木虎藍単語

キトラアイ

木虎藍(きとら あい)とは、週刊少年ジャンプで連載されているワールドトリガーに登場するキャラクターである。

声優花澤香菜

 

概要

A級5位 嵐山隊所属の近距離手。点取り屋として嵐山隊の成績を伸ばした、チームエースである。

三雲隊(三雲修)との関わりが多く、登場頻度の高いA級隊員の一人。 

人物

年齢 15歳
誕生日 6月26日
星座 つるぎ
血液型 A型
身長 161cm
好きなもの 自己鍛錬、辛いもの
所属 ボーダー本部
嵐山
隊員
ポジション オールラウンダー

黒髪ショートカットクールつきが印的な美少女

広報部隊でもある嵐山隊所属のため、メディアへの露出も多く三門市民からの知名度も高い。広報部隊の隊員だけあって一般人の対応には15歳と思わせぬ大人びた態度を取るが、ファンサービス的なことは文句を言いつつもしっかりとしている。

規則に厳しくプライドも高いが、A級部隊のエースだけあって実折り紙付き。自らによって嵐山隊がA級5位という地位を得ていることに謙遜も驕りもせず、先輩である出水公平にも「クソ生意気」ととられるような反応を見せたりもする。
ただそれらのきつめな性格を思わせる言動は『年上にはめられたくない、同い年には負けたくない、年下には慕われたい』という本人の対人欲求から来るものであり、相応の態度を見せる相手には摯な対応を取る。修に対する当たりにはそれが顕著であり、言葉は厳しいながらも彼の人柄には理解を示して修の隊務規定違反に対してう姿勢を見せていた(これにはも意外そうな顔をしている)。

ただ要所で詰めの甘さを見せ反撃を許すなど、年相応な部分を残していたりも。
(作中4戦中3戦において、追い詰めた相手から痛手を被っている。)
また年下に対してはべらぼうに優しい顔をするのだが、双葉にはツンな態度で接されているため密かに傷ついている。
きつい性格が前面に出されがちだが、年上に対しては敬語を忘れず、自らの失態はきちんと認め謝罪を入れる品の良いお嬢様系の女の子であることを忘れてはならない。

実はトリオの低さ(本人均の範囲内)を鍛錬で補う、自他ともに認める努力の人
後に同じ問題を抱える三雲に戦い方をアドバイスしたことで、三雲隊躍進の立役者となった。
BBFにはトリオン:4 と記載されているが、これを下回る戦闘員現在のところ三雲修トリオン:2)のみである。同値のキャラクター三輪隊の米屋陽介、東隊の小荒井登の二名しかいない。

玉狛支部所属の烏丸京介に憧れており、彼を前にするとあからさまにが下がる。
修に対しては烏丸の師事を受けている事実嫉妬の念を抱き、何かと突っかかるようになっている。

経歴

ボーダー入隊は1年くらい前。

くからその才を認められており、入隊時に3600ポイントからスタートという破格の待遇を受ける。
(通常は1000ポイントスタート4000ポイントB級昇格。)

当初は手だったが、弾丸だけで戦える程のトリオン量がかったことからB級在籍中にスコーピオンを併用する万手へとポジションを変更。
その後嵐山隊に加入し、新エースとして部隊の戦績アップを果たしている。

戦歴

「私はA級 やるって言ったからには 絶対にやるのよ!」 

イルガー戦(2巻収録)

イレギュラーゲートにより、地に爆撃トリオン兵「イルガー」が出現。を飛びながら爆撃する敵に対して、木虎はスパイダーシールドを巧みに使い爆撃をやり過ごして接近。集中射撃で見事イルガーの撃破に成功する

・・・かと思いきや、イルガーは残存トリオンを使用して自爆モードに移行し掛けて降下し始める。降下を止められず苦戦する木虎。しかし最終的に何者かがイルガーをへ引きずり落としたことで事なきを得る。木虎は“か”に助けられたことでA級としてのプライドを傷つけられるが、これが後のラービット戦での逆転につながる。

 

トリガー争奪戦(4巻収録)

