朱元璋単語

シュゲンショウ

               __
             /;;;;;;;;;;;;;\
            /;;:::::::::::::::::::::::\
       ∈=━/,,;;:::::::::::::::::::::::::.;ヽ━=∋
            L::;;,__     ..:::ゝ
          //;;;;::::::.. ̄ ̄ ̄ ̄..::::;;;ヽ
          / ;;;;;;;;:::::::::::;;;;;;;;;;;;;::::::::;;;;; ヽ
         /j/三三三三三三三三三三ヾ
         l::||::::              |l  
        / ̄\ヽ-=・=-′ヽ-=・=-′||     凌遅三千、滅九族!!
      r┤    ト::::: \___/     ||      
     /  \_/ ヽ:::.  \/    ,ノ    
      |   _( ̄ l―---oo-――'"ヽ__
      |   _)_ノヽ\  ハ // /    ヽ   
     ヽ____)ノ      ̄ ̄ ̄   /     ヽ

姓名: 朱 元 (本名は朱重八。のち朱宗→朱元璋める)
瑞 (多分後付け)
生没年1328年(元年)~1398年(洪武31年)
在位1368年(洪武元年)~1398年(洪武31年)
太祖
諡号: 開肇紀立極大聖仁文義武俊徳成功高皇帝 (長いので高皇帝省略されることも)
略歴明王朝の初代皇帝。治世の年号から洪武帝と呼ばれる。
2chでは「朱元璋とともに苦難を乗り越えてゆくスレ」の主人公として人気がある。

生い立ち

江南濠州、鐘離(現在の安徽滁州陽県)の出身。貧農の四男に生まれる。
朱元璋の生まれた元王朝末期災が多発しており、朱元璋自身も飢饉あるいは疫病で達を亡くしてしまう。生きるために鉢僧として各地を行脚したが、やがて1351年に白蓮教徒らによる巾の乱が発生し、巾軍の武将だったの元に身を寄せる。

の所で頭を表すようになった朱元璋の養女、氏を妻にめとり、徐達や善長などの幕閣を迎えるようになる。善長の進言で、朱元璋はこの頃からの高祖、劉邦を意識した行動を取るようになる。

群雄から皇帝へ

の死後、その親族を抑え朱元璋の勢を引き継ぐ。彼は応府(江)に拠点を置き、軍師の基らの進言を受けながら江南に勢を拡大していく。同じ群雄の陳友諒を鄱陽の戦いで破り(三国志演義における「赤壁の戦い」のモデルといわれる)、州のを降し、巾軍の名上のトップだった児を謀殺し、江南一帯を勢下に納める。

1364年に王を名乗っていた朱元璋1368年に皇帝に即位、号を大明とした。
当時、まだ元王朝華北地方より北を支配していたが、同年に朱元璋は徐達に命じて北伐の軍を起こさせ、元王朝首都大都(北京)を放棄してモンゴル高原に逃げのびる。朱元璋は十数年余りで他の群雄を降し中国全土を統一し、また元王朝の残党をほぼ壊滅状態に追い込んだ。

独裁制への道

明王朝政治体制は皇帝に権を一極集中させた独裁制で知られる。中書内閣府のような中央庁)を止して他の官庁や軍を皇帝直属にした。
また重農政策の過程で大地や大商人の財産を没収、世界史テストに出てくる鱗図冊(土地台帳)、賦役冊(戸籍台帳)、里甲制(村落の行政制度)、衛所制(兵農一致の軍事制度)などの制度を敷いた。

しかし朱元璋といえば万単位粛清を幾度も行ったことで著名である。少なくとも胡惟庸、善長、玉らの功臣を口実を付けて罪に問い、彼らに連座して多数の功臣が誅殺された。また「文字」と呼ばれる官吏や知識人の弾圧を実施、「光」禿」「僧」とかの字を使っただけで朱元璋過去を当てこすっていると多数の人が殺されている。
また、即位前にさんざん利用した白蓮教は王を建てた後は一転して弾圧している。

こうした朱元璋の政策を社会主義的な政策の走りと評する論者もいる。ともかく、明王朝300年の土台は朱元璋の代に築きあげられたといっても過言ではないだろう。

晩年

朱元璋皇后だった氏と皇太子の朱標は朱元璋の行き過ぎた粛清必死で止めていたが、1382年に皇后1392年に朱標が死ぬともはや粛清を止められる者はいなくなった。

朱元璋は26男16女の子沢山だったが、男子を各地に封じて大きな軍権を与えた。1398年に朱元璋が崩じると、孫の朱允炆(朱標の次男)が後を継いで建文を称したが、翌年に朱元璋の四男で、王だった朱棣が反乱を起こす。
靖難の変と呼ばれたこの兵乱を制した朱棣(後の永楽帝)と配下達がモンゴルとの戦闘経験豊かだったのに対し、建文政府有能将軍をあらかた殺し尽くしていたため乱の運命を決めてしまったとはよく言われる所である。

