東名阪自動車道単語

ヒガシメイハンジドウシャドウ

東名阪自動車道とは、高速自動車専用道路である。通称「東名阪」。

概要

詳細はWikipediaを参照。

ここ数年の傾向として全規模の渋滞ポイントとなっている。
元々名阪国道伊勢自動車道及び1号線からの合流ポイントとして交通量が多い高速道路ではあったが、2008年新名神部分開通によって東名豊田JCT名神草津JCTの短縮ルートを構成する事となった。従来のルートよりも所要時間が20くなり、期の大垣IC以西の積回避もありNEXCO中日本の予想をかに上回る交通量となった。
新名神亀山西JCT四日市JCTが開通すれば交通量の分散化が進み渋滞が解消されるが、工事了が2018年予定であるためしばらくは解消される見込みがない。

渋滞対策として過去に三線化を四日市東~四日市間(一部区画を除く)と亀山JCTから上り方面2kmを実施したが、元々住宅地を抜ける箇所があり全面的な三線化は難しくまた区画が短いためあまり効果は上がっていなかった。
そのため2012年リフレッシュ工事から四日市IC鈴鹿IC付近までの暫定三線化工事を実施し同年12月了。ただし東名の三ヶ日JCT豊田JCT開通までの東名高速の美合PA豊田JCTの暫定三線化と同じように、新名神四日市JCT亀山西IC開通までの暫定処置である。

また交通量増加による舗装劣化しく毎年リフレッシュ工事を実施しており、実施日はしく渋滞し最後尾は東名阪内に収まりきらず伊勢自動車道新名神に達する事すらある。その場合は名神を通過した方がいことも。

亀山ICから鈴鹿IC間は較的ゆるやかだが、四日市ICから西山BS間はカーブや斜度がやや高めの坂の区画があるため注意が必要である。また鈴鹿IC四日市IC間はザグポイントが多く、追突事故が度々発生しているため走行速度距離に気をつける必要がある。

名神が積時の代替ルートとなっているが、日本海側からのがこの地方に来るためしばしば積に見舞われ速度制限が入ることもある。

なお、均一料区画であった名古屋西JCTから東は2011年3月20日名古屋第二環状自動車道名された。

IC・JCT・料金所・PAなど

:進入すると名古屋西方面へ、退出は名古屋西からのみ ▼:進入すると伊勢方面へ、退出は伊勢方面からのみ

名古屋西ジャンクション(名古屋第二環状自動車道に接続)
名古屋西インターチェンジ
名古屋西本線料
インターチェンジ
弥富インターチェンジ
長島インターチェンジ
名東インターチェンジ
大山パーキングエリア
桑名インターチェンジ
四日市ジャンクション(伊勢湾岸自動車道に接続)
四日市インターチェンジ
御在所サービスエリア
四日市インターチェンジ
鈴鹿インターチェンジ
亀山ジャンクション(新名神高速道路に接続)
亀山パーキングエリア亀山スマートインターチェンジ
亀山インターチェンジ(名阪国道に接続)
伊勢インターチェンジ(伊勢自動車道に接続)

関連動画

関連商品

東名阪自動車に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9D%B1%E5%90%8D%E9%98%AA%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E9%81%93

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

東名阪自動車道

1 削除しました
削除しました ID: ragCukUY3K
削除しました

急上昇ワード