本栖高校単語

モトスコウコウ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

本栖高校とは、漫画アニメテレビドラマゆるキャン△」の舞台となる高等学校である。

概要

山梨県身延町の山間部にある男女共学の高等学校で、生徒数は少ないが小規模であることが推測され、少なくとも身延町と南隣の南部町の生徒を受け入れている(他の地域からの受入は不明)。

作中で確認されている部活動登山部のみで、富士登山を行なうなど某登山アニメみたいにかなりガチな活動を行なっている。一方でこれとは別に野外活動サークルがあり、部長として大垣千明、部員として犬山あおい各務原なでしこの3人がいるが、部員が4人以上いないと部活動として認められないため学校非公式で、部室も「うなぎ寝床」と呼ばれる細長いスペースを使用している。但し途中で鳥羽美波が顧問に就任してからは部活動に近い状態で活動している(但し部費は下りないため、部長・部員はアルバイトをして費用を捻出している)。

制服女子生徒セーラー服季はスクールカーディガンを着用(作品ではこれがデフォルト)、男子生徒ブレザーである。また、季は結構寒い(標高は300mに満たないが、山からの吹き下ろしが強く、氷点下になることがある)ため、学校定ののコートを着用して登下校している。体育など運動を伴う場合は線の入った赤色ジャージ山梨県では「ジャッシー」と呼ばれる)もある。

モデル地

漫画では具体的な場所は定されていないが、2018年アニメでは制作支援を行なっているやまなし観光推進機構の特設サイトにより校となった身延町立下部中学校小学校(校舎は作品オリジナル)であることが紹介され、2020年テレビドラマでは実際に下部中学校小学校校舎およびグラウンドがロケ地として使用され、図書室や野外活動サークル部室再現されている。校舎はアニメでは4階建であるが、ドラマでは2階建である。

聖地巡礼の注意点

校しているため訪れても授業の妨げになることはないが、以下の点を注意のうえ巡礼すること。

  • 校門は撤去されており、通常時もグラウンドまでは入ることができるが、地域住民がグラウンドを利用している場合があるのでその時は立ち入りは避けたほうがよい(使用していない場合もグラウンドには入らず、舗装されている部分を歩くことが推奨される)。
  • 校舎の建屋内は施錠されており、普段は立ち入ることはできない。イベント解放されている場合を除き、闇に入ろうとすると不法侵入となる(校舎とはいえ稀に電気がついているので、セキュリティが機していると考えたほうがよい)。
  • 敷地内に体育館とプールがあるが、当然巡礼では立入禁止である(体育館は地域住民が使用している場合がある)。
  • で来訪する場合、学校の麓にある常幸院の駐車場を止め、学校までは徒歩で向かう事(所要2分)。イベント等で案内がある場合を除き、学校までで乗り入れることは禁止である(普段は敷地内にが入れないようになっている)。常幸院駐車場無料で、隣接して「ラッキードリンクショップ」や交流スペースがある。常幸院の好意で提供してもらっているため、トラブルを起こさないこと。

アクセス

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9C%AC%E6%A0%96%E9%AB%98%E6%A0%A1

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

本栖高校

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 本栖高校についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!