杉元佐一単語

スギモトサイチ
2.6千文字の記事
  • 9
  • 0pt
掲示板へ

杉元佐一とは、野田サトルの漫画ゴールデンカムイ」の主人公である。

はカネで、アシㇼパさんは
 的は違えどは同じ

 二人で手を組めば棒だ」

概要

CV.小林親弘

大日本帝国陸軍第一師団の隊員。
日露戦争覚ましい武功を上げ、その時ののような
戦いぶりから「不死身元」と呼ばれる。
彼を不死たらしめているのは、死地に活路を見出すことができる
並外れた度胸と驚異的な回復
除隊後、戦死した友との約束を果たすべく
ゴールドラッシュに沸いた北海道へ。
そこでアイヌの村から奪われた埋蔵金の存在を知り、
精強で知られる陸軍第七師団や悪な脱獄囚を向こうに
争奪戦を繰り広げる。 アニメ公式サイトより

人物

軍服姿に身を包んだ、顔に大きな傷を持つ退役軍人。
上記の通りに戦場で類まれな武功を上げているのだが、気に入らない上官を半殺しにした罪で恩給を大幅減額されてしまった。
家族は全て結核で亡くしていて孤独の身。
戦死した友の妻とは幼馴染且つ以前は相思相愛の仲でもあったらしく、眼の病の治療を受けさせたいという友の願いをえるべく埋蔵金争奪戦に身を投じる。

性格については、少なくとも接する人間に敵意さえなければ友好的で温厚。特に子ども、お年寄り、病人と言った弱い立場の人間はとことんまで優しい。若干恥ずかしがり屋な面も垣間見られ、そう饒舌な方ではないようだ。
ある程度以上気心の知れた相手にはっ気も発揮し、アシリパさんを差し置いて何故か少女漫画のような乙女チックモードになることもしばしば。
少し猫舌気味のようで、シャチ田揚げ回では田揚げ、子持ち昆布揚げのそれぞれで少女漫画モード猫舌反応を披露。立て続けに妙に可愛いこぶった反応で食べる姿を見せられ、白石も「不死身のくせに猫舌かよ ダセえなッ!!」とイラついていた。

元のスタンスとして自らと異なったモノ、義や信条、習慣など、敵対ないしこちらの的を妨するものでない限りはどこまでも寛容に受け止めるところがある。家族結核で亡くした際に、流行り病という事で偏見差別を受けた経験がしているのかも知れない。
当時の余裕のない時代において、異文化に一切の偏見を持たず摯に接する元だからこそ、聡明なアシリパさんの全幅の信頼を勝ち得たのだろう。
そんなアシリパさんのご好意で勧められる動物の生のみそやも快く食べる。生食は心なしか嫌がっていそうに見えるが多分そんな事はない。

そんな普段は気の良い元だが、敵対者にはとことんまで容赦しない冷な面もある。
日露戦争での経験から自分が死なないためならなく殺すという意識が染みついており、ついさっきまで優しく接していた相手ですら不意打ちで攻撃を受けても即座に、かつ冷静に殺す気で刺し返すなどしている。脱獄囚の刺青人皮も率先して殺して剥ごうとはしないが、敵対すれば容赦せず、死んでいればなく皮を剥がす。表情の消えうせた顔で死体の皮を剥がすところを見ながら、味方である白石すら(こいつが一番おっかねえ)と内心ドン引きしていた。

反面戦闘狂という訳ではなく、むしろ罪悪感に苛まれ続けている。
戦争では「ロシア人は人間ではない」と強引に自己暗示をかけて殺してきたからPTSDを患っていて、アニメ6話でもフラッシュバックを起こす描写がある。殺した人たちを忘れないことを償いとして罪の意識を持っているのだが、同時に容赦なく敵を殺せる自身の精的な異常性は認識しており、一層元を悩ませている。
戦場から故郷に帰った直後に友の妻にあったものの、眼の病気で視を失った彼女に血の匂いから自分だと認識してもらえず拒絶されるなどして更なるトラウマを抱えてしまった。
不死身元のこういった苦悩もこの作品の扱う一つの要素となっている。

作品内での元の仕事戦闘食レポ
特にアシリパさん特製アイヌ料理の食事レポはゴールデンカムイの最も大事な場面の一つでもある。アシリパさんなどアイヌの人々から教えられたアイヌの慣習などは直ぐに実践してみせ、異文化への寛容さと好奇心の旺盛さが見て取れる。
ヒンナヒンナと食材への感謝のことばを口にするのはもはや習慣と化している。
和人が食べなれないみそなどの生食についてはやっぱり嫌そうだったり表情が死んでいたりヒンナの言葉に感情が感じられなかったりするが気のせいだろう。
常に味噌携帯しておりアシリパさんとの絡みで大いに役立つ。アシリパさんがオソマの壁を突破して以来良く減るのでたまに町で買い足しているそう。

