未来の歌単語

ミライノウタ

 未来の歌とは、ハジメテノオト投稿者によって初音ミク発売1周年記念に投稿された初音ミクオリジナル曲である。
発売1周年(08/08/31)に投稿されてからわずか8日(08/09/07)で10万回再生され、VOCALOID殿堂入りした。

ハジメテノオト作者の新曲(作者はほぼ同時期に作った、と投稿時にコメントしている)という話題性もあるであろうが、8日間という短期間でVOCALOID殿堂入りしたのは、やはり曲そのものの良さが視聴者に受けたものと考えられる。

前作タイトルと今タイトルで「初音ミク」というフレーズ完成する(「ハジメテ(初)ノオト(音)」「未来ミク)の歌」)。 

未来の歌の概要

作者コメントによれば、

前作「ハジメテノオト」と対になる曲です。正反対だけど繋がってる、そんな2曲になればいいなと思って作りました。

とあり、投稿時のコメント「ほぼ同時期に作った」というものを裏付ける曲となっている。

冒頭には

がんばる姿を 笑われたりして
心がくるしい 日もある
夢見る世界が 夢より色あせて
明日を 疑う時もある

という歌詞があり、これが実際に2007年10月14日ハジメテノオトFullバージョン投稿日)頃に創作されたものだとすれば、同時期に起きた「初音ミク騒動exit」を想起せざるを得ない。

あの騒動の渦中、「ハジメテノオト」に触れる事で癒された人も多いと思われるが、仮に、その時期にこの歌が「ハジメテノオト作者の新曲として投稿されていれば、いわゆる「祭り」と化していた可性が高い。そうなれば、「ハジメテノオト」も巻き込まれていただろうし、この曲も純に評価される事ができたか疑問である。

作者としてく発表したいという思いも当然あったと思われるが、その自制心と志の高さにめて敬意を表したい。

対になっていると思われる部分

年表

2008年
8月31日03:13 : 投稿
9月7日13:25 : 10万再生VOCALOID殿堂入り

2009年
4月3日: シングルハジメテノオト/未来の歌』がiTunes Storeにて配信。→ http://piapro.jp/karentexit

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

ハジメテノオト」の作者コミュ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9C%AA%E6%9D%A5%E3%81%AE%E6%AD%8C

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

未来の歌

1 ななしのよっしん
2008/09/07(日) 23:59:37 ID: 2PTekns4xr
記念かきこ
殿堂入りオメ
2 ななしのよっしん
2008/09/08(月) 05:19:33 ID: IkAXxxUATw
未来の歌の記事なので、関連動画の順番は未来の歌が左に来たほうが良いと思います。
3 ななしのよっしん
2008/09/10(水) 00:47:47 ID: xP1RsZ7J0j
対になる部分として、こんなことを考えていました。

ハジメテノオトは、ミク作曲者のことを受けてとめている歌で、どちらかというと受身の立場に立っている気がします。
それに対して、未来の歌ミク作曲者のことを、より積極的に応援している歌のように聴こえます。
ミクの立ち位置が、違う気がするんです。
4 ななしのよっしん
2008/09/19(金) 22:21:01 ID: TazL3aSWwH
ハジメテノオト」は、いつまでも待ってくれている変わらぬ「故郷」、
未来の歌」は、向かうべき限の……。
というふうに私は受け止めております。
5 ななしのよっしん
2008/09/21(日) 05:17:04 ID: g2SEdevzUa
ハジメテノオト」でミクは、初めての「音と言葉」について問い掛けてきました。
「音」の上に「言葉」が重なると、それは「歌」に変わり、人々の心を豊かにしてくれます。
その変化が未来永劫続いていくことを願う、その想いが込められた「歌」の一つが、
この「未来の歌」なのだと思います。
6 ななしのよっしん
2008/09/22(月) 01:45:30 ID: bou+/vwJpm
初めてでまだぎこちないから「ハジメテノオト」はカタカナで尚且つ「音」だったのに対して、
うまく歌えるようになった(?)から「未来の音」は漢字で且つ「歌」なんじゃないかと邪推してみる。