来島又兵衛単語

キジママタベエ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

来島又兵衛とは、長州ガチムチ老兵である。

概要

文化14年(1817年)1月8日長門船木宰判西高泊村にて、給通士(給領地を持たない下級武士)喜多の次男に生まれる。幼名之進。諱は政久。旧名次郎。

若い頃より文武に長け血気盛んで、保7年(1836年)、20歳で大組士来島又兵衛政常の婿養子になる。

保12年(1841年)、保の三剣豪の一人と称された筑後柳川大石進にを学ぶ。剣術槍術術は達人の腕前で武人として名を馳せ、形のみでない実践的な武芸をと庁に提案し、村田の賛同を得ている。

化3年(1846年)には江戸に赴き、久保田助四郎場にて更にの稽古に励む。

嘉永元年(1848年)、帰。手組(の側役)に加えられ、世子・毛利定広の駕籠奉行を務める。

嘉永4年(1851年)1月督を継ぎ翌嘉永5年(1852年)から来代々の通称「又兵衛」を名乗る。

嘉永6年(1853年)3月毛利慶親(敬親)に随従して江戸に出府。米国艦隊来航を体験し、12月へ外夷防御の意見書を提出している。

幕末の鴻門の会

文久2年(1862年)6月長州薩摩の対立が面下で生じ始めていた頃、重役の周布政之助が関係修復をめて薩摩士との宴を開いた。

長州からは周布の他来ら数名、薩摩からは大久保一蔵(利通)、次郎(地知貞)らが出席。この時周布を挑発したため、が入ると変する周布舞と称してをぶん回し始め、元々血の気の多い来に手をかけ乱闘寸前になったが、大久保の機転のおかげか事なきを得た。

会計担当又兵衛

は武芸だけでなく算術にも優れ、吉田松陰からは「来島又兵衛は胆人に過ぎ、又精算密思あり」と評され、安政以降は大検使役、江戸方御用所役など財務会計に携わる役職を歴任している。

文久2年11月高杉久坂玄瑞ら十数人が外国人襲撃計画を立てた際、やる前に楼への借を返そうという話があり、井上聞多()が当時江戸方御用所役として会計握していた来のもとにやって来た。

( ^Д^)「学費欲しいからお金頂戴 」
( `八´)「甘えんな小童!無駄遣いダメ。ゼッタイ。

と来に怒られた井上は、来染みの遊女から預かった心の手紙を渡した。

( ^Д^)「くれなきゃ今すぐ切腹しちゃう! 」
(;`八´)「 ぐぬぬ

こうして来の醜聞を利用した井上は首尾よく来から金子をせしめた。

( ^Д^)「手紙捏造だけどな!」

まさに外道

八月十八日の政変

文久3年(1863年)5月、下関で攘夷戦が始まると関総奉行手元役として戦闘に参加。6月名により猟師を集めて狙撃隊を組織。上して禁裏守衛に当たり、7月には政務座に参与。

8月18日の政変時は京都留守にしていたが、長州に同情的なが多いと見た来はこの機を逃してはならないと進発論をし始める。

10月1日和泉の説得に押された庁は、都落ちした七卿を伴って卒兵上するための準備をするよう諭告を出した。これを受けて来は遊撃隊を編成・統括して準備を進めた。周布政之助、桂小五郎高杉晋作は危険過ぎると進発論に反対したが、来はこれを因循として受け付けず、上の命が出ないなら脱してでも上すると言い出し、元治元年(1864年)元旦には

( `八´)「この首を 取るか取らるか 今

と物騒な句まで詠んでいた。心配した子は高杉に親書を持たせて来を宥めに送ったが、

( `八´)「新地六十石の高に甘んじて姑息の論を唱えるとは、昔日の英気を忘れたか!」

と煽られたため、高杉

( ゚Д゚)「うるせー馬鹿!オレが代わりに京都行くから連絡するまで来んじゃねーYO!」

と言って出奔。京都に潜入して桂小五郎久坂玄瑞らと対応を協議したり、島津久光ヌッ殺し計画を立てたりしていたが、帰を受けたため長州に戻り、3月29日に脱走罪で投された。

禁門の変

shoin01shoin02
shoin04shoin05
shoin07shoin08

や久坂の自重論を重く見た庁は卒兵上を延期する代わりに来を形勢視察の名京都に向かわせた。

4月10日京都邸に入った来は、火消装束やら鎖帷子を買いめ、忠臣蔵に倣って会津松平容保への襲撃を企てた。警備厳重のためこの計画は見送られたが、参預会議の解体で合体諸侯が相次いで京都を離れたため、今こそ決起の時と益々奮発し始めた。

山口に戻った来と久坂は進発論を唱え、周布は機が熟すのを待つように宥めていたが、長州からの請願を今後一切受け付けないという朝廷からの宣告で進発論が優勢になったところで、6月12日池田屋事件の知らせが飛び込んできた。この知らせで論は一気に進発論に傾き、庁は出を命6月16日、来は遊撃軍を率いて三田から出航した。

する時の来の姿は高帽子羽織をまとい、戦国時代の絵巻物から抜け出してきたような貌だったという。

21日に大坂着。27日に天龍寺に入った。

長州軍の着を受けて、朝廷では中山忠能正親町三条実愛が赦免論をしたが、徳川慶喜がこれを拒否し、赦免するなら自分と松平容保・定敬は辞職するとして、薩摩西郷隆盛もこれを支持。赦免論は立ち消えした。

国司信濃益田右衛門の部隊が到着すると、慶喜は撤兵説得のための使者を送った。応接した来

( `八´)「断る!私どもは死に進むを知って生に退くことを知りませぬ」

と拒否した。慶喜は長州軍の力部隊が到着する前に決着を付けるため、永井尚志を使者に立て7月17日を期限とする撤兵要を突きつけた。

17日、長州軍の最後の軍議が開かれ、来が進撃の準備は整ったかと皆に尋ねると、同席した久坂、福原越後、宍戸之助ら幹部は全員答えなかった。怒った来はこの期に及んで何をするのかと怒鳴りつけると、久坂は世子が率いる力部隊が来るまで待つべきだとしたが、来

( `八´)「医者坊主に何が分かるか卑怯者め!お前達は東山でワシの戦いぶりを見物しちょれ!」

大人気ないことを言い、和泉もこれに賛同。翌日半に進撃開始と決定された。

18日半、天龍寺に布していた来国司の部隊は二手に分かれ、来の部隊は蛤御門に向かった。午前5時頃には蛤御門に到達して会津軍と衝突。門を打ち破って会津軍を追い詰めたが、門を守っていた西郷隆盛率いる薩摩軍の援護射撃で来が胸を打ち抜かれて落。来は付き添っていた甥に介錯を命じて自害した。享年48

その後総崩れ状態になった長州軍は潰走し、久坂玄瑞寺島三郎入江九一、和泉らも次々と自害、戦死していった。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9D%A5%E5%B3%B6%E5%8F%88%E5%85%B5%E8%A1%9B

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

来島又兵衛

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 来島又兵衛についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード