編集  

東方白狼抄単語

トウホウハクロウショウ

東方白狼抄 タイトルロゴ

ーーこれは、に導かれし物語

東方白狼抄とは、琥珀氏が投稿している東方卓遊戯動画である。

※本作は、「グループSNE」及び「株式会社KADOKAWA」が権利を有する『ソード・ワールド2.0 /2.5』の、二次創作です。 (C)GroupSNE (C)KADOKAWA

※当卓では他卓ネタが頻繁に用いられており、また琥珀氏は他卓コメントも歓迎する方針を取っていますが、元ネタ卓の製作者には絶対にご迷惑とならないようにお願いします。

概要

使用システムは「ソード・ワールド2.0」と「ソード・ワールド2.5

ルールブックは2.0のⅠ・(全て訂版)と2.5のⅠ(session6以降)

サプリメントはAW、BT、WT、CGIB、LL、FC、PH、PZ、PY、DR伝Ⅰ・DRB、PSHを使用する。
さらにsession3以降はFCsession5以降はPDaPDi、BB、RGBsession6以降はAoG、PYsを追加使用する。

物語テラスティア大陸ユーレリア地方に存在する、
「清藾と奏楽のフリューデ」から始まる(舞台の詳細は後述)。

また本卓はドラゴンレイドを題材にしたキャンペーンプレイ
なっており、ハウスルールもそれに準じたものが多く存在する。
(詳細は下記のハウスルールの項にて)

夜空くは「災厄の徴」……世界を恐怖させた邪と、それを導く「」。
その伝説は、今もり継がれている。
…………。その名を持つを二分するとき、地の底より邪どもは覚め、やがて
世界は滅びを迎えん………と。

ーー東方白狼抄 session 0 よりーー

※以降の文章では一部ネタバレ部分は隠してあります。読みたい方は反転させてお読みください。

登場人物

GMサイド

GM犬走椛

この卓の一番の被者。いきなり上である文の新聞記事のネタのためにTRPGをやらされることになった挙句、TRPG自体を知らなかった初心者にも関わらずいきなりGMを担当することに。

全くのTRPG初心者ではあるが、物語りは宛ら熟練者を思わせる程の腕前を見せる。またとはいえ天狗ということだけあり、々に狡猾さを見せ始め、最初のセッションから殺意高めで敵を用意したり厄介な障を仕込んでいたりしていた。ではなく黒狼の間違いじゃ…

ただし戦闘中PCダイスが大回転した時や、んで振ったダイスがピンゾロだったりした時は元々いのが更に真っ白になって固まったりとメンタルは初心。

のお供にもみじ饅頭を食べるのが好き。共食いとか言うな。


SM射命丸文

この卓の催者。新聞記事のネタを作るために上としての権を行使し、TRPGGM丸投げし、自分はSMを担当することに。清く正しいなんて微もなかった。

と違いある程度TRPGの経験を積んでいるようで、不測の事態でも手慣れた様子で対処していた。
また恐らく天狗く染めた本人だけあって戦闘での殺意の高さは以上である。

自分の新聞の売り上げのためにを酷使したりと下種な部分もあるが、が固まった時は面倒を見ていたりたまにに逆襲されたりもしているので、何だかんだで仲は良いのだろう。多分

PC達が温泉に入ることになった際は狂喜していた。ひどくやらしい射命丸
また彼女がモデルNPCお風呂を覗くのが好きなためある意味一貫している。


演出担当兼SM河城にとり

画面内で起きている演出を製作する演出担当。当初は光学迷彩によりにも気付かれずに部屋の隅でひっそりと作業していたが、セッションを重ねるごとに次第に表に出てくるようになり、遂にはSMも受け持つようになった。新刊サプリの調達やシナリオ提供を手助けしている。


サプリメント調達担当:八雲紫

を使って外の世界から新規のサプリメントを調達してきてくれる本卓の協者。

霊夢お宝生写真と引き換えに新規のサプリメントを文達に渡した。

PLサイド(名前/愛称)

レイ・フィクスト/クレイ(PL:霊烏路空

恥ずかしい?そんな訳いよ。確かに、が育ったレンドリフト弱肉強食世界だよ。

でも、は信じることの大切さを知ったんだ

種族:ウィークリングガルーダ生まれ) 生まれ:斥 性別:男性 年齢:18

初期戦闘技マギテック3/シューター3スカウト2アルケミスト1  

一般技ソルジャー3

経歴:「優しさに覚めた」「蛮族に忘れられない傷をつけられた」「人族の文化が好き」

レンドリフト帝国の軍隊に所属していた青年。だがレンドリフト帝国是や価値観には疑問を持っており、半ば嫌々軍の活動に従事していた。

そんなある日、場で一人の少女(後述するPCのアミル)がチンピラ達に絡まれている場面に遭遇する。その少女内を騒がせているりの可性が高いことは知っていたが、彼女が絡まれている所を見捨てられず、でチンピラ達を一掃してしまう。騒ぎに駆け付けた同僚らによって捕らえられ、軍規違反とり犯を手助けした罪で処刑されそうになった所を件の少女によって助けられる。現在はその少女と共に冒険者として生活している。

