朝倉宗滴単語

アサクラソウテキ
  • 5
  • 0pt
掲示板へ

「朝倉宗滴」あさくら・そうてき、1477~1555)とは、戦国時代越前で活躍したチート爺である。

著書(?)に『朝倉宗滴話記』。

概要

越前朝倉氏の7代朝倉(英)の八男

従兄弟朝倉豊が謀反を起こしたのを9代朝倉に密告。その功績でヶ崎に任じられた。

そこから朝倉番長へとのし上がっていくわけである。

宗滴の伝説としては

など。

宗滴には子供がいなかったため、朝倉景紀を養子に迎え、1527年頃に督を譲ったとされる。しかしその後も第一線には出続けた。

1555年、加賀に出兵した際に病に倒れ、79歳で亡くなった。

※その他、朝倉宗滴についての詳細はwikipediaの該当記事exitを参照のこと。

戦国大戦


「勝ちたくば、について参れ!」

Ver2.0にて登場。今まで浅井朝倉にいなかった3.5コス武将である。武田信玄と肩を並べるくらいのの騎隊。
計略は「勝事が本にて」。戦場にいる味方の浅井朝倉コストに応じて自分の武と移動速度が上がる。

Ver2.2では若かりし頃の宗滴が登場している。カード名は朝倉教景コスト3の足軽である。
軍備という最大兵の上がる特技を持っており、コストが高いことも相俟って宝効果も含めれば圧倒的な兵を得る事も可である。 

戦場となりて、敵を迎え撃つ!」

計略は「不敗の巧将」。そのままでは武が上がるだけの計略だが、敵を倒すと効果時間が伸びる
更に敵がから出た場合、その都度自分の兵回復する。 
戦国大戦では敵の攻を防ぎ、かつ味方を撤退させないためには乱戦して死にそうになったら下げて別の部隊が乱戦、とすれば攻ゲージは増えないので攻を防げるのだが、この計略はそれをやると宗滴の兵回復してしまう。延々と敵の際で居座られ、挙句倒されでもすれば更に居座られると泥沼の状況を引き起こす。かと言って放置すれば、高コストかつの高い攻を大きく削られる、と敵に入った時の効果は絶大。しかし守りにはその性質上ほとんど向いていない。本人がなのでにはやや弱いが、相手が乱戦ローテしかできなくなった状況では厄介この上ない存在となるだろう。

朝倉宗滴話記とは

宗滴の経歴や、朝倉の戦での教訓などを、萩原宗俊がまとめたとされる本のこと。
いつ頃の本なのかよく分かっていないが、宗滴の死後に完成した、と言われている。

武士ともいへ、畜生ともいへ、勝つことが本にて

という一文が有名。

関連動画

補足

信長の野望」(PCシリーズにおける朝倉宗滴の力一覧。チート爺たる理由が分かる。

軍事 内政
戦国群雄伝(S1) 戦闘 政治 野望
武将風雲録(S1) 戦闘 82 政治 74 82 野望 68 教養 88
覇王 采配 87 戦闘 83 智謀 79 政治 82 野望 68
天翔記 戦才 166(A) 智才 158(A) 政才 156(A) 81 野望 68
将星 戦闘 87 智謀 85 政治 78
烈風 采配 85 戦闘 64 智謀 76 政治 73
世記 采配 100 智謀 96 政治 80 野望 72
蒼天 統率 82 知略 79 政治 66
下創世 統率 82 知略 80 政治 67 教養 78
革新 統率 95 武勇 90 知略 91 政治 77
統率 95 武勇 90 知略 91 政治 77
創造 統率 92 武勇 88 知略 87 政治 74

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 5
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9C%9D%E5%80%89%E5%AE%97%E6%BB%B4