余談

  • 朱元璋といえば美男子の肖像画と醜男の肖像画が残っていることで有名である。多分後者が本物に近いと思われるのだが(の所に馳せ参じた時、間諜と間違われて殺されそうになったがにその面構えを気に入られたという逸話がある)、実は美男子のほうが本物ではないかという説もある。
  • 沿いを荒らしていた倭寇の討伐を要する親書を日本に送ったことがあるが、日本はちょうど南北朝時代混乱期で、九州に割拠していた南方の懐良親王がその親書を受け取ったため明は懐良親王の勢と冊封関係を結ぶことになった。のち足利義満が明に遣いを出した時、懐良親王の敵対勢の臣下としかみなされず義満は正式な交を結ぶため苦労することになった。
    ちなみに功臣の胡惟庸を誅殺する時の容疑は「元の残党と日本と共謀した」罪だった。
  • 中華人民共和国首相を務めた朱鎔基は、朱元璋の末裔を称している。また、朱元璋の武官だった人物の末裔にかの毛沢東鄧小平がいる。
  • 地方からの献上物のうち、固形粉末にして煎じる団(いわゆる抹茶)を贅沢だからという理由で禁止した。中国では抹茶ではなくお茶葉をそのまま煎じる散流となり、抹茶の習慣は臨済宗の開祖である栄西によって持ち込まれた日本に残った。
  • 中国史上、毀誉褒貶のしい為政者といえば彼と毛沢東の名がまず挙がる。清の歴史学者、朱元璋の事を「賢、傑、盗賊を兼ね備えた人物」と評している。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9C%B1%E5%85%83%E7%92%8B

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

朱元璋

45 ななしのよっしん
2018/12/07(金) 22:52:32 ID: mH55ywdYWQ
>>44
後者
ただ読み違いで殉死させられたんは50人くらいみたい
46 ななしのよっしん
2018/12/15(土) 12:27:36 ID: fbpfmnnytL
こうしてみると今の中国を作ったのは明だな
洪武帝が北太祖のような穏和な人間だったら良かったよ
47 ななしのよっしん
2018/12/20(木) 20:21:18 ID: Nzd3hoArbd
別に明太祖を擁護する気ではないけど
一応言っておくと、虐殺にも皇帝独裁や政権安泰の為という動機があるし、その手法がひどいってんなら激しく同意だけども、快楽殺人鬼でないところは摘しておきたい
政権とるまでの課程とかは魅的だけど、それからが暗いところとか、中国に与えた影は全体で見たらマイナスの方が大きいだろうってところとかは毛沢東にやっぱ似てるよね
48 ななしのよっしん
2018/12/23(日) 20:01:31 ID: fbpfmnnytL
でも、粛清やりすぎだろう
そのせいで世継ぎにしていた孫は叔父位を奪われて殺されたんだから、そもそも、息子たちを軍隊持たせて地方王にすえるなんてきちがいすぎる(普通は都で飼い殺しが普通だぞ)

まあ~洪武帝は胡いようのを終えたら、晩節を全うできたかもしれん。
玉の粛清はひどすぎる
49 ななしのよっしん
2018/12/25(火) 18:53:17 ID: c1POlSD0yZ
>>46 >>48  趙匡胤みたいなのだったら周辺民族されまくりだったでしょう、あと王族にを持たせないと王族を担ぎ上げて簒奪を狙う連中も現れるし洪武帝の政策は、全否定される物では、いでしょう。

建文に関しては、人望がく簒奪されても仕方がない。
50 ななしのよっしん
2018/12/26(水) 17:56:59 ID: fbpfmnnytL
建文は人望ない暗君とは言い切れない
まあ、軍事皆無だったのは痛い
普通に戦えば勝てたのを大義に拘って自滅したからな

趙匡胤を過小評価するな
されたのはの子孫である微宗のせい
51 ななしのよっしん
2018/12/28(金) 21:37:37 ID: Dol7+x75c4
fbpfmnnytLって項羽の記事に湧いてる粘着バカだよな?文章の書き方といい、特定の何かしら欠点があったり失敗した歴史の人物を過剰にこき下ろすし
52 ななしのよっしん
2018/12/29(土) 20:06:33 ID: fbpfmnnytL
洪武帝のやりすぎた粛清で官僚は事なかれ義に走ったからな
また、禁政策は長期的に見たら、まずいだろう
統治者としては洪武帝有能とは言い難い
どこぞのしかない小僧っ子よりは優秀だがね
53 ななしのよっしん
2019/02/20(水) 10:48:21 ID: f5Ebl802d0
どうみても過剰にこき下ろしてはいないと思うんだが

洪武帝はこれ、例によって身内は異常に信用するけど臣は異様に信用しないタイプでしょ
似たようなのは劉邦の頃にもあったけどあっちと違うのはやりすぎたせいで楚七の乱と靖難の変で結果が変わってしまったことよ
54 ななしのよっしん
2019/04/20(土) 13:35:51 ID: 3vpqT4FTre
細谷よりはよほど有能でしょうよ
手から叩き上げで国家を作り数年続かせたし