パーティ一の男性PC。蛮族だが、心優しく純青年ロングマントトレードマーク

ミルにはレンドリフトで助けられた恩があるため、非常に大切に思っている。そのためアミルを成す人物には容赦しない。また同時にアミルには恩人以上の気持ちも抱いているようで、恩人にそんな邪な感情を抱いてはいけないという理性との間で葛している。
また相手が惚れるピンポイントセリフを意図せずに吐く天然ジゴロ

自らの種族について当初は隠していたが、session2-8(自ら打ち明けたのは2-11)にてPTに知られることとなった(アミルは既に知っており、キリーは穢れを察知出来るためそれ以前から気付いていた)。
PTから離れることを覚悟していたが、既に仲間からは信頼されていたことで、特に問題なくめて仲間として受け入れられた。

レンドリフトにいた頃はリールに師事しており、脱走して冒険者になった後でも関係は破綻することなく継続しており、師仲は良好である。(リールの詳細は後述のNPCの項を参照)

男性が自分しかいない中で混浴させられたり(これが原因で風呂嫌いになった)、何故かキリーが作った失敗作の料理を押し付けられたりと苦労人体質。また生故にアミルとキリーにはよくからかわれている。

戦闘スタイルは遠距離から敵を攻撃するマギシュー。かなりの頻度でクリティカルを乱発しており、後衛のメイン火力。なおファナティシズムを受けるとトリガーハッピー化して弾がくなるまで打ち続ける危険人物へと変貌する。


ミル・リュミエール/アミル(PL:ルーミア

私は、両親を殺した敵を討ちたい。そのために戦うを付けてきた。でも、今は違う。
両親が愛した人族を、仲間を守るために使いたい

種族:ドレイク 生まれ:斥 性別:女性 年齢:21

初期戦闘技: フェンサー4/スカウト3/エンハンサー2   

一般技ソルジャー3ノーブル2

経歴:「同胞に家族を傷つけられた」「創造性に覚めた」「第三のに入信を迫れらたことがある」

ドレイク系に生まれた女性。両親、特に母親は人蛮の共存を願い、人族側に立って戦いを続けた人物だった。しかし人族に加担したことで集落の蛮族から反感を買い、仲間に裏切られて両親は命を落とし、彼女も魔剣を砕かれてしまう。何とか生き延びた彼女は両親の意思を継ぎ、人族のためにを振るって生きていくことを決める。

だがの前で両親を殺されたことで心に大きな傷を負ってしまい、苦しさと寂しさを紛らわすために約5年もの間レンドリフトで血をめてりを続けていた(人族は狙わず蛮族のみが標的)。それが人蛮の共存を願う母親の教えに背いていることは理解していたが、止められずにいた。

そんなある日、立ち寄った場でチンピラ達に絡まれた所を前日に偶然出会っただけのクレイによって助けられる。自分を犠牲にしてでも助けてくれた彼を見て、彼こそが自分の考えに賛同してくれる人物かもしれないと感じる。その後、処刑間際だったクレイを救出。以降クレイと共にレンドリフトとは違う、人蛮の共存ができる場所をめてをしている。

当初は自分の両親の敵を討つためにをつけていたが、現在は考えを変えて両親の愛した人族を守るためにをつけることを決めている。また、とある蛮族の集団を追っているようだが…?

過去に物資がくて贅沢できなかった時に母親から貰った温泉饅頭を気に入り、以降類の温泉饅頭好きとなる。現在でも持ち物に大量にストックしており移動中や戦闘後など頻繁に食べている。本人く「これがないとどうにもが出ない」。

レイとは過去に互いに助け合った仲で、強い信頼関係で結ばれている。クレイから見ればアミルは命を救った恩人だが、アミルから見ればクレイは両親を失った心の寂しさを埋めた存在であり、彼にやや依存している面も見受けられる。そのため他のPCといる時はあまり弱音を見せることはないが、クレイと二人きりの時は寂しがり屋な部分が顔を出す。

レイと二人をしていた時は寝てる際に彼に抱きつく癖があり、PTを組んだ後もクレイと寝た時にはその癖が出ている。(おかげでクレイ々とするはめに。レイ爆発しろ

亡くなった母親を非常に溺愛していて、その教えはアミルの人物形成に深く関わっている。そのためとある人物に母親を侮辱された際は周囲が慌てるくらいに高し、相手を甚振る的で片腕を切り落とすという残虐な行動に出た。その際はクレイが止めようとしても全く止まらなかった程。

戦闘スタイル二刀流フェンサーでダイスを振る回数が多いこともあり、PC達の中でも突出した回数のピンゾロを出している(セッション2だけで9回)。闇を操る妖怪二太陽神を好むという矛盾
その反面クリティカルも乱発しており、時折爆発的な火力叩き出すダメージディーラー