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

朝倉宗滴

50 ななしのよっしん
2018/02/17(土) 14:59:14 ID: Z+Lzw8kVKf
その辺は浅井が上手く立ち回ったってことだよな
もっとも、そういう前例があったから久政長政の二頭時代でも同じ事を
やろうとして滅んじゃうわけだけど
51 ななしのよっしん
2018/05/09(水) 21:41:53 ID: frnGqyBuMz
九頭竜の戦いでおよそ30万(恐らく誇有り)の一向一揆軍をわずか1万弱で撃破
・勢いに乗る浅井亮政に対し、北近江を築くことで彼を牽制(これがキッカケで朝倉浅井の誼が生まれる)
・失脚した細川高国支援するためにへ進出し、畠山三好連合軍を撃破。王手寸前まで局面を進める(しかし高とは不仲になり帰。これが原因でを失い、高は後の戦いで不利になり大物崩れの間接的な原因となる)
長尾景虎(後の上杉謙信)に呼応して、加賀一向一揆を鎮めるべく侵攻し、3をたった一日で落とす(しかし一軍が後日反撃してきたので勝負ならず)
上杉謙信朝倉と同盟を結んでいたが、宗滴が死んだことにより彼は川中島の戦い武田信玄と和を結ぶこととなった
・宗滴の死後、朝倉は一軍との戦いで戦果を挙げれなくなり、結局幕府の仲介で和する羽


戦果も々しいけど、敵味方問わずここまで影を与えたのは十分すごいことだと思う。ある意味戦国大名朝倉は彼によって栄え、そして彼の死によって終焉を迎えたのだと感慨深く感じ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
52 ななしのよっしん
2018/05/13(日) 19:26:33 ID: Fe2Oa50Hh9
>>48
小谷の一に『丸』があるのはその名残だよね。


あと宗滴には一応息子がいるんだけどね。まあお坊さんだけど。
53 ななしのよっしん
2018/07/17(火) 21:51:31 ID: ECSbvUNAJ2
戦うことじゃなく勝つことに拘り名言を残した稀代の名将

朝倉宗滴様とフレイザード
54 ななしのよっしん
2018/10/20(土) 13:35:38 ID: tl2EZZW7C7
この前一乗にいってきたら朝倉の大河を作るための署名があったけどもし大河になったらこの人が主人公になるのかな
55 ななしのよっしん
2019/01/20(日) 20:59:21 ID: NT0Pzny6/l
>>54
来年の麒麟がくる!で明智光秀青年期、織田仕官前に朝倉に仕えてた頃もやるっぽいからそれに期待だな。
惜しむらくは、恐らく光秀朝倉に仕える前に宗滴は身罷られてるっぽいが。
56 ななしのよっしん
2019/03/17(日) 10:08:24 ID: iBRP/wKg/O
九頭竜の戦いで30万人のクトゥルフ信者を撃破した人類の守護者
57 ななしよっしん
2019/10/16(水) 23:17:29 ID: brPSg27PtF
単純に思うけど朝倉氏景朝倉朝倉の3代の当が長生きしていたら朝倉宗滴と言う武将がここまで有名になる事はなかったかもしれないよね

の氏ところか甥っ子の貞と甥っ子の息子である孝も宗滴より先に亡くなっている
特に氏が長生きしていたら、武勇に優れた朝倉の一武将と言う感じで終わっていたかも
58 ななしのよっしん
2019/11/26(火) 10:53:00 ID: JpCkmoeVUc
>>49
この時期1554まで畿内では将軍細川六角VS三好の代理戦争だからね
管領を切り捨てないと和できない状態だけど、将軍を抱えてる上に都から追放されても管領の権威がでかいから、これが混乱した一面があったと思う
だから六角が管領代になれたんだが
おまけ三好長慶側は細川に長慶の父親が見捨てら切り捨てられて自害した
もはや親の敵なわけで収拾がつかなかった
中央ではドロドロした内紛でそれを浅井が利用して朝倉背景に後背地を安定してるので六角ガリガリ削っていったわけでめちゃくちゃですよ
久政の息子の長政を見捨ててるし=政元がすでに生まれてるし
一歩間違えれば(長政が殺されてれば)お市の方浅井に行かなかったかも
59 ななしのよっしん
2020/03/10(火) 19:07:41 ID: 6BQXjeASWt
元々が中央の混乱に便乗して越前分捕ったわけだし、畿内の争いに巻き込まれ続けるのはしょうがない気も
宗滴大活躍の九頭竜の戦いにしても本願寺が出てきたきっかけは細川の要請のようだし
この時期の本願寺も内輪揉めが酷いね、兄弟でも殺すとか

急上昇ワード改