東京女子プロレス単語

トウキョウジョシプロレス

東京女子プロレスとは…

サクセス運営するブラウザゲームリング☆ドリーム 女子プロレス大戦』に登場する架プロレス団体。→『リング☆ドリーム』の項を参照。

DDTプロレスリング運営する女子プロレス団体。当項ではこちらについて説明する。称は「東女(とうじょ)」。

概要

元々「女子選手めんどくさいから…」等と発言していた高木三四郎社長がこの団体を旗揚げすることになったきっかけはDDTプロレスリングに大崇というレスラーが入団したことがきっかけである。大崇の実姉である大望は「だいのぞみ」と言うリングネームNEO女子プロレスで活躍していたレスラーであった。このことを知った高木三四郎社長彼女をかけた。すると彼女は「一度は引退したが、現役に復帰したい。」と訴えたため、彼女に現役復帰の場を用意しようとした所からすべては始まった。当初は他に女子選手も所属するユニオンプロレスに入団する予定であったが、NEO女子プロレスの元社長でありアイスリボンマッチメーカー卒業してフリーとなっていた甲田哲也氏がDDTに入社して女子プロレス事業部長に就任。だいのぞみめNOZOMI一の所属選手とする新団体「東京女子プロレス」旗揚げの準備に入ることになった。NOZOMIは旗揚げまではユニオンプロレスアイスリボンなどに参戦。DDTの15周年記念行『武道館ピーターパン』にも出場を果たした。
しかし、旗揚げのきっかけとなったはずの大崇はデビュー戦で負傷し長期欠場に入ったままDDTを退団。すると「姉弟リングに立つ。」と言うことを標にしていたNOZOMIも彼の後を追うように退団してしまう。この時点で東京女子プロレスは初のイベントを2ヵ後に控えた時点で所属選手0人、初イベントデビューする予定の練習生が3人だけという状態に追い込まれてしまう。

2013年1月デビューイベントを行うが、この時点で選手は菜(後のKANNA)、山下実優、木場千の3人だけ。会場は格闘技用の会場ではなくTwinBox AKIHABARAと言うライブハウスリングではなくマットを敷き試合を行った。カード明対山下シングルマッチに、木場と木曽フェリーによるサンボのエキシビジョンマッチ。そしてアイドルによるイベント。この組み合わせは7月に4人の所属選手である中島翔子デビューするまで続いた。
そして所属選手が4人となった所で高木三四郎社長からこの年の両国ピーターパンでのダークマッチとして初のリングでの試合を行うと宣言。満員となった両国国技館リングで試合を行った。
そしてこの年の12月北沢タウンホールDDT本隊との行と言う形で正式な旗揚げ戦を行う。この時点で所属選手は8人となり、徐々に行における試合数も増えていく。

2014年にはこれ以降定期的に行を行う王子BASEMENT MONSTARで初行を開催。4月にはDDT本隊を戦場としていた赤井沙希が、6月にはケンドー・リリコの負傷欠場をきっかけに声優レスラー清水愛が参戦。以降は東京女子プロレスのレギュラーとして参戦を行う。7月には提供試合として長野と、なんと初の海外となる中国で試合を行う。8月には闘うビアガーデン行として新木場1stRINGに初進出。9月には初の地方行となる福岡さいとぴあ大会を開催。11月には横浜ラジアンホールに初進出と徐々に行の会場の幅を広げていく。

2015年2月には新宿FACEに初進出。この新宿大会を最後にアイドルライブ止、また赤井沙希清水愛によるユニット「美威獅軍」が参戦(後にKANNAもユニットに参加)。4月にはニコニコ超会議2015プロレスリングにおいて、8月にはニコニコ23.5時間テレビ提供試合を行った。
9月の2回新宿FACE行で高木三四郎社長が登場し、翌年の1月4日格闘技聖地である後楽園ホール行を行うことを発表。また、この行で赤井沙希が美威獅軍の解散と自身の東京女子プロレス撤退を発表。それと入れ替わるように「赤宮サキ」なるスケバンスタイルレスラーが参戦を表明。以降は東京女子プロレスのリングに上がっている。当初赤宮サキの参戦に理由はであったが、高木三四郎社長が東女の乗っ取りを企む流山の老人ことポイズン澤田JULIEに対抗する為に送り込んだレスラーであることが判明する。