ファナティシズムを受けるとりだった時と同様に血の気が多くなり、うふうふと妖艶な口調へと変わる。魔理沙は関係ない元ネタ的にはこちら

身長は低いが、別の戦闘力女性の中でトップつまり合法ロリ巨乳
饅頭を食べると胸の饅頭も大きくなるのか


ノルン・グレーシェ/ノルン(PL:チルノ

私が願うこと……人とが共に生きて、人々もまた手を取り合う……
何物にも縛られず、自由な姿を……
そのために私ができることがあるなら……私が、やります

種族:人間 生まれ:冒険者 性別:女性 年齢:16

初期戦闘技プリースト(シムルグ)3/セージ3アルケミスト2/スカウト1   

一般技スカラー2/クレリック2

経歴:「予知夢を見たことがある」「家族から探されている」「才を絶賛されたことがある」

シムルグの教えを広めるためにプロセルシア地方からに出たシムルグ官の女性。中々教えが広まらず苦労しているが本人は挫けず頑っている。また最近ノルンの家族がノルンを心配して探してきているようだ。

丁寧な言葉遣いをする礼儀正しい性格。自分の非さや人間という種族の持つ弱さというものをよく知っており、時折弱気な態度が顔を出す。しかし一方で自分の願いをえるために困難に立ち向かおうとする芯の強さを持っている。
聡明な人物で、session1においては断片的な情報から事件の黒幕の正体を推測し、実際に的中させていた。⑨とは一体…

当卓がドラゴンレイド軸とした物語であることから、物語本筋に彼女の存在が深く関わっている。

プロセルシアからはるばる大陸えて来た的はシムルグの教えを広めるためだが、もう一つの的は半年前から何度も見ているの予知夢について本当かどうかを確かめるためである。
劇中においてその予知夢の続きを見ている。それは現在の自分からは大きくかけ離れた、世の中の常識を"越"した存在となった自分自身の夢であった。ノルンがその夢の人物になるかならないかは彼女次第である…

session4において、予知夢を見せていたのは魔剣クレセリアムーン」であったことが判明。また同sessionにて、自分にはフォールンと戦い、達を救う使命があることを知らされる。世界を滅ぼすを持つフォールンの脅威とその規模の大きさ、自分の非さや人間の持つ弱さから 一度は自分の進むべきに迷いを生じさせたが、人とが手を取り合い自由に生きるという自分の願いを成就させるため冒頭の台詞を吐き試練に立ち向かう覚悟を決めた。

ミルとは対照的にあっちの戦闘力はほぼ皆無絶壁レベルで、性別不明のキリーにすら負けている。
本人もそれはコンプレックスを感じている。ノルン、饅頭食べろ

戦闘スタイル魔法カードによる後方支援。当初は異地方の信仰によるMP消費量がネックだったが、session3にて携帯殿の取得したことで解消。ティルカダル魔再起も習得したことで安定した回復役としての地位を固めつつある。

ファナティシズムを受けると、プロセルシア地方でしか話せなくなり、相手がその言を話せないとまともに会話が出来なくなる。


キリー・レヴァリー/キリー(PL:霧雨魔理沙

この世界は知らないことだらけだ。だが、それが面いのさ。

種族:フィーランナー 生まれ:召喚士 性別:??(少年っぽい見た) 年齢:??

初期戦闘技フェアリーテイマー3/コンジャラー2セージ3   

一般技:コック2ウェイター1

経歴:「体に傷がある」「一所に5日以上滞在したことがない」「のめり込む趣味がある」

7年前にレンドリフト地方を当てもなく放浪していたところ、いきなり背中で切られ、背中が残るほどの怪を負う。切りかかった人物を探して仕返しをすることを考えながらをしている。

旅の途中料理を始めてのめり込むようになった。そのため厨房ウェイターのバイトをしながら食い繋いでいる。(そのため卓開始時は千里亭でアルバイトをしていた。)

一人称はオイラ。落ち着きがなく、放浪癖があるためよくグラスランナーと間違われる。
"フィーたちの千年祭り"のために物語を探して世界をしており冒険者はその一環。

フィーという穢れを嫌う種族のため、クレイとアミルの素性については最もく見抜いていたが「面そう」という理由で黙認していた。やはりグラスランナーなんじゃないか
session3にて有の喜劇者(読みはフィーランナー)という二つ名名乗り、名実ともにフィー+グラスランナーになった。

正確な年齢は不明だが、「トーテムを出たのは何十年も前」という発言があるため、PT最年長なのはほぼ間違いない。その割には一番子供っぽい。

享楽的な性格で、楽しさを追求することが彼の行動原理。そのため王族の居に招かれた際も物しい場所ということで内を探索しようとしていた(流石にアリシアに止められた)。

ただしPT全体の行動を決める際には普段の好奇心は鳴りを潜め、リスクの高さなどの各要素を危惧して思慮深く計画を立てる。戦闘中仲間が気絶した場合でも、冷静かつ現実的に対処している。

