村田周陽単語

ムラタシュウヨウ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

村田周陽とは、小島プロダクション所属のゲームクリエイターである。イケメン

称はムラシュウムラシュー。「村の田んぼで周る太陽」。

経歴

1995年コナミに入社。その後しばらくはラジオドラマ制作に係る。

制作に参加したCDの数は50本にも及び、その時の経験から「、前CD作ってたんで」という名言が生まれる。

ラジオドラマ時代の代表作に『クリック&デッド NETWAYスリーパーズ』、『メタルギアソリッドラジオドラマ版)』、『ときめきメモリアル 虹色の青春 forever』など。

99年、小島秀夫の誘いを受けて小島組(現・小島プロダクション)に移動。きっかけは後に『メタルギア ゴーストバベル』に収録され、後にインターネットドラマとなった『アイデアスパイ2.5(ツーハン)』のシナリオだったとか。

2001年、『Z.O.E』の脚本補、レンダーデモ監督を務める。
同年、『メタルギアソリッド2』に収録された小説シャドーモセスで明かされた驚愕の陰謀』執筆。「ゲイリー・マクゴールデン」なるトンデモジャーナリストシャドーモセスに単独潜入するという色々とぶっ飛んだギャグ小説はごく一部で話題となった。

2004年、『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS』を監督する。
村田周陽初監督作品となった本作は、前作『Z.O.E』の不満点を善した良質な「ハイスピードロボットアクション」に仕上がっており、非常に高い評価を得ている。この『ANUBIS』のおかげで現在でも『Z.O.E』の続編が望まれていると言っても過言ではない。

同年発売された『メタルギアソリッド3』では小島秀夫福島智和と共に脚本に参加。その他とある条件を満たすとプレイできる「悪夢ゲームガイサベージ』」のゲームデザインを担当。
ガイサベージ』は元々村田監督コジプロ制作で進行していたものがお蔵入りとなり、その残滓を再利用したもの。
MGS3』に収録されているバージョンセピア色のためやや緩和されているものの、実際の『ガイサベージ』はフルカラーで描写されるゴア表現オンパレードだったらしく、各方面で不評を買いあえなくお蔵入りになったという。
ちなみに、『ガイサベージ』の音楽山岡晃に担当してもらう予定だった。

2006年インターネットパイロットドラマアイデアスパイ ツーハン作戦』の脚本・監督を務める。
また、自身も「JEA幹部A」としてで出演している。元演劇部という経歴からか演技は上手い。

2008年、『メタルギアソリッド4』に脚本・監督で参加。小島氏との共同監督となる。

2010年、『メタルギアソリッド ピースウォーカー』の脚本・演出で参加。

2011年、『スナッチャー』を原作としたドラマCDSUDA51's SDATCHER』の監督を担当。脚本は須田剛一

2015年9月2日発売のシリーズ最新作『メタルギアソリッドV ザ・ファントム・ペイン』でも脚本で参加している。 

小島秀夫との関係

前述の通り、小島秀夫からのスカウトで小島組に参加したという経歴を持ちつつ、何故か当の小島氏からはに扱われていることが多い。

論これらイジられネタどはジョークであり、実際は二人で一緒に映画を見に行くなど、プライベートの関係は良好な様子。

インターネット配信番組『コジマステーション』では「映画コーナー」「MGSる」などでに聞き手役として参加している。聞き手役という立場なので仕方ない気もするが、わざわざ紹介テロップで「聞くだけムラシュー」「いるだけムラシュー」と紹介されるなど、イジられキャラとしての立場は健在な模様。
 

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

村田周陽に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9D%91%E7%94%B0%E5%91%A8%E9%99%BD

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

村田周陽

1 ななしのよっしん
2015/12/10(木) 10:09:07 ID: DjFgsFyRy9
記事作成お疲れ様です
2 ななしのよっしん
2017/08/17(木) 11:05:30 ID: 8gpKALSvWV
この人は今どうしているんだろう?
まだコナミに残っている?
3 ななしのよっしん
2018/09/24(月) 15:35:56 ID: /4MFC13vTR
確定ではないけどコナミにはいない様子
コジプロに合流してるんかな?

急上昇ワード