杉下茂単語

スギシタシゲル

杉下茂(19259月17日~)とは、フォークボール神様であり、元中日ドラゴンズ大毎オリオンズに所属していたプロ野球選手である。

巨人西武では投手コーチを務め、阪神中日では監督も経験した。

概要

高校時代は「弱肩の茂」と言われるほど肩が弱く、一塁手として出場していたこと多かったが長身であったことを理由に投手として登板することもあった、なお当時はアンダースローで投球していた。ちなみにこの時に監督を務めていたのがのちに中日監督となる知俊一であった。

その後高校卒業し入隊、このとき下は野球経験者という理由で対抗競技の手榴弾投げに参加させられ、弱肩であったことを隠していた下はひたすらに手榴弾を投げる練習を続け、その結果皮にも下の肩は以前とはべ物にならない程強くなっていた。

終戦下はいすゞ自動車に入社し、当時の監督田久徳によってめて投手に抜、そんなある日、川崎コロムビアとの試合が組まれ、先発のマウンドに立った下は球審を務めていた知俊一と再会する。
高校時代とはべ物にならない程の強肩に成長した下に驚いた知は自身がOBである明治大学入学を薦め、下もそれに従い明治大学入学明治大学入学後も知の個人導を受け続け、のちに知が明治大学野球部のコーチになった際は知からフォークボールを伝授される。

49年には中日監督に就任した知の後を追い中日に入団、一年からフォークを用いて8勝を挙げ、二年には27勝で一躍エースの座に躍り出る活躍を見せる。

そして51年、先に川上哲治らと共に渡した下はサンフランシスコシールズキャンプにて毎日のように外国人選手の打撃投手をさせられる。
この時下はただ打たれるのはつまらないと考えたのか、ためしにフォークボールを投げてみたところシールズの選手はまともに打つことが出来ず、そのフォークボールは間もなく投げることを禁じられた。その後メジャーオープン戦にも登板した下に大リーグから誘いが来たため日本人初の大リーガーになる可性もあったが結局下は監督を気遣って帰した。

この経験が下に大きな自信を植え付けた他、間近でそのを見ていた川上哲治は帰後に「下のフォークボールは凄い」と周囲に触れ回ったため、後述のように下は積極的にフォークを投げることはかったにも関わらず他球団がその幻影に怯えたこともあってか、この年は28勝でチーム2位ながら最多勝を記録し沢村賞に選ばれる。

52年・53年はそれぞれ32勝・23勝を上げるも優勝できず、54年には51年限りで監督を退任していた知俊一にもう一度監督をやってくれるように頼みこみ、知もそれを承諾して監督に復帰する。
下は知の期待を裏切らないため、多少の理は承知で投げ続け、特にこの年の8月は16試合に登板し8連勝、9月にかけて7連投と連日登板し、9月17日巨人ダブルヘッダーではいずれもリリーフとして登板し両方とも勝利投手となっている。
10月10日巨人戦では8回終了時点で4-6と2点ビハインドだったものの、監督は9回表のマウンドに下を送り込み、その裏奮起した打線が同点に追いつき延長13回にサヨナラ安打が飛び出し勝利、この試合で中日巨人の息の根を止めて優勝、監督は今にも泣きそうだったらしい。
結局下はこの年リーグ最多の63試合に登板395と1/3回を投げて32勝12敗、防御率1.39273奪三振大車輪の活躍で、自身も最多勝・最優秀防御率沢村賞MVPを獲得、特に対巨人戦では18試合に登板し11勝を挙げた。

日本シリーズでは中西太大下弘などの強打者を擁する西鉄ライオンズと対戦するが、下は1戦、2戦、4戦、5戦、7戦登板し、それぞれ1失点勝利、6回からリリーフ登板し試合終了まで失点、3失点投で負け投手、2失点投で勝利投手完封勝利投手という活躍でシリーズ最優秀選手に選ばれる。(ちなみにシリーズ4投はあの化け物稲尾和久タイ記録。)
下は同僚と共に恩師の監督を胴上げに参加、監督は優勝時と違い今度は泣きながら胴上げされていた。
なお中日はこの年から2007年まで日本一から遠ざかることになる。

55年には当時国鉄エースだった金田正一熱する投手戦の末、国鉄四球一つの1-0に抑えノーヒットノーランを達成、実は49年にもノーヒットノーランを達成できそうな試合があったのだがこの時は投手強襲安打を受けて負傷してしまいマウンドを降りていた。
ちなみに一の四球金田に与えたもので、この2年後下は0-1で金田完全試合という形でのリベンジをくらっている。

その後も下は58年まで連続で二桁勝利を挙げていたが右ひじの痛みもあり58年で引退中日で挙げた211勝は山本昌更新されるまで球団記録だった。
59年・60年は中日監督を務めそれぞれ2位と5位の成績であった。

その後大毎の永田オーナーから「君はまだ若い、しばらく大毎で遊んでおれ。」という誘いを受け、61年限りで大毎で現役復帰し、4勝を挙げた。

64年からは阪神コーチを務め、外国人投手初の沢村賞投手となるジーン・バッキーを鍛え上げた他、66年には監督も務めた。(結果は3位)
その後は68年に中日監督(結果は最下位で一年限り)、76年から80年まで巨人投手コーチ93年から94年まで西武にて投手コーチを務めた。

1985年には野球殿堂入り現在でも中日キャンプを積極的に訪れて若手選手にフォークを教えたり[1]2012年には自身の球団記録を更新した山本昌の元を訪れ「この野郎!」と励するなど90歳をえてもなお精的に活動する高性能じいちゃん凄いお方である。