頭の回転も速く、PL知識も相まって魔剣迷宮内での解きをほぼ独で解明している。総じてノルンと同等以上の頭の持ちと言える。また以前からアリシアが人間でないことに薄々感づいていたり、そのアリシア戦闘中に密かに戦女の祝福を使用したのを一人見逃さずにいたりと観察にも優れている。
何十年も放浪している影地理関係にも詳しい。

趣味である料理の腕は最初こそ凄惨たるものだったが、めきめきと腕を上げていき、後にPTメンバー達にも絶賛されるほどの腕前へと成長した。

背中りつけた人物については頭にが生えていたこと以外は不明。なおアミル犯人ではない。

戦闘スタイル妖精魔法による後方からの攻撃と操霊魔法による補助。また戦闘後に占瞳による剥ぎ取り出の向上も行う。

ファナティシズムを受けると尾に「にゅ」が付く話し方になる。元ネタは(おそらく)こちら


アリシア(PL:アリス・マーガトロイド

それに、連れ、って言うじゃない?乗りかかった船、理に降りる必要なんてないわ

種族:ヴァルキリー 生まれ:戦士 性別:女性 年齢:17

初期戦闘技ファイター3/レンジャー3 ウォーリーダー2 /エンハンサー1   

一般技: クレリック1

経歴:「恋人の(恋人だった人の)大切なものを持っている」「命を助けられたことがある」「裏切られたことがある」

ライフォス殿で育ったヴァルキリー戦士。祝福された子として生まれたが、突然殿官から命を狙われたところを突然現れたの人物によって助けられる。一の手掛かりである一冊の本を手に、腕を磨きながらその人物を探していた。また育った殿にまともな官がおらず、他とは趣が違っていたことを立った後に気付いたようだ。

殿で過ごしていた時、自分がヴァルキリーであったことが原因で命を狙われた過去があり、現在トラウマになっている。そのため他のPCにもヴァルキリーであることは隠していた(キリーはそれより先に気付いていた)。
苗字が存在しない点については彼女の過去が関係しているようだが…?

銭に非常に執着する傾向があり、依頼の際にはその点を一番に追求する(流石に普段お世話になっている人物への義理を果たす場合には控えたが)。本人もその点は自覚しているが、現在のところ直す様子はない様子。

別の戦闘力はアミル未満だが、ノルンよりはずっと上。

戦闘スタイルは守りながら戦うタンクファイター。また鼓によるバフも行う。また鼓時には様々なネタボイス叫びが聞こえる。ドバルス螺旋運手を習得しておりを装備しながら両手武器を装備して戦う。

普段は落ち着いているが、戦闘時になるとかなりハイテンションな性格になる。そこにファナティシズムをかけると一周して冷静になるが、言動がロボットの様な話し方になる。

物語の舞台「清藾と奏楽の街”フリューデ”」と「千里の白狼亭」

フリューデはユーレリア地方に存在するで、「古の魔法”ユレヒト”」と「幻獣都市キノア”」の間、子ギーン山脈の麓に位置している。魔動機と音楽で栄えるで、魔動機械に関してはユレヒトに負けるとも劣らないと言われている。

蛮族に対しては扱いが緩く、功績さえ残せば大半の種族は関係なく受け入れられる環境にある。

PC達が所属している冒険者の宿「千里亭」はこのフリューデのの中心部に位置しており、数ある冒険者の宿の中でも中々人気のある店となっている。
おこの店は二階建てになっており一階は食堂兼依頼の旋所、二階は宿泊部屋になっている。食堂としても人気はあり、間は飲食的の客で溢れている。また店のエムブレム紅葉の形をしたバッチ。

NPC

※一部公式NPCが登場しております。苦手な方はご了承下さい。

session1

シャル・ヴィント(アバター:射命丸文)

PCが所属する「千里亭」専属の男性の冒険者。種族は人間。

柄に六つの宝石が付いた身の丈ほどもある長を身に着けたファイターとフェアリーテイマーの魔法戦士。また着用しているマギテック協会と魔術士ギルドが共同製作した「イスカイアの魔導」。

駆け出しの冒険者が見ても、明らかに実の高さが見て取れる程の人物。その高い実から、フリューデの住人からの信頼感もかなり厚い。
session1-Exにてドラゴンゾンビ(LV20)の下半身(ゲームデータ的には胴と尻尾)とタイマン勝負した結果、圧勝。製作く冒険者レベルは13とのこと。

戦闘スタイルオリジナルアルパート流妖剣術」(詳細はハウスルールにて)
後にアミル興味を持ってきたので、子として技術を教えている。またシャルかから教わって身につけたようである。

カエデとは現在でこそ亭とお抱え冒険者の関係にあるが元々は幼馴染で、以前は同じ冒険者仲間だった。冒険中、カエデドレイクであるノワール仲間に引き入れようとしたときは一度は反対したが、彼女の芯の強さから言っても聞かないだろうと判断して止むく彼女を支えることにした。

冒険者の経験も豊富で、性格的にも熟練しており初対面のクレイ達にも気さくに話しかけていた。
その一方で「男なら女湯を覗くのが当然」と言するなど俗っぽい一面も見られる(当然カエデられたが

カエデ(アバター:犬走椛)

