本質単語

ホンシツ
1.5千文字の記事
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

本質とは

  1. それがそれであるために最低限必要な要素。
  2. 物事で一番価値のある部分。
  3. 表面的でない性質のこと。
  4. 哲学学用

である。

概要

例えばハサミ。ハサミがハサミであるために最低限必要な要素とはなんであろうか?

』という人がいるかもしれない。けれど世の中にはのないハサミも存在する。

『ものを切る』という人がいるかもしれない。けれど世の中には観賞用のハサミもある。

ハサミ一つを取ってみても本質を見極めるのは難しい。

<哲学>科学倫理学では人間の本質や世界の本質をずっと昔から考えていた。

人間人間であるために最低限必要な要素とはなんだろう。

世界世界であるために最低限必要な要素とはなんだろう。

一般的には2と3の意味で使うことが多い。

情報過多なこの時代。本質、すなわり何が最も重要な情報であるのかを分別できるようにすることには大きな意味がある。

会社や学校などでも、相手が実際に何を言いたいのかを理解したり、簡潔に自分のを伝えたりする時などこの意味の本質を見極めるは必須となるため、中学高校国語教育で養えるようになっている。

もちろん3の意味の本質を見抜くも必要である。

例えばニュース報道される事件などを文字通りに受け取ることは本質を見失っているといえるだろう。

その事件が一体どのような効果を他に与えているか、などを知ることは肝要だ。

他にも、他人の本質をちゃんと知ることができれば用なトラブルを避けることが出来るかもしれない。

本質については多くの思想議論しているが、ここでは特に有名なものについて説明する。

ウーシア

ウーシアοσία)とは、ギリシア語で「本質」を意味する言葉である。特にアリストテレスの用として使われる。

アリストテレスは『形上学』でウーシアについて論じているが、これを読むと、ウーシアを「本質」だけでなく「実在」という意味でも使っていることが分かる。アリストテレスにとっては、存在することと本質を持つことは同義であったからである。

スブスタンティアとエッセンティア

ブスタンティアsubstantia)とエッセティアessentia)は、それぞれラテン語で「実在」「本質」を意味する言葉である。英語substance実在)、essence(本質)に対応する。

ただ、現在では意味が区別されるこの二も、元々は二つの意味を持った言葉として使われていたようである。

前述の通り、ウーシア実在と本質を意味するギリシア語である。ところが、ギリシア語にはもう一つ、「ヒュポスタシス」(υπόστασις)というウーシアの同義が存在していた。この二ラテン語に訳すとき、

と違う訳を当てたのである。この頃は、単に同じ意味のラテン語が二つできたにすぎなかった。

後のキリスト教学の時代になると、第一コンスタンティノポリス会議381年)で、ヒュポスタシスをラテン語に訳したペルソナpersona)という言葉を、の位格を表す言葉として使うようになった。

また、スコラ哲学の時代になると、スブスタンティア実在エッセティアは本質を意味する言葉として区別されるようになる。

表にまとめると、以下のようになる。

ギリシア語 ラテン語
ウーシア エッセティア
ヒュポスタシス ブスタンティア
ペルソナ

こうして、「実在」「本質」を意味していたギリシア語から、両者を区別する用が生まれ、さらには「位格」というキリスト教学の用も生まれた。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9C%AC%E8%B3%AA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

本質

23 ななしのよっしん
2019/09/03(火) 12:49:08 ID: edTMWhyuM5
https://perigee.yomiuri-is.co.jp/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0/KjdCDexit
たとえば、ロッテの「トッポ」というお菓子がありますね。あれはほかのチョコレート菓子で何に似ていると思いますか。

ポッキー」と思った人は、チョコレートの関与度がそんなに高くない人です(笑)。関与の高い人は、「コアラのマーチ」と答えるんですよ。中がチョコで、外側がスナック。どういうことかというと、関与の高い人は食感でグルーピングしているのです。チョコレート興味のない人は形状でしか分けられないんですね。
24 ななしのよっしん
2019/12/01(日) 03:39:38 ID: 7DbnT9ThW3
物事の本質を見出だそうとすることに意味はあるのかって?意味はあるでしょ。そもそも本質を見出だそうとせず勝手なことばかり言う人間ばかりだ。SNSなんて見てると本当吐き気する。掃き溜めにしか見えない
25 ななしのよっしん
2019/12/07(土) 12:22:02 ID: 1FqOXkeExs
このスレを見てると思う事があるのだけれど、太陽太陽にしか過ぎない。これが本質です。

