本田奎単語

46件
ホンダケイ
1.5千文字の記事
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

本田奎(ほんだ けい)とは、将棋棋士である。1997年7月5日生まれ。神奈川県川崎市出身。宮田利男八段門下。棋士番号315

概要

小学1年生頃にに教えられて将棋を覚え、その後は宮田利男八段の将棋教室で学んでいた。
奨励会入会までは、小学3年生の時に第5回小学生倉敷王将戦で3位を取ったのが最高で、それ以外の入賞は特にかった。(ちなみに同大会は、徳田拳士が1位増田康宏2位だった。)

2009年9月奨励会入会。2回入会試験に落ちるも、3度入会となった。
上記のように、奨励会入会までは苦労が多かったようだが、その後は三段リーグまでは順調に昇級、昇段を重ねていった。
奨励会時代は将棋倶楽部24ネット対局をして学ぶことが多かったとのこと。

三段リーグは7期での突破となった。
4期で勝てば昇段の1局を負けてしまい、6期では子の斎藤明日斗に先に昇段をされてしまったことを悔しがっていたが、それをバネにして見事昇段となった。

プロ入り後

デビュー初年度となった2018年度、第45期棋王戦にて永瀬拓矢増田康宏といった強勝利し、初参加ながら本戦入りを果たした。特に永瀬拓矢戦は、永瀬叡王獲得前で絶好調15連勝中の時期の対戦となったが、永瀬の三間飛に対して逆転勝利をしている。棋王戦本戦でも当時A級棋士佐藤天彦や、竜王広瀬章人勝利して挑戦者決定戦に進出。挑戦者決定戦では佐々木大地に初戦では敗れるも、2戦は快勝し、1年にしてタイトル挑戦を決めた。

棋戦参加1期タイトル挑戦を決めたのは史上初の出来事。デビュー後の挑戦という意味でも屋敷伸之に次いで2番速さ。(ただし屋敷のケース棋聖戦が年に2期あった時代のため、初参加でのタイトル挑戦ではなかった。)

棋王戦5番勝負では渡辺明棋王(当時)を相手に1勝3敗で敗退し、タイトル獲得とはならなかった。

第61期王位戦でも初参加ながら挑戦者決定リーグ入りを果たした。

2023年竜王戦4組ランキング戦にて3組昇級を決め、規定によって六段に昇段した。

棋風・人物

居飛車の本格王道し回しをする一方、elmo囲いを使用するなど現代将棋らしいし回しも特徴。エース戦法は相掛かり。上述の第45期棋王戦でも強広瀬章人や同じく相掛かりに定評のある者・佐々木大地後手番の相掛かりで退けており、その精度の高さが伺える。

標とする人を問われてコンピューターを上げており、上述の差し回しにもそのが見られる。
しかし終盤にやや難があり、自身でも課題として認識している。

棋王戦での快進撃や、同様に初参加の王位戦で挑戦者決定リーグ入りを果たしていることから、持ち時間が4時間の棋戦との相性の良さが見られ、反面順位戦竜王戦では苦戦が見られる。
特に順位戦では2023年現在もC級2組に留まっており、C級1組昇級では2人の弟弟子に先を越されてしまっている。棋王獲得失敗後も2021年度と2022年度は7割勝率記録し、実者・昇級補として見られながらも、何故か順位戦では苦戦を強いられていることは、一部将棋ファンの間でもある種のとされている。C級2組ではよくあること

2023年女流棋士山根ことみと入籍した。

成績

昇段履歴

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

本田奎

1 ななしのよっしん
2020/01/28(火) 21:31:44 ID: 6ehdvW5092
タイトル挑戦者が試験官は今までで最強じゃないのこれ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
2 ななしのよっしん
2020/03/06(金) 16:26:36 ID: BI0LOQeflJ
タイトル挑戦中にアマに負けてプロ編入を許すとか
一番やっちゃダメなやん……
👍
高評価
0
👎
低評価
0