PCが所属する「千里亭」の店セッション内においてナモナキ村からの依頼(詳しくはデスシナリオの項を参照)を彼女から提示されるのはお約束

現在は冒険者の宿の店だが、元々は彼女も冒険者で、現在でもいざという時はシャルに店を任せて自らが任務に赴く。普段着用しているエプロンイスカイアの魔導甲冑となっており、襟に触れることでへと変化する。使用武器は。また「プリザーベイション」を使えることから官(信仰しているは不明)であることも判明している。その実は下半身のみとはいえドラゴンゾンビを一人で圧殺した実シャルが「自分よりも強い」と断言する程。

柔らかく穏やかな性格だが、自分の決めたことを実現させようという強い信念も持っている。ただしその信念は他人の注意にあまり影されないという危険性も含んでおり、また大切な人のためなら自分を犠牲にしてでも守ろうとするため、彼女をよく知るシャル達からは内心かなり心配されている。(現に生前のノワールの話によると既に二回以上死んでいる

冒険者になった経緯は騎士として大事な人を守る強さを得るため。それ以前は人間関係にも恵まれ何不自由ない生活を送っていたがこのままの生活に落ち着いていいのか疑問に思い、両親や仲間、そして友を守るをつけるため幼馴染シャルと一緒にを出て冒険者になることを決める。なおにいた頃から戦闘訓練は受けていたようだ。

経緯は不明だが並の冒険者の店の店では及びもつかぬ程の人脈があり、フリューデの領「カリス」、キノアの美「リーシャ」やケンルの美「セーラ」とも交友を持っている。

彼女のいる千里亭では何故か守りのが作用していない。何か理由があると考えられるが…?

実はアミル母親ノワールとは面識があり、冒険者時代に助けられたことがある。その際ドレイクである彼女のを見て信頼出来ると判断し、また彼女の人族を守る生き方に共感して、自分たちのPT仲間として迎えていた。またノワールが死んだ現場に立ち会っていたようで、それからずっと彼女を守れなかったという罪の意識に苦しんでいる。


session2

チェン・ラセット(アバター:橙)

フリューデにある冒険者の店「濡烏柱亭」に所属する冒険者。
種族はミアキス尾に「にゃ」がつくらしい話し方をする。隠密行動には自信がある様子。

両手利きのグラップラー中堅程度の実者。眠り流擬態術とカサドリス戦奏術に入門している。

サラ・レーゲンシルム(アバター:多々良小傘)

千里亭」を訪ねてきた冒険者の少女。所属店は不明だが、おそらく「濡烏柱亭」。
種族は人間。奢な体つきには不釣り合いな程の巨大なを背負っているが、同時にその実を感じさせる雰囲気を持っている。

明るい性格で、初対面のクレイにも気さくに話しかけていた。

クウェラン闇式、カサドリス戦奏術、ドーザコット潜弓道入門している。
武器はアシメトリック・ボウだが、本人く遠距離戦よりも近距離戦を得意としているようだ。

サシャ・ファイエルン(アバター:東風谷早苗)

図書館にいた男性で、重厚なを身にっていた。種族は人間生まれのナイトメア
チェンと同じく「濡烏柱亭」に所属する冒険者。
ノルンとは古ぼけた本を読んでいた時に話しかけられたことがきっかけで知り合う。

メインコンジャラーでその他の技能も後衛向きだがポジションは前衛。何もおかしくない。
また読んでいた本のタイトルは「~ガストでも分かるコンジャラーの基本~」だが、その中身はツッコミ必至の代物。詳しくはsession2-1で。本の作者別卓の話です。

ティダンカル古代魔党とサドリス戦奏術に入門している。

クロヤ・アレニエ(アバター:黒谷ヤマメ)

フリューデにある「クレピュスキュールアレニエ武具店」を営んでいる小柄な女性
種族はダークドワーフカエデとは知り合い。またアリシアの種族をあっさりと見抜いており、高い実を持っていることがえる。

魔法加工、イグタイト加工、はては魔剣製作まで行える技術の持ち。そのためか自分の店の商品には自信がある様子。ただし子のトリィによると相手が女性の客だった場合、採寸と称して相手の体を触るセクハラ行為を働いている様子。警備隊の皆さん、こいつです。

また店名のクレピュスキュールフランス語で「黄昏」のこと。

フェルメ・スーヴニール(アバター:古明地こいし)

千里亭」に所属する冒険者。種族はグラスランナーシャルカエデとは同じPT仲間
い宝石が嵌ったを持っている。「にゅ」が口癖。性格は陽気で好奇心が強く、普段はあまり難しいことは考えず、気楽に生きる義。過去カエデドレイクであるノワール仲間に引き入れようとした時は流石に反対したが

必要な装備にはお金糸目をつけない義のようでクロヤの店でも快に買い物をしていた。
ただしそのお金は自分の所持だけではなくのリールから催促することが多く、リールの悩みの種になっている。

