未必の故意単語

ミヒツノコイ
  • 10
  • 0pt
掲示板へ

「かもしれない」とおもったら、それはもう「こい」である。

概要

何らかの悲惨な結果が起きた際、行為を行った人物の想定通りの結果が起きた場合は間違いなく「故意」であるが、想定とは違う結果が起きてしまった場合は一般的な考えでは「故意」とは言い難い。そこで出てくるのが「未必の故意」である。

行為者が行為の結果が生じる可性を認識していれば、それを期待して行ったのではない場合でも「そうなってもいいや」という消極的な故意があったと認められ、「故意」に準じた扱いがなされる。たとえば、「痛めつける的で暴力を振るったが殺すつもりはかった」と言い訳しても、「死ぬかもしれない」と認識できた(と判断された)ら、刑法上は「殺すつもりだった」ということになるのである。

知らない人からは「密室の」「秘密の」とよく間違えられるということが、知っている人の間ではよく知られている。

英語では同様の概念としてreckless(recklessly)がある。詳細はrecklessの記事に詳しい。

背景

罪を犯す意思がない行為は、罰しない。ただし、法律に特別の規定がある場合は、この限りでない。

刑法38条第1項

刑法では、犯罪の成立に「故意」を必要とするものが多い。そのため「そうなるとは思わなかった」という言い逃れを許しては、ほとんどの犯罪無罪になってしまう。

そこで「そうなるかもしれない」と考えていた(と判断できる)場合には「未必の故意」とし、故意である(有罪である)として扱うことでバランスをとっているのである。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 10
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9C%AA%E5%BF%85%E3%81%AE%E6%95%85%E6%84%8F

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

未必の故意

6 ななしのよっしん
2017/09/12(火) 14:05:08 ID: HDZiYrgQDr
「困らせてやろうと思った」んなら、その通り困ったんだから有罪で良いよね?(ニッコリ
7 ななしのよっしん
2017/09/20(水) 14:12:02 ID: Az1l4XDE4R
>知らない人からは「密室の」「秘密の」とよく間違えられる

「密室の」「秘密の」と似ているけど違うぞ、と教わることはあっても
よく間違えられるかと言われるとそうでもない。
ネット検索すると見つかる、故意に間違えているものを言ってるのかもしれないが
 あれらは知らないのではなく、知ってて間違えているわけで)
8 ななしのよっしん
2017/09/20(水) 14:23:18 ID: Az1l4XDE4R
「知らない人からは「密室の」「秘密の」とよく間違えられるということが、知っている人の間ではよく知られている」という文章について
知らない人の間でも「よく知られている」わけはなく、冗長な印を与えるので
「知らない人からは「密室の」「秘密の」と間違えられることがある」でいいんじゃないかな
9 ななしのよっしん
2018/03/27(火) 14:11:50 ID: rz1fcFCSiZ
何この記事
全然違うんだけど
法律に関する知識が全くない人間が、賢しらぶってる感じの説明
10 ななしのよっしん
2018/03/27(火) 14:19:57 ID: Cz204FFTRx
「期待して」じゃなくて「期待したわけじゃないけどそうなっても構わない」って感じだよね
11 ななしのよっしん
2018/03/28(水) 05:42:58 ID: rz1fcFCSiZ
結果を期待して行ったのならばそれはもうただの故意。0ではないというだけでは過失。0でない事を認識し、なおかつ許容することで初めて未必の故意となる。
未必の故意は例えば屋上から下に人が歩いているのを認識しており、当たってもいいと思いながら石を落とすなどがあたる。この記事の説明では飲酒運転どころか、を運転すれば少なからず事故の可性があると思っただけで未必の故意が成立してしまう。当たり前だが後者どころか前者でさえも未必の故意とはならない。
12 ななしのよっしん
2018/12/08(土) 21:01:50 ID: R0eu1EiiFm
◯◯という結果が「起きてもいいや」が未必の故意。「起きるかも知れんが、まあ起きないだろう」が認識ある過失、と教わった。とある業界での話だけど。んで、その業界では、未必の故意は故意である、とのこと。
13 ななしのよっしん
2019/01/05(土) 03:28:22 ID: 34J48UTpZ+
書かれている方もいますけど、この記事はちょっと誤解というか間違ってますね。
たまに得意気に「未必の故意」って言葉を使う人がいますけど、だいたい間違ってて。基本的には刑法なのにあまりにカジュアルに使われてるなと思う言葉です。なんか賢い感じでかっこいいんですかね。
14 初版作成者
2019/01/05(土) 07:03:14 ID: xKyWF/s5qF
>>13
記事内容については>>12以降に既に別の方に訂正を受けているので、>>12以前の書き込みに乗っかって誤りとするのは正でない意見のように思えます。
大百科Wikiサイトなので、間違っているのであれば「記事作成者より賢いかっこいい」で終わらずに、正しく修正していただければ幸いです。
15 ななしのよっしん
2019/08/02(金) 09:10:04 ID: hLI3XgDXtz
浪の死球で死んだりしたらこれにならんの
もうわかって投げさせてるやん