない(ただし70年代以前は10頭前後の少頭数で行われることが多かったので、この問題が顕在化していなかった)。

2021年時点の詳細情報は、以下の通り。

出走資格
3歳以上(未勝利・未出走は不可)
負担重量
定量 3歳55kg 4歳以上57kg 2kg減
本賞金
1着3億円、2着1億2000万円、3着7500万円、4着4500万円、5着3000万円
出走可頭数
16頭
出走選定方法
  1. 第1回特別登録を行ったJRAのうちファン投票上位10頭
  2. 以下の順序で決まる優先順位が上位の
    1. 自己条件が高い(オープン3勝クラス2勝クラス1勝クラス)
    2. 出走決定賞が高い順

主な前走・前哨戦

競走名 格付 施行競馬場 施行距離 間隔
菊花賞 GI 京都競馬場 3000m 9週
天皇賞(秋) GI 東京競馬場 2000m 8週
エリザベス女王杯 GI 京都競馬場 2200m 6週
ジャパンカップ GI 東京競馬場 芝2400m 4週
ステイヤーズステークス GII 中山競馬場 3600m 3週

伝説のレース

年末の大一番、オールスター戦として行われる有馬記念。必然的にライバル戦やラストランも多く、伝説レースを多数生み出した。

1965年 シンザンが大外埒沿いから一気に抜け出し、史上初の5冠達成。
1970年 スピードシンボリが史上初の連覇達成。海外を転戦した7歳引退を飾る。
1977年 トウショウボーイVSテンポイントマッチレース。直線でグリーングラス一気に追い込むがテンポイント優勝TTGそろい踏み最後のレース
1979年 引退レースとなったグリーングラスメジロファントムの猛追を振り切り優勝TTGは3頭とも有馬記念ウィナーとなる。
1982年 ヒカリデユール優勝公営愛知競馬出身のサラ系が連覇を狙ったアンバーシャダイ以下、中央で走り続けた良血下克上を果たす。
1985年 シンボリルドルフが史上2頭の連覇、7冠達成。フジテレビ盛山毅アナの実況世界ルドルフやはり強い!日本ミホシンザンを離す!」が有名。
1987年 3番人気メリーナイスがいきなり落、1番人気サクラスターオーが故障で大波乱。枠連4-4、ゾロ万馬券決着となりスタンドと全競馬ファン阿鼻叫喚に。
1990年 オグリキャップ復活ラストラン。観客入場者数レコードとなる17万8千人の「オグリコール」がいた(リャイアン!リャイアン!)
1991年 14番人気最強一発屋ダイユウサクが一世一代の大走でレコード優勝有馬初にして史上一の単勝万馬券となり、スタンドと全競馬ファン阿鼻叫喚
1992年 15番人気メジロパーマーが大逃げ優勝。2着にも5番人気レガシーワールドが入った事で馬連3万馬券となり、前年に続きスタンドと全競馬ファン阿鼻叫喚
1993年 トウカイテイオー奇跡復活! 故障のため一年明けとなったレースを制し、GI勝利最長間隔記録を作る(そのナイスネイチャが3年連続3着の記録達成)
1996年 概要にもある通り、世界最高の馬券売上を記録したレースサクラローレル勝利し、引退を控えたサクラ軍団の専属調教師太郎に最後の勲章をプレゼント
1999年 グラスワンダーVSスペシャルウィーク最後の死闘。4センチ差でグラスワンダー優勝し史上3頭の連覇達成。勝利を確信したスぺ上・武豊の2着ウイニングランでも有名。
2000年 テイエムオペラオー絶体絶命包囲網を打ち破り、年間敗で古王道全制覇を達成。
2003年 シンボリクリスエスが9身差の圧勝で史上4頭の連覇達成。2021年現在最大着差での勝利記録
2004年 ゼンノロブロイタップダンスシチーとの闘を制し、三冠達成。記録したレースレコードタイム現在まで破られていない。
2005年 ハーツクライ敗の三冠馬ディープインパクトに土をつける勝利。ディープ当てのミーハー観客達は然・騒然。
2006年 ディープインパクトラストラン。昨年の辱を果たし、種牡馬として第2の快進撃へ。
2008年 ダイワスカーレットが37年ぶりに優勝を果たす。が1番人気優勝は史上初。
その裏でアドマイヤモナークエアシェイディの人気薄2頭が馬券圏内に入り、3連単98万5880円と有馬史上最高配当を叩き出す大波乱を起こした。
2012年 ゴールドシップが向こう正面最後方からまくり、15頭ごぼう抜きの圧勝。
2013年 オルフェーヴルVSゴールドシップ、史上初の勝ち対決が実現。
ラストランオルフェーヴルが8身差の圧勝で有終の美を飾る。
2014年 ジェンティルドンナラストラン中山競馬場初出走にも関わらず優勝し7冠達成。「最強」を明した。
2017年 キタサンブラックラストラン過去2回の敗北を糧に、マイペース逃げ切り勝利で7冠達成。獲得賞額が当時の歴代1位に。
2019年 史上最多のG111頭が出走。リスグラシューが5身差の圧勝でラストランを飾る(そので一番人気アーモンドアイが9着撃沈し、約200億馬券に)