グラスランナーでありながらアガハスト(必筋27以上)を使用する程の強な筋の持ち
琥珀く冒険者レベルは13とのこと。)またアゴウ重鎚破闘術流を習得しているようだ。

おこNPCこいし本人がRPしている。

リール・スーヴニール(アバター:古明地さとり)

千里亭」所属する冒険者。フェルメのだが、種族はナイトメアシャルカエデとは同じPT仲間また戦勝神ユリスカロア官でもある。
シャルフェルメと同じく冒険者レベルは13とのこと

活発なフェルメとは対照的に落ち着いた印の持ちの散財癖には苦労している様子。

戦闘スタイルオリジナルスーヴニール流機動銃剣術」(詳細はハウスルールにて)。
おこの流はリールが独自に編み出した流である。

レイは彼がレンドリフトにいた頃からの子で、彼がレンドリフトを出た現在も師関係は良好。

おこNPCさとり本人がRPしている。

ノワール・リュミエール(アバター:くるみ)

ミル母親。種族はドレイク人蛮の共存を願い、人族側に立って戦いを続けた人物。
ミル剣術を持つことの意味を伝授しており、現在のアミルの生き方の核を形成した人物である。

自らも人族に助けられた過去があり、その恩を返すために人族に協するようになった。ただしそれは蛮族への明確な裏切り行為であるため、表向きは人族社会への諜報活動として振る舞っていた。
だが物語開始の約7年前に同じ集落の蛮族に裏切られて命を落としている。

生前は剣術に加え、「クリメイション」や「スタンクラウド」を行使していたことから操霊術士の技も有していたことが分かっている。また頻繁に操霊魔法料理に使用していたため、アミルからは「料理は美味しいけど、料理の仕方は嫌い」と言われていた。

既に体が死んでいるが、魂は現世に残っており、アミル内に直接を届けることができる。そのためsession2において高したアミルの心に突如現れ、アミルの感情を沈め、自分たちの生き方を思い出すよう諭して去って行った。

生前にカエデ達と面識があり、蛮族に襲われていたカエデ達を救った過去がある(そのカエデ達は依頼を受けてノワールの討伐に来ていたため、皮にも討伐対に命を助けられた形になった)

実はリーンカーネーションにより別人物として転生している。詳細は後述するエルーの項にて。

フリューデ城の受付(アバター:紅美鈴)

フリューデの役所「シャルラハロート邸」の受付。本名や種族は不明。

役所の受付を務めるだけあって、通常時は礼儀正しい口調で来客をお出迎えする。だが訪れた相手が不作法や悪事を働く者なら容赦なく実での制裁を加えることをキリー達にめかした。

劇中の描写から高位の魔法や操霊魔法を使えることが分かっており、その強さからおそらく門番の役割も持っていると考えられる(アバターモデル門番)。

カリス・シャルラハロート(アバター:レミリア・スカーレット)

フリューデの領セッション2で受けた環境調の依頼

当初はカエデの話からクレイ達を経験の浅い者達と侮っていたが、ダムド化した蛮族らを退治して見事依頼をこなした彼女らの実を認め、今後の活躍を期待して成長を手助けするアイテム「成長の宝具」を渡した。

フラミア・シャルラハロート(アバター:フランドール・スカーレット)

リス。種族は人間。
お転婆な性格で、のカリスを困らせている様子。また類の戦闘好きのようでカリスからも「戦闘狂」と呼ばれている。"狂気の流星"という武器を持ち、自信を置いている。

ユーレシア国家に存在する13人しかいないはずの14人の美で「フリューデの美」。
また劇中の描写から「テレオペレート・ドール」、「チェンジポジション」を使いこなす高位のウィザードでもあることがえる。

レイ達の運命に興味を持ち、彼女らに一度定められた運命を打ち砕き、新たな運命で上書きする
<<運命打破>>の恩寵を与えた。恩寵の詳細はハウスルールを参照のこと。


session3

???(アバター:神綺)

アリシアアレニエ武具店の前で出会った女性風車の形のペンダントを胸元に下げている。

戦勝神ユリスカロアの布教を行っており、無料印や加護のあるプレゼントというどう見ても現代の悪徳商法方法でアリシアを勧誘していた。果たしてその正体は…?

明言されていないが、恐らくユリスカロア本人。

※:ユリスカロアというアイテム公式に存在する(ユーレリア博物誌 P45を参照)

ルーニエ(アバター:今泉影狼)

ティダンカル古代魔党の師範。非常に人懐っこい性格。シャルカエデとは一緒にをしてきた仲間

外見は子供っぽくノルンと同い年くらいに見えるが、「ディメンジョンゲート」や「フリー・フライト」を使用できるほどの高レベルウィザードである。

ティルカダルの秘伝を習得しに来たノルンとキリーに時間短縮のためスパルタ教育で秘伝を伝授した。

トリィ・キャナル(アバター:河城にとり)

アレニエ武具店で武器作りの見習いと錬金術の研究をつづけている女性。種族はレプラカーン
クロエ子だが、クロエには割と遠慮なく物を言う。

魔動機術と錬金術を身に着けており、アップルグミとスペクタクルズは彼女の発明である。
アイテムの詳細についてはハウスルール オリジナルアイテムを参照)

