朱褒単語

シュホウ

「朱褒」(シュホウ ? ~ ?)とは、三時代のの武将であり、雍闓雍ガイ)の反乱に加担したものの許されて太守になったラッキーマンである。

・・・三国志演義だと殺されるけどな(高定)。

正史では

朱提出身で、牂柯を務めた。

を成立させた劉備が崩御すると、異民族高定雍闓雍ガイ)が反乱を起こし、朱褒は太守を自称した。

劉備の喪にして動けない諸葛亮より、勝手な振る舞いに対して常頎が派遣され、配下の役人達が処刑されてしまった為に激怒した朱褒は、常頎を殺して諸葛亮に「常頎が謀反を犯した」と訴えた。

諸葛亮は、常頎の子を処刑して朱褒を大人しくさせようとしたものの、結局、朱褒は雍闓雍ガイ)や高定の反乱に加わった。

しかし、討伐軍を率いた諸葛亮により高定の軍が蹴散らされ、雍闓雍ガイ)が先に降伏した事から高定に殺されると、孟獲を総大将にすえた高定が捕らえられ、朱褒もまた馬忠の軍に敗れて捕らえられた。

その後、高定は異民族に対する見せしめの為に打ち首となったが、朱褒の方は、孟獲を鎮圧した諸葛亮により許され、正式に太守になった。

太守を自称しただけでも処罰に値するのだが、その後の反乱が諸葛亮派遣した常頎が事を急いで挑発した為もあってか情状酌量されたものと思われる。

演義では

劉備が崩御した後、演義では南蛮王となった孟獲に呼応するかたちで反乱をおこした雍闓雍ガイ)に加担する益州南部の太守の一人として登場する。つまり演義では自称するまでもく最初から太守なのである。

演義では異民族からの太守となった高定が、諸葛亮の遠征軍と戦い、部下の顎煥が捕らえられて諸葛亮の離間の策をしかけられ、雍闓雍ガイ)と高定がお互いに内通を疑うようになると、先手をうった高定により雍闓雍ガイ)が殺されてしまう。

そして諸葛亮に降伏を申し出た高定が、朱褒と内通しているという嫌疑をかけられた為、朱褒を討つ様に命じられた高定の攻撃をうけた朱褒は討ちとられ、正史とは逆の状況となった。

演義では全に高定を帰順させる餌にしかなっていない。どうしてこうなった!
諸葛亮に親切な三国志演義ゆえ、正史の判断ミスかった事にする為に消されたのではないかと思われる)

その他「朱褒」の詳細についてはWikipediaの該当記事参照exit

関連動画

関連データ

コーエー三國志シリーズにおける朱褒の力一覧。

統率 政治 身体 運勢
三國志 72 18 46 87 39
三國志II 73 13 18
三國志III 59 60 67 14 54 30
三國志IV
三國志V
三國志VI
三國志VII 58 21 20 24
三國志VIII 70 21 20 45
三國志IX 65 71 18 26
三國志X 59 72 12 19 37
三國志11 68 73 34 32 40

関連商品

関連コミュニティ



関連項目

関連人物

 

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9C%B1%E8%A4%92

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

朱褒

1 ななしのよっしん
2015/11/02(月) 15:50:47 ID: aSNFSjvBsk
こんなところにも諸葛亮被害者の会会員がいたとは……。
2 ななしのよっしん
2015/11/02(月) 20:12:03 ID: HSEg4TqF5z
って副太守みたいなもの?
太守が病か何かで「、太守代理」くらいなら問題なさそうだけど

常頎の子どもらは被害者だな
3 ななしのよっしん
2016/02/28(日) 23:01:56 ID: O8CyLa6PPI
-50円武将・・・

急上昇ワード