アシリパさんとは固い信頼関係で結ばれている。
でのサバイバルは素人な元に確かなサバイバル術を教えてくれるアシリパさんには敬意を表して常に「さん」付けで呼称する。
アシリパさんから寄せられている絶大な信頼に答えるように、元の方もアシリパさんへの仲間意識と保護意識は非常に高い。何者かがアシリパさんへ危を加えようものなら怒り狂って皆殺しにする場面もあるほど。少々異様と言ってもいい程なのでここにも心の傷がしているのだろう。

装備

武器は三十年式小銃と三十年式銃剣。しかし射撃よりも銃剣活用したり自体で殴打したりと泥臭い使い方が多い。格闘戦では作中随一の強さを誇り、その強さのは格闘術そのものの練度の高さというよりも、追い詰められて死を前にしても決して怯まない度胸と生への執念にあるようだ。窮地のときほど不死身元だ!」と自身を鼓舞して大立ち回りする。また重症以上のケガを負っても非常に回復する桁外れな生命も持つ。

射撃は人より下手というわけではないようだが、ゴルゴもかくやという狙撃の名手尾形や元マタギ谷垣撃ちの達人二瓶など、射撃でずば抜けた技術を持つ登場人物たちとべると明らかに命中率が悪いので、軍人としてはレベルという事だろう。

モデル

杉元佐一の名前戦争で死地を突破し援軍を呼んで味方を助けた作者の曾祖から取られていることが作者ブログで明かされたが、同時に人物としては別人であるとしている。
人物としてのモデルは驚異的な回復を持ち「不死身の分隊長」の異名で呼ばれていた旧日本軍舩坂弘だと言われている。

関連動画

関連静画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 9
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9D%89%E5%85%83%E4%BD%90%E4%B8%80
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

杉元佐一

17 ななしのよっしん
2021/08/25(水) 13:32:48 ID: FkZjoyUzGX
この人、敵がいない時は少年漫画主人公並みに純だから金カムグロギャググルメが交互に来る青年漫画であることを忘れる
アシリパさん探すためによっしゃ劇やるぞってなってる時のコマ少年漫画それなんよ
18 ななしのよっしん
2021/09/08(水) 16:58:23 ID: 1tg+y7IwJf
戦争帰りで屈折しまくってたりんじゃった所はあっても人格的にはあくまでも達観しきれてない二才なのが良いよな
なんか今までにありそうでなかった「戦争知ってる若者」な主人公
19 ななしのよっしん
2021/09/19(日) 15:30:22 ID: nAbhFA4QBN
アシリパさんとのコンビは好きだが
くっつく(=恋愛感情を抱く、結婚する)ことはあってほしくない
ちゃんの存在もあるけど、これまでそういう素振りが一切いのに今更そんな心情変化が描写されてりしたらずっこけ
20 ななしのよっしん
2022/01/31(月) 13:11:14 ID: TJ/aNynuUv
岩息との殴り合い中に自分を「ッ、は…役立たず…!!!」って責める場面は漫画でも泣いたけどアニメでも泣いた
岩息の「許してやりなさい、頑ってるじゃないですか、そんなにボロボロになるまで」がほんとに良い台詞
でもその後すぐまたバーニャだから
泣いて笑ってを地で行ける漫画過ぎてほんと凄い
21 ななしのよっしん
2022/04/19(火) 16:19:18 ID: 8HskDp/7IJ
基本動物スキのお茶なところもある好青年なんだけど
故郷での差別戦争で壊れて殺人鬼モードも追加されてしまった
22 ななしのよっしん
2022/04/19(火) 16:26:12 ID: dnkKkViC1s
ちゃんとオンオフ切り替えできるだけでも立なもんよ

でも脳汁出るような衝撃は与えないで下さい
23 ななしのよっしん
2022/05/01(日) 15:04:32 ID: w4yh4tI/F5
本懐を遂げたうえでのハッピーエンドを迎えられて良かった。
助かった経緯やその後については最終巻加筆が楽しみだ。
24 ななしのよっしん
2022/05/07(土) 20:08:54 ID: V/nJy3hDG5
良い漫画だったな本当に
令和の大傑作
25 ななしのよっしん
2022/05/10(火) 02:09:16 ID: w4yh4tI/F5
争奪戦に参加しなくてもちゃんはいずれ助かったとはいえ、
それでは故郷で村八分にされて、ちゃんにも認識されず拒絶されたトラウマを抱えた
彼自身の心が救われないままだっただろうし、死ぬまで空っぽ人生を過ごした可性だってあると思う。
アシリパさんに会えた事やそれまでのの経験を得た事や岩息さんのカウンセリング(物理)
受けた事は本当に救いだった。
26 ななしのよっしん
2022/05/10(火) 16:28:55 ID: FmKuwWBp6F
助かったのは最後に刺された位置が良かったのかもな
ん中じゃなくて肩よりに刺されてたし、近くに白石谷垣も居たから飛び込んで助けてくれたのかも。