研究のため引き籠り気味だった所をクロエの勧めでPTの依頼に同行することに。出発前に緊していたところを優しく励ましてくれたクレイに好感を抱いている。やはりクレイ爆発しろ

当初は一般人と思われていたが、当時のクレイ達と同格と言えるほどの強さを持っていた。
戦闘スタイルは制御付きグレネードに加え、カードによる補助やヒーリングバレットでの回復。

セイラ・ラヴィ(アバター:清蘭)

ドラゴンとして崇める"教団"ドラゴンオーダーに所属する女性構成員。
種族はエルフまれのナイトメア一人称。宵越しの銭は持たない義。

上からの命令を受けて鉱脈洞窟内にある祭壇を調しに来たところでクレイ達と出会う。を渇望しているようで、祭壇に秘められた竜神ハーヴリーズ加護を手に入れようとしていた。自らがドラゴンオーダーであることを自した途端にPC達が止めに入ったので、ケルベロスとストーンサーバントを呼び出して戦闘を開始した。

戦闘スタイルはベミ・ド・コルバンを得物としたファイターと操霊魔法をを駆使するコンジャラーの混合。また高めのスカウトも有している。

戦闘の結果、クレイ達に敗北して気絶。その後クレイ達が突如謎の光によって消えてしまったため、トリィと洞窟内に取り残されてしまうが、カリスの命で派遣されたフラミアによってトリィ共々保護された。トリィによると敗北後は大人しくしていたようだ。

session4

ルーチェ(アバター:ルナチャイルド)

洞窟の祭壇の石碑から見知らぬ場所へと飛ばされたレイとアミルの前に現れた精霊
"月光精"の二つ名を持つ。フォールンに対抗するために々に作られた、「魔剣を導く精霊」の一人。

相棒のサニミルべると落ち着いた雰囲気の持ち。ただ本人く、内心では久々の来訪者相手に気持ちが高揚しているとのこと。

フォールンに立ち向かうために必要な「」の試練を受けるようクレイ達に伝えた。また妖精との契約に苦戦するアミルへの手助けとして「ハニーサックル首飾り」の効を引き出した。

戦闘時には月光加護を得て、付近の音を消し去る(近くにいる人物1人の発を禁止する)特殊を使用する。

おこNPCルナ本人がRPしている。

サニミル(アバター:サニーミルク)

ルーチェと共にレイとアミルの前に現れた精霊。"陽精"の二つ名を持つ。
フォールンに対抗するために々に作られた、「魔剣を導く精霊」の一人。

武器を構えて警するクレイとアミルをからかったり、自分たちが人ではないことに気付いた二人を「面い」と評したりと、ルーチェべるとやや言動が幼い。

戦闘時には太陽を受けて、敵対する者から居場所を隠蔽する特殊を使用する。

おこNPCサニー本人がRPしている。

スタファ(アバター:スターサファイア)

洞窟の祭壇の石碑から見知らぬ場所へと飛ばされたキリーとアリシアの前に現れた精霊
"芒精"の二つ名を持つ。フォールンに対抗するために々に作られた、「魔剣を導く精霊」の一人。

マスター示を受けてキリー達を転送した本人の一人。「知恵」の試練を突破したキリーとアリシアに自分達のマスターについての情報と、キリー達を呼び込んだ理由を話した。

戦闘時にはの導きを受けて、敵対する者の位置を正確に探知して魔法攻撃する特殊を使用する。

おこNPCスター本人がRPしている。

リリフィード(アバター:リリーホワイト)

スタファと共にキリーとアリシアの前に現れた精霊。"春風精"の二つ名を持つ。
フォールンに対抗するために々に作られた、「魔剣を導く精霊」の一人。

キリーとアリシアに気配を感じさせずに背後を取っていた。

彼女の話によると、以前にキリー達以外にもマスターめる素質を持った人物がいたようだが…?

戦闘時には対1人に対しリリフィードへの警心を失わせ、更に対外の人物がリリフィードに危を加えた場合にはその人物へと攻撃させて仲間割れを誘発する特殊を使用する。

おこNPCリリー本人がRPしている。

サテライト(アバター:シュガーサテラ)

洞窟の祭壇の石碑から見知らぬ場所へと飛ばされたノルンの前に現れた精霊
"心綺精"の二つ名を持つ。フォールンに対抗するために々に作られた、「魔剣を導く精霊」の一人。

ノルンに今置かれている状況、ノルンがマスターめる資格を有していること、そしてノルンにフォールンの脅威に立ち向かう使命があることを伝え、ノルンがフォールンに立ち向かう覚悟があるかを確認するための「心」の試練を課した。

戦闘時には自らの気配を最小限に抑えにも悟らせないように移動出来る特殊を使用する。

おこNPCはサテラ本人がRPしている。

クレセリア(ムーン)(アバター:大妖精)