太陽以上でなければ太陽以下でもないし、火星でも木星でもない。そうであれば、太陽太陽でしかない。

それを捻じ曲げて何か論理的な一つの観点でる事や、
それが自分にとって都合の良いものであるだろうという理想論的認識とその勝手な想像によって裏切られたと思う人間の思い方。そういった所に本当の問題が潜んでいる気がしてならないと思う。
26 ななしのよっしん
2019/12/13(金) 08:47:45 ID: edTMWhyuM5
じゃあアルファ・ケンタウリ太陽か?
ここで言う太陽という言葉が何を意味するかは、文脈によってしか判断できず
また文脈と関係に独立した意味を持つこともありえない
それはネジ曲がっているのではなく、多義的であることが不可避なんだ
27 ななしのよっしん
2020/10/17(土) 22:01:53 ID: YI8RPPzRGB
ここ見ていると本質とは現実からを逸らさせるためのただっぱちに思えてきた
28 ななしのよっしん
2020/10/18(日) 09:44:15 ID: ruljHIG4Wy
>>22 >>27
毎回本質を見れるわけじゃないけど、本質を見極められると便利だよ。木があるじゃん?木を倒したいのに葉っぱや枝をつついたり取ったりしても大して意味いじゃん?そんなの気にせず幹に突き立てれば解決。
状況把握的にも幹を捉えておけば、枝葉は幹からしか生えないから全体像を掴みやすく、傾向や未来予測もしやすい

技術を得るのに一番大事な幹や根(本質)をしっかり見極め習得すれば、枝葉の充実は簡単・応用も利く。枝葉にとらわれ時間を使うのはあまり良くない。

他人の話や思考の本質を見抜くとする。そうすれば全体像を掴みやすく理解もコピーも簡単だし、本質の弱点をぶん殴れば簡単に倒せる。

本質の応用として、葉がバラバラにある状態から、それらを繋げる枝・幹・根を自分で想像し運用することも可カオスな状態から法則性を見出し便利に使うことが出来る。
29 ななしのよっしん
2020/10/18(日) 09:55:19 ID: ruljHIG4Wy
最近気づいた、意識に行ってた本質を見つける方法
を分析する→疑似的に分解・カテゴライズする→他の対も同様に行う→複数の対同士を較する→それぞれに共通するカテゴリを見つける→そのカテゴリが他の対にも通用、応用出来れば成功→見つけた法則本質

他にも色々と本質を見つける方法はあるのかも。
30 ななしのよっしん
2020/10/29(木) 08:10:07 ID: IBDvhLgDdK
>>29
>疑似的に分解・カテゴライズする

自身が認識できない・理解できない物事に対しては難しいアプローチの方法だな。
もちろん、有効な場面もあるのだろうけど。
31 ななしのよっしん
2020/10/31(土) 21:00:09 ID: ruljHIG4Wy
>>30
遠くから見て木っぽい何かがあるて状態じゃ分解もカテゴライズも難しいだろうね。観察・知識・経験を通して対をハッキリ認識した後じゃないと

でも別の知識や経験を使って法則に当てはめてカテゴライズして本質を割り出す事は出来るかも。
機械の知識があるとする。見知らぬ機械を見つけたので中を見たところ、配線的にここが動でここが作動したらここが動きそう。これは○○的にした物で○○が弱点じゃないか?的な

だからそういう経験や法則を多く掴んでおくと便利かも。断片的な知識でなく、基礎から応用までの知識体系を。

遊びやゲームも案外良いのかもね。あれには法則があって上手くやるには法則を理解し最適化する必要があるし
32 ななしのよっしん
2020/11/15(日) 18:42:53 ID: IBDvhLgDdK
>>31
最初の例の「遠くから見て木っぽい何か」を認識出来ればいいんだけど、「生まれつき盲目の人は色を認識できない」ようにどうやっても存在すら感じれないことはある。
なぜなら「いままで経験していないし、革新的な治療でもない限り、これからも経験することはいから」。

だから、経験ってのはあまりあてにならないと自分は考える。
むしろノイズとして意識して排除すべき要素とすら思う。

急上昇ワード改