木村一基単語

キムラカズキ
  • 13
  • 0pt
掲示板へ

木村一基きむかずき)とは、将棋の強いおじさん将棋棋士である。1973年6月23日生まれ。千葉県街道出身。佐瀬勇次名誉九段門下。棋士番号222

子に高野智史(高は正式にははしごだか)。

棋歴

1985年12月に小学6年生で6級で奨励会入会。三段リーグを突破するのに13期(6年半)かかり、プロ入り(四段昇段)が23歳のとき(1997年)と遅咲きの棋士であるが、プロ入り後の活躍は覚ましく、1998年に新人賞、1999年勝率一位賞、2001年勝率一位賞、最多勝利賞、最多対局賞を受賞。特に2001年の「勝率8割越えと60勝以上を同時達成」という記録は、歴代でも木村羽生善治1988年度)、藤井聡太2017年度)しか成し遂げていない。2002年の新人王戦で優勝。2007年A級順位戦に昇級し八段に昇段する。2010年度の朝日将棋オープン戦で全棋士参加棋戦初優勝。

タイトル戦には2005年竜王戦を初め6度挑戦したが、いずれも敗れていた。特に2009年王位戦(対深浦康市)では、第3局まで3連勝してタイトル獲得に王手をかけたものの、そこからまさかの4連敗を喫し、初のタイトル獲得を逃してしまった。タイトル獲得しでのタイトル戦登場6回は森下卓と並んで史上最多タイタイトル戦番勝負10勝はタイトル獲得のない棋士の中では史上最多だった。また、「勝てば初タイトル」となる対局での8連敗も史上最多だった。

2018年度の順位戦B級1組で8勝4敗の成績で、9期ぶりにA級順位戦に復帰した。

2019年王位戦、7度タイトル戦に挑戦。3勝3敗のカド番までもつれ込んだ末の2019年9月26日第7局、110手までで豊島将之王位を破り、悲願の初タイトルを獲得。
46歳3ヵでの初タイトルは、有吉道夫37歳6ヵを上回る最年長初タイトルである。
プロ入りから22年、「勝てばタイトル」の対局は実に9度。座右の銘「折不撓」を体現した間であった。

棋風・人物

居飛車党の棋士であり、相手の攻め駒を攻め返すその強な受けの棋から“千駄ヶの受け師”の異名をもつ(なお、この名前の元ネタは『ハチワンダイバー』)。またり強く、諦めない棋であり、「負けと知りつつ、を覆うような手をして頑ることは結構辛く、抵抗がある。でも、その気持ちをなくしてしまったら、きっと坂を転げ落ちるかのように、転落していくんだろう」(将棋世界2007年5月号)の言葉にその特徴が表れている。

解説者としても定評があり、懇切丁寧で解りやすく、ボケ毒舌・ぼやき・自嘲を交えた軽妙でサービス旺盛な解説は将棋ファンから広く支持されている。ニコニコ動画では“解説名人称号を(タグで)与えられることも多く、ニコ生将棋公式番組にも何度も登場している。一方で雑談メールコーナーでは聞き手や共演の棋士をいじり倒す攻めの棋。また、昔から玉頭の守りの薄さネタにされることも多く、そのたびにはげましのフォローコメントが流れる。

さんは日本将棋連盟の職員である。「事はしない、いっさいしない」「気が向いて何かしようものならそれが当たり前になっていまい、しなかった場合、不機嫌にさせてしまう、だから事は一切しない」など、亭関白的な発言をしているが、実際は家族思いの良いパパのようだ。初タイトルを獲得した対局後、記者から「家族への思い」を質問されると頭をおさえながら20ほど言葉に詰まり、「……帰ってから伝えたいと思います」と答えた姿は全おじおじファン泣いた名場面である。

成績

昇段履歴

タイトル戦登場履歴

タイトル戦登場回数:7回、タイトル獲得数:1期

一般棋戦優勝履歴

優勝回数:2回

将棋大賞受賞履歴

叡王戦戦績

関連動画

関連商品

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

  • 13
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9C%A8%E6%9D%91%E4%B8%80%E5%9F%BA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

木村一基

104 接吻大魔神
2019/09/28(土) 14:55:22 ID: wBoZupjLuB
ついにタイトル獲得おめでとうございます。次は名人位を期待しています。
105 ななしのよっしん
2019/09/28(土) 17:42:25 ID: VVKdJL3Pi9
おーい!王位
106 ななしのよっしん
2019/09/28(土) 18:20:58 ID: UO2ibxwQtX
ここ最近タイトル取った若手中堅が防衛に失敗してるけど、おじさんは奪取は苦手でも防衛は強そうだから連覇ありえるかも
肩の荷というか憑き物も落ちたろうから今までとは全然違う気持ちで挑めるだろうしね
だからこそ逆につるっと敗退もありえるだろうけど
107 ななしのよっしん
2019/09/28(土) 21:46:41 ID: t0Xgru7MiQ
>逆につるっと

またの話をしてる…それが言いたかっただけやろw
108 ななしのよっしん
2019/09/28(土) 21:51:34 ID: FN6X5QdmsV
初戴冠!コノシュンカンヲマッテイタンダー
109 ななしのよっしん
2019/10/01(火) 09:23:09 ID: ENv4UAVyNh
応援してたファンでさえも「正直かなり厳しい」とは思ってたシリーズだろ。
相手は名実ともに現将棋最強の一、脂の乗った若い名人タイトル戦で敗れ続けた46歳が挑むわけだから、本人でさえそういう弱気な気持ちはあったはずだ。
豊島タイトル戦を落とし続けた元冠の帝王とはいえ、近年の豊島の活躍を見ればそんなものは慰めにもならない。
しかし蓋を開けてみれば炎の十番勝負は五分で進み、王位戦は勝ち切って初冠帯。

将棋の内容がガラリと変わったこの時代で最先端の最強棋士を相手に、一般的には衰えが隠せないと言われるような年齢の棋士が勝った。
も気もまだまだ衰えてないことをまざまざと見せつけられた。お見事としか言いようがない。
110 ななしのよっしん
2019/10/01(火) 15:00:10 ID: udt0Hztwbt
菅井戦や4局持将棋にさせず拾ったのが大きい
新鋭棋士相手にり強い、諦めないというおじおじの良さが如実に出たと思う
111 ななしのよっしん
2019/10/02(水) 03:57:41 ID: 2aiSBcPCeD
番勝負の前はストレートか4-1くらいで奪取失敗位が下評だった
40後半でタイトルを取れた例はそこまで多くないし、豊島名人
ストレート名人奪取した直後だったから
が蓋を開けてみれば挑決で羽生さんを下し、番勝負では始終互に渡り合い、最終戦振り駒で後手を引くも、豊島名人の最も得意とする換わりに堂々と勝利
王位の名にふさわしい将棋だった
112 ななしのよっしん
2019/10/06(日) 17:12:22 ID: QgWvF5kBpZ
男の中の男
113 ななしのよっしん
2019/10/19(土) 12:32:41 ID: 6CgnwO0DHi
コンピュータによって棋が再評価されつつあることを評しての
「時代が木村さんにすり寄ってきた(by渡辺明)」は秀逸。

あと、約15年前のエッセイが良い。
王位インタビューでの涙を見てから読むと更にグッとくる、

https://web.archive.org/web/20040918220909/http://shogi-pineapple.com/essay/essay039.htmexit

急上昇ワード