城戸の命で遊トリガーを奪おうとする太刀隊・隊・風間隊・三輪隊。後輩を守るためそれに相対する迅悠一。そんなの元へ、本部長の命で嵐山隊の面々が駆け付ける。

敵の「釣り」にかかった佐を救うため、三輪隊攻撃手・屋とを交える木虎。室内戦を敢行し、スパイダーを絡めたスコーピオンの一撃で屋の供給機関の破壊に成功する。勝利を確信した木虎だったが、先がないと判断した屋の捨て身の体当たりをくらい、もろとも中に投げ出されてしまう。そこへ時枝がフォローに入るも、三輪隊の応援に駆け付けた当真の狙撃によって、時枝は緊急脱出、木虎も左脚を失うという手痛いしっぺ返しを受ける。

機動を失った嵐山隊に対して攻勢をかける三輪・出当真嵐山は、自身を囮にして木虎に奇襲させる作戦に出る。木虎は、失った脚をスコーピオンで代用することで機動を確保し、高所に取る当真の奇襲・撃破に成功する。不意を突かれた三輪・出も佐のツイン狙撃によって片腕を失い撤退。嵐山隊の勝利となった。

 

ラービット(モッド体)戦(6巻収録)

C級隊員の支援のため、現れた新トリオン兵・ラービットと戦闘を開始する木虎。「A級でも単独で挑めば喰われる」とレプリカが評するほどのラービットに対して、木虎はり巡らせたスパイダーを足場にしてラービットを攪乱する。優位に立った木虎だが、ラービットが標を変え町に撃を始めたことで昂、感情のままに突撃してしまう。案の定待ち構えたラービットに拘束されてしまう木虎。だがイルガー戦で味わった悔しさから奮起した木虎は、自ら足を切断して拘束から脱出。返すで急所を破壊することに成功し、A級隊員としての意地を見せた。

なお、作中描写において“単独で”ラービットを撃破したのは木虎が初めてである。

 

アイドラエース機)戦(15・16巻収録)

ヨミの操作するアイドラを抑えるため、木虎は加古隊攻撃手・双葉と共闘。試作トリガーによる高速撃を得意とする江に合わせ、スパイダーによる足止めと制圧射撃で援護する。一方的に一機アイドラを撃破する木虎・江だったが、すぐに二機が現れる。

二機アイドラからカウンターを貰い、片手片足を失った江。木虎はに固執する江を窘め、本隊の射撃戦の邪魔をさせないことが重要だと説得。落ち着きを取り戻した江と共に、終局まで敵エース機を抑え込むことに成功する。

 

戦闘スタイル

拳銃アステロイドスコーピオンを扱う万手。説明を見るに中距離だと思われるが、万手としてはどちらもサブに置かれやすいトリガーを扱い、また本人のトリオもあってスコーピオンを扱っての攻撃も積極的に行う等、にはまらない戦いを展開させている。
同じくあまり人気のスパイダーるものを見つけ、移動・攪乱・拘束と様々な使い方をすることで強敵を撃破している。

スパイダーった後巻き取る機構のついた拳銃や、持ち手を中心に風車のように回転する機のある双スコーピオンなど独自の良品のトリガーを扱う。合わせて切られた足をスコーピオンカバーし足技に転用するなど各所で柔軟な発想が見られ、敵に足を掴まれた際には自らの足を切り捨てて脱する等決断にも優れる。なのに何故かそういう印が薄い
隊としては点取り屋と言われる通り、他チームメイトらの援護を受けつつ機動に強い木虎が決める形式な様子。ただし佐以外の戦闘員全員が万手だけあって、状況によりそれぞれが自在に役割を変え臨機応変に戦っていくことを可としている。

余談だが彼女含む嵐山隊の隊作者く彼女のカットを描く際「ノリで」赤色にしたところ自動的に全員の隊赤色にしなければならなくなり、現在の印的なカラーになったそうな。

関連静画

関連立体

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9C%A8%E8%99%8E%E8%97%8D

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

木虎藍

1 ななしのよっしん
2018/10/17(水) 22:52:53 ID: KV8vCKMmE1
こういうツンツンしたキャラ花澤香菜が演じるのはしい
普通なら小南桐絵花澤香菜木虎藍釘宮理恵と決めるところを
逆なのがかえって良い方向に向かった感