杉浦貴単語

スギウラタカシ

杉浦貴とは、プロレスリング・ノアに所属するエース格のプロレスラーで、レンチ王方舟最の男である。
1970年5月31日生まれ、愛知県名古屋市出身。元自衛官で、現在ミスターススキノ(キャバクラ)

概要

高校柔道を学び、二段の実績を持つ杉浦は、自衛官となりアマチュアレスリングに転向。
全日本選手権ではグレコローマン82kg級優勝、国体3度優勝の実績を持つ。
その後オリンピック出場を逃し、本田多聞を慕って全日本プロレスに入団。練習生として過ごす。
全日本分裂後、NOAHの旗揚げに参加。2000年12月23日志賀太郎金丸義信、猛戦でデビュー
(パートナー井上雅央皇猛。)
総合格闘技にも参戦しており、2002年ダニエルグレイシーを相手にデビューしている。

レスリングに精通していたことから、寝技、投げ、力技が多いファイトスタイルを駆使して試合を運ぶ彼は、
現在TNAのレスラーであるカートアングルの技を数種類取り入れている。
またデビュー当時はジュニア戦線で戦っており、2003年にはGHCジュニア2005年にはGHCジュニアタッグを獲得、
丸藤正道に次いで2人となるNOAHジュニア2冠を達成した。(本人はキャバクラベルト含め3冠だと。)

2006年以降からはヘビー転向。高山善廣や丸タッグを組むようになると、同年にはGHCタッグを獲得。
2009年からは新日本プロレスにも参戦するようになり、7月には棚橋弘至の持つIWGP王座にも挑戦した。
同年の12月6日には潮崎からGHCヘビ王座を獲得し、丸以来のGHCグランドラムを達成。
東スポプロレス大賞、殊勲賞を受賞している。

2010年に入ると真壁刀義からGHC王座を防衛し、これまで7度の防衛に成功。
当時、選手大量欠場や観客暴動騒動などで苦に立たされたNOAHを牽引、覚悟の姿勢で観客を惹きつけた。
その功績が認められ、7度の防衛となった12月日本武道館大会では9月の不入りを吹き飛ばすかのように
満員の観客動員数、8600人を記録。汚名返上に成功した。
さらに2010年東スポプロレス大賞、最優秀選手賞も受賞。今後もNOAH健介オフィスなどでとして活躍する。

札幌最強の男、ミスターススキノ

杉浦は妻帯者でありながら、シリーズで訪れたでは必ず歓楽に通うという、極度のキャバクラ好き。
が入ると記憶がくなるらしく、先輩である浅子覚トレーナーに暴言を吐いたこともある。
そのため札幌大会では異常り切りを見せ、オリジナルベルト「キャバクラベルト」
(Global Cabakura CrownまたはGlobal Honored Cabakura)を装着してリングに上がる。
そのため、大会でのタイトルマッチではチートクラスの強さを誇るという。

この事が災いし、日テレによるNOAH×芸人コラボ大会では試合に負けた際、杉浦がキャバ嬢に送った
恥ずかしいメール開されることもあった。
ちなみにVTRに登場したキャバ嬢からは「すぎっち」と呼ばれているそうだ。
(その時のパートナー井上雅央。彼く、「央の芸人レベルカラテカ」だとか。)

余談であるが、週刊プロレスインタビューではなぜか全裸になることが多い。

関連動画

 

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9D%89%E6%B5%A6%E8%B2%B4

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

杉浦貴

1 ななしのよっしん
2010/12/18(土) 07:58:12 ID: RQxuWii5VE
IWAジャパンUMAと戦ったことにも触れようよ