歴代優勝馬

回数 開催日 優勝 性齢 勝利騎手 勝ち時計 動画
第66回 2021年12月26日 エフフォーリア 3 横山武史 2:32.0 sm39808654exit_nicovideo
第65回 2020年12月27日 クロノジェネシス 4 北村友一 2:35.0 sm38028026exit_nicovideo
第64回 2019年12月22日 リスグラシュー 5 D.レーン 2:30.5 sm36119062exit_nicovideo
第63回 2018年12月23日 ブラストワンピース 3 池添謙一 2:32.2 sm34361301exit_nicovideo
第62回 2017年12月24日 キタサンブラック 5 武豊 2:33.6 sm32471057exit_nicovideo
第61回 2016年12月25日 サトノダイヤモンド 3 C.ルメール 2:32.6 sm30297320exit_nicovideo
第60回 2015年12月27日 ゴールドアクター 4 吉田隼人 2:33.0 sm27883162exit_nicovideo
第59回 2014年12月28日 ジェンティルドンナ 5 戸崎圭太 2:35.3 sm25227312exit_nicovideo
第58回 2013年12月22日 オルフェーヴル 5 池添謙一 2:32:3 sm22505433exit_nicovideo
第57回 2012年12月23日 ゴールドシップ 3 内田博幸 2:31:9 sm19648906exit_nicovideo
第56回 2011年12月25日 オルフェーヴル 3 池添謙一 2:36.0 sm16520369exit_nicovideo
第55回 2010年12月26日 ヴィクトワールピサ 3 M.デムーロ 2:32.6 sm13136140exit_nicovideo
第54回 2009年12月27日 ドリームジャーニー 5 池添謙一 2:30.0 sm9214206exit_nicovideo
第53回 2008年12月28日 ダイワスカーレット 4 安藤勝己 2:31.5 sm5684907exit_nicovideo
第52回 2007年12月23日 マツリダゴッホ 4 蛯名正義 2:33.6 sm4363538exit_nicovideo
第51回 2006年12月24日 ディープインパクト 4 武豊 2:31.9 sm2935983exit_nicovideo
第50回 2005年12月25日 ハーツクライ 4 C.ルメール 2:31.9 sm3095109exit_nicovideo
第49回 2004年12月26日 ゼンノロブロイ 4 O.ペリエ R2:29.5 sm2314771exit_nicovideo
第48回 2003年12月28日 シンボリクリスエス 4 O.ペリエ 2:30.5 sm3708016exit_nicovideo
第47回 2002年12月22日 シンボリクリスエス 3 O.ペリエ 2:32.6 sm6819883exit_nicovideo
第46回 2001年12月23日 マンハッタンカフェ 3 蛯名正義 2:33.1 sm3557123exit_nicovideo
第45回 2000年12月24日 テイエムオペラオー 4 和田竜二 2:34.1 sm448964exit_nicovideo
第44回 1999年12月26日 グラスワンダー 4 的場均 2:37.2 sm3847077exit_nicovideo
第43回 1998年12月27日 グラスワンダー 3 的場均 2:32.1 sm5556789exit_nicovideo
第42回 1997年12月21日 シルクジャスティス 3 藤田伸二 2:34.8 sm3608991exit_nicovideo
第41回 1996年12月22日 サクラローレル 5 横山典弘 2:33.8 sm3252011exit_nicovideo
第40回 1995年12月24日 マヤノトップガン 3 田原成貴 2:33.6 sm3601127exit_nicovideo
第39回 1994年12月25日 ナリタブライアン 3 南井克巳 2:32.2 sm3754518exit_nicovideo
