木古内町単語

キコナイチョウ

木古内町とは、北海道渡島総合振興局上磯にある町である。

概要

木古内町(2014年6月30日時点)
面積 221.89km2
人口 4728人(住民基本台帳)
町の木 スギ
町の ツツジ
隣接
市町村
北斗市、上磯知内町、
檜山厚沢部町、上ノ

1902年に木古内村として誕生し、1942年に木古内町となる。
北部は山岳地帯、南部の前が津軽峡と言う立地で、木古内の地が平野部になっているのを除いてほとんどが山か丘陵地である。

江戸時代から交通の要所として知られ、現在国道228号、江差線海峡線が沿沿いを走っている。
青函トンネル経由で北海道にやってきた場合、最初の木古内駅となるため、事実上の北海道の玄関口と言える。木古内駅北海道新幹線が設置される予定である。
ちなみに北海道新幹線が開業すると、新幹線が設置されている自治体としては2番に人口が少ない自治体となる(最少は青森県津軽今別町になる予定。ちなみに現在の最少は新潟県湯沢町)。

木古内町寒中みそぎ祭りと言う祭りが毎年1月に開催されている。これは極寒ふんどし姿の若者が入して、豊作・豊漁を祈願すると言うもの。想像するだけで震え上がる祭りである。
名所としては咸臨丸沈没の地であり、近年はチューリップの名所としられるサラキ岬や、前述のみそぎ祭りの会場である佐女神社砂防ダムによって出来たダムなどがある。

交通

鉄道

代表木古内駅海峡線の開業時から特急となっている。
このほか、かつて木古内駅から松前線が分岐していたが1988年止。2014年には江差線の江差方面も止されている。

バス

函館バス路線バスを運行している。函館駅方面、松前町方面、江差町方面と移動できるルートは多い。

道路

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9C%A8%E5%8F%A4%E5%86%85%E7%94%BA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

木古内町

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 木古内町についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!