東京盆踊り2020単語

トウキョウボンオドリニセンニジュウ

東京盆踊り2020とは、Namewee明志) ft. Meu Ninomiya(二宮芽生)の楽曲である。

東京オリンピック・パラリンピック競技大会公式楽曲「東京五輪音頭-2020-」とは異なる。

Produced by: Namewee
Perfomed by: Namewee & Meu Ninomiya
Lyrics by: Namewee
Composed by: Namewee
Arreanged by: Lee Nai Kong & JSAW

概要

マレーシアアーティストNamewee明志)」による楽曲であり、日本女優二宮芽生」と共演している。

YouTubeへのミュージックビデオ投稿というかたちで2017年11月19日開された。

また、2017年末にCDとして発売/各種音楽配信サイトで有料配信開始された、Namewee明志)のアルバム」に2トラックとして収録されている(本記事の「関連商品」を参照)。

インバウンドプロモーション外から日本への観光客を呼び込むための宣伝のこと)関連の事業を手掛ける日本企業Cool Japan TV」が総合企画プロデュースを行っており、この楽曲も日本国内向けというよりは海外向けに作成されたものである。

ミュージックビデオにはアジア人気YouTuberがチョイ役ながら出演していたため彼らのファンが視聴したり、また海外の様々なサイトに取り上げられたりしたことで、日本国外のネットユーザーにはある程度拡散した。

一方、日本ネットユーザーの間ではあまり話題にならなかった。少なくとも2018年6月現在までの時点では、短時間の動画投稿するアプリTik Tok」のユーザー間で口パク動画が少し流行った程度だったようだ。

こういった経緯から「日本の会社がプロデュースした、日本に関する曲」にも関わらず「日本国内ではあまり知られておらず、外での知名度の方が高い」という少し変わった楽曲となった。

そのため、日本人外国人ネットユーザーが交流するような場、例えばVRChatなどで外国人の人が「日本の歌」としてこの曲・踊りを日本人に伝え、しかし日本では知名度が低いために「え?私が知らないんだけど。exit」と日本人が驚くこともあるらしい。

日本の伝統楽器である三味線を使用しているなど所々に和風テイストを盛り込んでいるが、「イーヤーサーサー」と沖縄民謡的な合いの手も使用されていたりする(沖縄出身の二宮芽生のアドリブによるものとのこと)など、日本人イメージする典的な「和風」とは一線を画した独特の楽曲になっている。

タイトル

上記のようにYouTube動画タイトルでは「Tokyo Bon 東京盆踊り2020 (Makudonarudo)」と表記されているため、「東京盆踊り2020」ではなく「Tokyo Bon」や「Makudonarudo」と呼称されることもある。

タイトルに「2020」と付くが2017年の楽曲である。このタイトル2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックへの期待感を込めたものと思われる。

歌詞

歌詞の内容は、「日本東京を訪れた外国人わたしは、に迷ってしまい日本人を聞きます。その日本人は説明してくれましたが、ジャパングリッシュだからわかりません!」といったもの。

「Makudonarudo」(マクドナルド)「Guguru」(グーグル)「Toiletto」(トイレット)など様々なジャパングリッシュが登場する。

Namewee

Japanglishの音のきは外国人にとって、とてもチャーミングで印的だったので、今回の作品の歌詞に取り入れてみました。

っている。

日本観光客を招くためのプロモーション楽曲なのに、「日本に行ったら日本人コミュニケーションが取れなくて困ったぜ!」という内容の歌詞になってしまっているのはご敬。「Please take me home」(もうに帰らせてくれよ!)という、インバウンドプロモーション的の楽曲としてはかなり言っちゃマズそうなフレーズも入っている。

I don't speak Japanese But I love Aoi Sora」(日本語は話せないけど マジで好き)と日本青空を称える歌詞もあるが、「Aoi Sora」と頭文字が大文字になっているのでこれは単なる青空のことではなく人物名であると思われる。

冒頭では東京オリンピック・パラリンピック競技大会公式楽曲「東京五輪音頭-2020-」と似た曲名なので間違えないように……と記載したが、お堅い機関である「東京オリンピックパラリンピック競技大会組織委員会」ではおそらく採用できないような自由奔放な歌詞の楽曲となっており、対照的とも言える。

ミュージックビデオ / 振り付け動画

YouTube投稿されたミュージックビデオは「外から来た観光客(Namewee)が東京で迷ってしまうが、ジャパングリッシュを駆使するおばさんセーラー服女子高生二宮芽生)に出会い、観光案内やジャパングリッシュの講習をしてもらえた」という流れの映像作品となっている。

クライマックスシーンでは相撲の土俵やその周囲を舞台として、浴衣忍者など日本的な衣装を身にまとったアジア人気YouTuberたちや、連獅子やに扮した日本舞踊らがNamewee二宮芽生とともに踊っている。

この踊りの振り付けは創作日本舞踊の「孝右近」が担当しており、上記のミュージックビデオ本編の数日後には、振り付けに特化した動画(Dance Version) Tokyo Bon 東京盆踊り2020 (Makudonarudo)exit」もYouTube投稿された。

この動画を参考にして、海外を中心として様々なネットユーザーが「踊ってみた動画YouTube投稿している。子供でも踊れるようなシンプルな振り付けとなっているため、海外の学校行事で子供たちが踊っていたりexitもするようだ。

関連動画

日本であまり知られていない楽曲であることを反映して、ニコニコ動画にも動画はほとんどない。

2018年6月24日現在時点では3件の動画しか投稿されていない。しかもそのうち2件は上記のミュージックビデオ及び振り付け動画無断転載と思われるものなので、オリジナル動画は以下のピアノアレンジ動画1つのみ。

このピアノアレンジ動画投稿者も韓国人のようなので、日本人ユーザー投稿したオリジナル動画ニコニコ動画には皆無ということになる。

関連商品

参考サイト

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E7%9B%86%E8%B8%8A%E3%82%8A2020

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

東京盆踊り2020

1 ななしのよっしん
2018/12/02(日) 06:22:21 ID: hmVtLj7IU7
I love this song THX :)

というのはさておき何故日本人に浸透しないのかな・・・
めっちゃ好きなのに
2 ななしのよっしん
2019/01/24(木) 14:44:47 ID: pLd9nr9eqa
YouTubeのおススメで初めて知った。ちょっと癖になるリズムだよね
3 ななしのよっしん
2019/05/12(日) 09:59:05 ID: cTErNI6PRW
知り合いの外国人に教えたら(歌ったら)ウケるだろうなあ。
初聴いたらそう思う曲。
同じ日本人に教えたいって思うのはやっぱ2番なんだよね。
この曲の本質じゃないかな。

あおいそら」の小ボケ日本人中国人以外には伝わるのかな?