2016年1月4日には聖地後楽園ホールで初の行を開催。特別リングアナとして田中ケロリングアナも招聘されたこの行は、著名な日本人ゲスト参戦選手も居ないにもかかわらず(DDTに参戦しているキャンディス・レラエはゲスト参戦)1000人近い観衆を集め、内容も大きな盛り上がりを見せ行は成功となる。また、この行ではミウラアカネポイズン澤田JULIE人間改造され「ポイズンミウラ」となる。そしてメインイベントでは山下実優が中島翔子とのしい戦いを制して初代TOKYOプリンセスオブプリンセスいた。
その後楽園大会の次の大会となる王子大会ではポイズンミウラに次いでKANNAまでも人間として改造されてしまう。そしてミウラアカネに連敗した赤宮サキ田中ケロリングアナの仲介で元リングス新日本プロレス所属で、元井満也・改造人間ガイダー・ゾフィー兄さん誰?としてDDTファンにはおなじみの長井満也選手の下で修行に入ることとなった。が、長井満也は井満也としてあっさり界側に寝返る。それでもスケバン軍は赤宮サキが自身の界入りと界軍の東女撤退を賭けた試合に連勝。これを受けて界軍は4月春日部大会を最後の東女から撤退し、これを受けて赤宮サキも「高知普通高校生のスケバンに戻る。」として撤退。また、フリー参戦していた清水愛もこの行で東女から卒業となった。また、翌5月にはえーりんが相次ぐ負傷の為卒業

2016年6月よりCheer1の筋肉アイドル才木玲佳が定期参戦。また、2016年7月にはアイドルグループLinQ所属の伊藤麻希がアイドル活動と並行して東京女子プロレスにてデビューす旨を表明し、その後2016年12月博多スターレーンで正式なプロレスデビュー戦を行うことが決定した。
9月にはKANNAがプロのラッパーになるために卒業。そしてこの行では同年1月4日プロデビュー以降敗を続けていた優が王者山下を制しTOKYOプリンセスオブプリンセスいた。また同行では坂崎ユカが辰巳リカに敗れたことをきっかけに”魔法”へ武者修行へ出ることとなり、その期間は本人の生き別れのであるミルクラウンが代わりに参戦することが発表されている。また、10月一杯をもって小橋マリカ受験のために半年間の休業に入ることも発表された。