第38回 1993年12月26日 トウカイテイオー 5 田原成貴 2:30.9 sm4584401exit_nicovideo
第37回 1992年12月27日 メジロパーマー 5 山田 2:33.5 sm3234754exit_nicovideo
第36回 1991年12月22日 ダイユウサク 6 熊沢重文 2:30.6 sm6819276exit_nicovideo
第35回 1990年12月23日 オグリキャップ 5 武豊 2:34.2 sm1170176exit_nicovideo
第34回 1989年12月24日 イナリワン 5 柴田政人 2:31.7 sm5221451exit_nicovideo
第33回 1988年12月25日 オグリキャップ 3 岡部幸雄 2:33.9 sm3578675exit_nicovideo
第32回 1987年12月27日 メジロデュレン 4 村本善之 2:33.9 sm3234685exit_nicovideo
第31回 1986年12月21日 ダイナガリバー 3 増沢末夫 2:34.0 sm3908400exit_nicovideo
第30回 1985年12月22日 シンボリルドルフ 4 岡部幸雄 2:33.1 sm5651913exit_nicovideo
第29回 1984年12月23日 シンボリルドルフ 3 岡部幸雄 2:32.8 sm5625114exit_nicovideo
第28回 1983年12月25日 リードホーユー 3 田原成貴 2:34.0
第27回 1982年12月26日 ヒカリデユール 5 河内洋 2:36.7
第26回 1981年12月20日 アンバーシャダイ 4 東信二 2:35.5 sm6783236exit_nicovideo
第25回 1980年12月21日 ホウヨウボーイ 5 加藤 2:33.7 sm3734373exit_nicovideo
第24回 1979年12月16日 グリーングラス 6 大崎昭一 2:35.4
第23回 1978年12月17日 カネミノブ 4 加賀武見 2:33.4
第22回 1977年12月18日 テンポイント 4 鹿戸明 2:35.4 sm1103887exit_nicovideo
第21回 1976年12月19日 トウショウボーイ 3 武邦彦 2:34.0
第20回 1975年12月14日 シノアラシ 3 加賀武見 2:38.1
第19回 1974年12月15日 タニノチカラ 5 田島日出雄 2:35.9 sm3702000exit_nicovideo
第18回 1973年12月16日 トロンエイト 4 中島啓之 2:36.4
第17回 1972年12月17日 シノヒカル 3 増沢末夫 2:38.5
第16回 1971年12月19日 トウメイ 5 清水英次 2:36.0 sm5556738exit_nicovideo
第15回 1970年12月20日 スピードシンボリ 7 2:35.7 sm5637178exit_nicovideo
第14回 1969年12月21日 スピードシンボリ 6 2:35.1 sm6819612exit_nicovideo
第13回 1968年12月22日 リュウズキ 4 2:46.2
第12回 1967年12月24日 カブトシロー 5 大崎昭一 2:39.7
第11回 1966年12月25日 コレヒデ 4 保田 2:37.0
第10回 1965年12月26日 シンザン 4 松本善登 2:47.2 sm2388371exit_nicovideo
第9回 1964年12月27日 ヤマトキヨウダ 4 梶与四 2:45.1
第8回 1963年12月22日 ユウフオーレル 4 宮本 2:42.5
第7回 1962年12月23日 オンスロー 5 山岡 2:44.4
第6回 1961年12月24日 ホマレボシ 4 高松三太 2:40.8
第5回 1960年12月18日 スターロツチ 3 高松三太 2:44.5
第4回 1959年12月20日 ガーネツト 4 伊藤 2:50.9
第3回 1958年12月21日 オンワードゼア 4 八木沢勝美 2:49 1/5
第2回 1957年12月22日 ハクチカラ 4 保田 2:49 0/5
第1回 1956年12月23日 メイヂヒカリ 4 蛯名五郎 2:43 1/5