2016年、3/29の中日開幕戦で始球式に登場。90歳でありながらピッチャーマウンドからキャッチャーまでノーバウンドで投げるという健肩を披露。観客を驚かせた。

ちなみに通算で215勝を挙げているが、下は大正まれのため名球会には参加していない(正確には参加資格がない)。

フォークボール

フォークボール神様と呼ばれるように日本初のフォークボーラーとして名を売ったが、下は試合の中では肩・肘への負担を考えてフォーク余り使用せず、加えてプロ入り時は「川上哲治をどん中のストレートで打ち取りたい」という夢があり、多くても1試合で5~6球しか投げなかったため、基本的には長身から放られる速球とカーブ体とした投球だった。

また現在の回転しながら落ちるフォークと違い下のそれは回転で左右に揺れながら落ちるナックルボールに近いもので、投げている下も「どこにいくのか、ボールに聞いてもらわないとわからない」と言うほどで、あの川上哲治ですら「捕手が取れないのに打てるはずがない」と言わしめたまさに魔球であった。
なお下は現在プロ野球で投げられているのはほとんどがSFFと言っており、「本物のフォークを投げたのは私と村山実村田兆治野茂英雄佐々木主浩だ。」ともったとも言われる。

元祖フォークボーラ―だけあって下からフォークを教わった選手は多く、ゆでたまご板東英二もその一人である。

年度別成績

年度 球団 登板 完封 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率 WHIP
1949年 中日 29 7 0 8 12 -- -- .400 159.2 66 66 81 65 3.66 1.42
1950年 55 22 2 27 15 -- -- .643 325.2 134 209 135 116 3.20 1.24
1951年 58 15 4 28 13 -- -- .683 290.1 90 147 116 76 2.35 1.25
1952年 61 25 6 32 14 -- -- .696 355.2 96 160 118 92 2.33 1.16
1953年 45 13 1 23 9 -- -- .719 266.2 91 156 98 84 2.83 1.20
1954年 63 27 7 32 12 -- -- .727 395.1 103 273 71 61 1.39 0.93
1955年 53 24 5 26 12 -- -- .684 328.0 57 247 62 57 1.56 0.86
1956年 42 19 4 14 14 -- -- .500 248.0 48 167 70 55 2.00 0.89
1957年 41 6 1 10 7 -- -- .588 169.1 32 122 43 33 1.75 0.83
1958年 46 10 1 11 9 -- -- .550 218.0 46 161 56 43 1.78 0.00
1961年 大毎 32 2 0 4 6 -- -- .400 85.0 29 53 29 23 2.44 1.25
NPB:11年 525 170 31 215 123 -- -- .636 2841.2 792 1761 879 705 2.23 1.08

文字リーグ最高。

監督通算

通算:4年 試合 勝利 敗戦 引分 勝率
NPB 405 182 215 8 .458 Aクラス2回、Bクラス2回

関連動画

2016年90歳での始球式16:00ごろ~)

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *1996年以降、キャンプには臨時コーチとして参加し続けている

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9D%89%E4%B8%8B%E8%8C%82

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

杉下茂

2 ななしのよっしん
2014/01/30(木) 10:46:19 ID: cO2GYT7Zzv
フォークボールについて本人の言をまとめると
回転でふらふらと揺れながら落ちる
・時には伸びる
ストライクゾーンは通る
というよくわからない球なので
フォークというよりはナックルボールに近いものなのかもしれない
ナックフォークなんてもんもあるし
3 ななしのよっしん
2015/03/02(月) 19:29:44 ID: qhN8rm2tS/
フォーク自体回転がかからないように投げる球種だしね。
低回転状態だとマグヌス効果ボールが落ちるわけだけどこの人の場合ほぼ璧に回転状態まで到達しちゃってるからナックルの変化まで発生しちゃってる。
フォークを極めたらこうなるって実例だと思う。
4 ななしのよっしん
2015/05/11(月) 01:31:08 ID: aFGIcTLZYR
やっぱ長いんかね?
5 ななしのよっしん
2015/07/05(日) 02:32:53 ID: HqeHQGDS0y
はわからんけど手の付け根から中の先まで22センチあったってどこかの本に書いてあったよ。
しかも上には上がいて、村山実23センチもあったらしい
6 ななしのよっしん
2016/02/11(木) 02:33:18 ID: rNyUGSOCjk
90えてもなお元気に中日キャンプを視察
岩瀬の投球を見守る
7 ななしのよっしん
2016/05/04(水) 12:46:11 ID: rtIYqYlKHS
背も曲がってないし話し方も明晰
矍鑠ってのはこういうのを言うんだろうなあ
8 ななしのよっしん
2016/10/21(金) 02:38:06 ID: +of1Se9ORd
いつぞやの週ベかなんかの雑誌のインタビューフォークの握りを披露してたが大きい手だったな
ちゃんとボール横の一番広い所を挟んでるのに余裕そうに見えた
綺麗な握りだったわ
9 ななしのよっしん
2017/02/26(日) 14:09:16 ID: Zti23Z+iTZ
御年91歳、今年も元気にキャンプに参加
休日には阪神キャンプを訪問して藤川球児アドバイス
さすが神様
10 ななしのよっしん
2019/02/01(金) 18:35:32 ID: 2ExX9P6Klr
今年も元気にキャンプに参加。御歳93歳でも背筋がピンとしておらっしゃる。
11 ななしのよっしん
2019/03/19(火) 02:57:27 ID: pZq+G6Wedb
この記事には今時点で間違いが少なくとも1カ所ある
書いた人はおそらく意識に書いたんだろうけど、そんなところが間違いになるのにまだコーチやってるのが凄いところ

ヒント:経歴はあってるけど本文がそれに対応していない