2017年1月4日の団体2回となる後楽園ホール行にはDDTプロレスリング本隊よりチェリー過去の定期参戦選手から清水愛沙希様海外よりキャンディス・レラエ、ローラジェームスが選手として参戦。東京女子プロレスの本行に初参加となる伊藤麻希が所属するLinQと定期参戦中の才木玲佳が所属するCheer1のミニライブも行われた。沙希様は新しくパリで出ったファビュラスなパートナーマーサと共にSIN美威獅軍として再び参戦することを表明。メインイベントではプリプリ王座保持者である優が恩師・木村浩一郎のフィニッシャーでもあったラストライドで挑戦者の中島翔子を下し、王座を防衛した。そしてこの日を最後に桃知みなみリングアナを卒業
2017年3月12日練馬大会より元スターダムであり、ミス東スポ2017特別賞を受賞したまなせゆうなが定期参戦を開始。またこの行では高木三四郎社長より年2回となる後楽園ホール大会を8月26日に開催することが発表された。
2017年3月に行われるDDT本隊のさいたまスーパーアリーナ行「Judgement2017~DDT旗揚げ20周年記念大会~」において「赤井沙希&里村明衣子中島翔子アジャ・コングチェリー山下実優」という東女の選手が他団体のレスラーと初接触するカードが組まれることが2016年12月に発表された。これについて高木三四郎社長は「これで東京女子が開という可性もあるし、20周年の記念カードということになる可性もある。それは東京女子の2人もわかっているはず」としている。
そして行われた試合では中島先発を買って出てアジャ・コング619やウラカンラナを決め、山下は里村と蹴りでり合った。最終的には山下が里村のデスバレーボムで3カウントを喫したが、試合後も山下が里村の顔にビンタを見舞う等気持ちを見せた。その試合内容は各方面から高い評価を受け、里村は東京女子も本気を出せばやるじゃねえか。山下選手、忘れません。1対1でやりたいぐらいです。中島選手も凄く一体感を感じた。彼女たちは凄く前を向いて、上に向かっているんだなってのはわかった。」コメントアジャ・コング「(中島は)小っちゃいんで大丈夫かなと思っていたら、なかなかどうして面いものを持っていた。プロレスという共通言があれば会話はできるが、そういった意味ではきちんと会話ができた。あと今日の里村とのやり合いを見てると山下とやってみるのもちょっと面いかなと思った。」コメントを残した。
さいたま大会の翌週の横浜大会ではミウラアカネ東京女子を知る前に退学していた高校に通いなおすために卒業。その行では翌4月行から受験を終えた小橋マリカの復帰と、元LLPW-XのMIZUKI瑞希レギュラー参戦が発表された。そしてその4月行ではミルクラウンの東女からの撤退と、6月新宿FACE大会において坂崎ユカがいきなりのプリプリ王座への挑戦で復帰することが発表された。
その新宿大会ではかつて滝川あずさが組んでいた地下アイドルユニットAime』を再結成の上、リングでかつてリリースした『モード』をライブで披露した。また、SIN美威獅軍がどらごんぼんば~ずに敗れたことと沙希様が「大勢の人の前では言いにくい病気にかかった」と言うことで東女から撤退してフランスに帰することを発表した。そしてメインイベントではここまで敗だった優を坂崎ユカが撃破。3代王座いた。
2017年8月26日には年2回となる後楽園ホール大会を開催。アイドルランバージャック戦で行われる伊藤麻希vs滝川あずさ自称アイドル対決、越中詩郎も参戦してのどらごんぼんば~ずvsNEO美威獅軍、里村明衣子vs山下実優、そして坂崎ユカvs才木玲佳のプリプリ王座戦などのカードが行われた。
2018年1月4日後楽園ホール大会では、アップアップガールズ(プロレス)のリングデビュー戦、伊藤麻希vs男色ディーノシングルマッチ、みらクりあんず(中島翔子&坂崎ユカ)vsりほぴょん(里歩&瑞希)によるプリンセスタッグ選手権試合、才木玲佳vs山下実優のプリプリ王座戦などのカードが行われ、後楽園ホール大会史上初の満員を記録した。またこの大会ではアップアップガールズ(仮)分に当たる「アップアップガールズプロレス)」に所属する4人がプロレスデビュー。以降は東京女子プロレスにレギュラー参戦している。

団体の特徴・エピソード等

所属・参戦選手、スタッフ

所属選手

フリー参戦選手

スタッフ・関係者

退団選手

過去のフリー参戦選手

団体認定王座

関連動画

・旧オープニング曲(現在ネット配信でも流せるオリジナル曲に変更済み)







関連生放送

関連商品


関連コミュニティ・ユーザーページ



関連項目

関連リンク

脚注

  1. *ただし他テレビ局関連の仕事の場合は柔軟に変更。例として2016年7月に行われた赤坂カス前での試合はJNNニュースの曲を使用
  2. *プロレスリングBASARAにおいて弁護士レスラー導で行われる試合的な何かの「逆転プロレス裁判」において裁判長として入廷するときのみ使用。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E5%A5%B3%E5%AD%90%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%AC%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

東京女子プロレス

1 ななしのよっしん
2015/12/15(火) 23:08:19 ID: s5g3QaHNzA
この団体面いよ。選手は個人差はあれどそれぞれ確実に成長して面い試合が見せられるようになっているし、さすがDDT下だけあってストーリーラインもよく回っている。
何より個人的に評価が高いのが、一度デビューした選手の定着率が非常に高い事。特に女子団体はデビューした選手がすぐに居なくなる事が多いけど、それがいというのは中のムードもいいんだろうなと推測ができる。
自分よりファンの人に言われた「東京女子プロレスは戦うアイドルマスター」のがすごくしっくり来る。
2 ななしのよっしん
2016/01/09(土) 21:34:26 ID: p2+Eo+pQbY
DDT下ってのが圧倒的に強いな
レスラーももちろんいいのだが立つ露出が多いというのは本当重要
3 ななしのよっしん
2016/01/16(土) 17:34:28 ID: iz49U0FYUB
こないだ後楽園デビューした優の評価は凄く良いらしいね。流石木村さん経由で選手志望しただけある。
日本の商店プロレスを見てプロレス入りした小橋ちゃんやDDTプロレス教室からデビューに至ったのどかおねえさん共々、切磋磨してほしいな。
4 ななしのよっしん
2016/03/02(水) 07:37:25 ID: v8Vk7ERZ5U
なんだこの充実っぷりは(笑)

急上昇ワード