地方競馬の「有馬記念」

ファン投票で出走を選ぶアイデア地方競馬にも導入され、年末になると各地方競馬場の「有馬記念」が開催される。

競走名 施行競馬場 施行距離 概要
営記念 門別競馬場 ダート2000m 最終開催日の最終競走として施行される。 
水沢競馬場 ダート2000m 毎年大晦日に開催される。
園田 園田競馬場 ダート1870m
ファイナルグランプリ
止) 
福山競馬場 ダート1800m 年末ではなく年度末(3月)に開催されていた。
2013年3月24日福山競馬場最後の競走として施行された。
中島記念 佐賀競馬場 ダート2000m 有馬記念と同じく佐賀競馬の功労者の名前を冠した競走。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 14
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9C%89%E9%A6%AC%E8%A8%98%E5%BF%B5
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

有馬記念

248 ななしのよっしん
2022/02/13(日) 01:43:55 ID: p5yj6tsYzb
ID: yqcBIhKo0cみたいな輩が負けると騎手に気分が悪くなるレベルの罵詈雑言浴びせるんだよな
249 ななしのよっしん
2022/02/13(日) 01:49:08 ID: yqcBIhKo0c
負けなきゃいいだけでは
250 ななしのよっしん
2022/02/13(日) 02:00:13 ID: LB9NVJpaif
別に有馬回避するならそれでいいけどそれで一流って感じはしないよなあ
種牡馬価値とは別の次元の話
251 ななしのよっしん
2022/02/13(日) 02:14:07 ID: iWnET8Qxwx
王道距離JC、絶対的スピードを競うプリント、専門が多くいる三つのマイル
スタミナ総量と持続を問われる秋天皇賞、上半期と下半期の活躍が集うグランプリ
それぞれに優劣なんてなくて全部が全部権威ある大事なレースだよ、身勝手な尺度でるな
252 ななしのよっしん
2022/02/13(日) 02:28:57 ID: lOo4rtqR+n
シンボリルドルフシンボリクリスエススペシャルウィークテイエムオペラオーゼンノロブロイディープインパクトキタサンブラッククラスのスタミナお化けがそうポンポンと毎年生まれると思ってんのかな?
253 ななしのよっしん
2022/02/13(日) 05:12:09 ID: pD33/GQTkQ
過去には菊花賞勝利のあと体調が整わないから出走の回避も考えていたけど、ファンなどが有馬記念の走りをみたいとのが強く、理をして出走して故障予後不良となったサクラスターオーの事例もあるんだけどね。
254 ななしのよっしん
2022/02/13(日) 08:30:44 ID: yqcBIhKo0c
逃げて出ないよりはマシだな
255 ななしのよっしん
2022/02/13(日) 12:19:05 ID: oCODnoqqjg
サクラスターオー肯定とか有馬の出表を眺めることしか生き甲斐がない人間かなにかで?
・・・まあこういう先を見れない有馬至上おじさん庫納付に貢献してるんだから感謝しなきゃな(*´ω`)
256 ななしのよっしん
2022/04/06(水) 12:21:27 ID: v/Xh8+Gqlv
みそ腐っているなら喋らない方がマシだな
257 ななしのよっしん
2022/05/18(水) 05:14:25 ID: XyjhCGq+xL
>>250 まぁ自分でも薄々気づいてそうだけど、結局グランプリ至上義は理屈じゃなくて感情なんよね それが悪いとか良いとかじゃなく
自分がそう思う に留めれば何も問題ないしそれはファンとして正しい 結局自分好みか否かってだけだし

それを世界真理とでも言わんばかりにクソデカ主語したり 押し付けだしたり誹謗中傷しだすと終わりだが
終わってる人間は自分の倫理が終わってる事に気づけない人が大半で自分が非難されるとすぐ現実逃避始めるからタチが悪い