※存在自体がネタバレなので、全文反転させてお読みください。

ルーチェ達がマスターと呼んでいた存在。ルーチェ達を作り出したのは彼女。
またノルンの夢の中でノルンにをかけていた人物でもある。

ここでは人物としての「クレセリア」と、魔剣としての「クレセリアムーン」の両方を記載する。

元々は魔法文明時代を生きてきた人物で、3000年前に飛来したとそれに伴うフォールンの災厄と脅威をの当たりにしている。同じく魔法文明時代末期に小となった"竜帝神シムルグ"の官であるが、当時人間だったシムルグと面識があったかどうかは不明。
たかつてはプロセルシア地方にいたが、が到来した際に発生した魔の瘴気によって台地が汚染されてしまい、その影を受けて暴走することを恐れてプロセルシア地方を発っている。

後にフォールンドラゴンが全て駆逐されてその侵攻を止めることが出来ても、そのものは破壊出来なかったため、再度フォールンの脅威が来ることを憂いていた。そこでフォールンに対抗する手段として一つの魔剣製作する。

作られた魔剣は自を持っていて、やがて製作者であるクレセリアの意志を引き継ぐようになった。
動画内で登場したのはこちらである。
クレセリア本人がどうなったのか動画内では言及されていないが、3000年の日が経っていることを考えるとおそらく亡くなっている。)

その後彼女は来るべきフォールンのに対抗するため、自身の魔剣迷宮にて3000年もの間引き籠ってを蓄えていた。そして自らが作り出した精霊とともにマスターとなる素質を持った持ちが現れるのをずっと待っていた。その白羽の矢が立ったのがノルンだったのだ。

ノルンに半年前から何度も同じ予知夢を見せ、プロセルシア地方からユーレリア地方の祭壇まで来るよう促した。そして自らが作り出した配下の精霊達を使役して、ノルン達を自らの本拠地である魔剣迷宮まで転移させ、彼らがフォールンの脅威に立ち向かう存在足り得るか試練を課した。数々の試練を乗り越えてやってきた彼女らのを認め、自らが最後の試練として彼女達と対峙した。

戦闘後、自分を倒すを持ったノルン達のを認め、ノルンに対し血と精を糧にした契約を行い、以降彼女に付き従うこととなった。(その後の動向についてはNPC ルネの項を参照のこと)

フォールンの魔に直接対抗できるという、他の一般的な魔剣べても一頭地を抜く高いを有している。またダムドの魔も感知できるようで、近いうちにダムドがフリューデを襲来することも予知している。戦闘時にはを呼び出すに加え、加護を受けることで自身をパワーアップさせるも有していた。

本人もそれらのに自負があり、普段の態度は非常に然としている。ただしPC達と初めて会話した際は一度に多くの質問されて思わず面食らってしまうなど、人間らしい部分も存在する。

おこNPC大妖精本人がRPしている。

session外伝

アウロラ・フォン・シュタイン(アバター:比那名居天子)

古の魔法ユレヒトにある有数の貴族シュタイの子息。種族は人間。

王位簒奪が蔓延るユレヒトで王位に就くため教育を受ける。だが10歳になったある日、ある出来事により全ての記憶を失ってしまい、更に話すことすら覚束なくなってしまったため屋敷内で軟禁されて育った。記憶を失う前はアルという称で呼ばれており、また魔法が使えたらしいが記憶がいため、現在師匠より教わった剣術での戦闘を得意としている。

ミスティアリカ・メルディア(アバター:ミスティア・ローレライ)

少女略称ティア。種族は人間。
奏楽ユリア官。(「奏楽ユリア」についてはハウスルールを参照のこと)
彼女の持つ音士のは武器であるとともに楽器にもなる特別品。詳細はハウスルールにて。

物心つく前に両親を亡くし、一の親のに連れられて兵法を学んでいた。
先祖から受け継がれている資質があるとのことだが、本人にも分かっていない。

session5

ルネ(アバター:大妖精)

魔剣""クレセリアムーンの分体である精。ノルンをマスターと呼び、付き従っている。
姿形はクレセリアに似ているが、大きさだけは小さくなっている。

安置されていた魔剣迷宮から離れてしまったことでに対抗するを失ってしまっている。

彼女もダムドの魔を感知できるため、ワイラー暴走している魔動機に付いていた結晶からダムドの気配を感じていた。

クレセリアに引き続き、彼女もまた大妖精がRPしている。

グウェンドリーシャ・ル・ヴェルラ(アバター:火焔猫燐) ※公式NPC

キノアの美で ”魔導師さま"の二つ名を持つ。種族はグレイマルキン
飄々としており、何を考えているのか分かりにくい。シャル達とは顔染み。

魚料理にはく、キリーが作った魚料理を美味そうに食べていた。

公式での彼女の人物像についてはユーレリア博物誌を参照のこと。

おこNPCお燐本人がRPしている。

エリティエール(アバター:エリス)

千里亭」にいる少女称はエルー。種族はドレイクで、普段はぶかぶかのフード付きローブでを隠している。先的なブロークンだったため、親に捨てられてしまっている。

バトルソングを扱えることから官であることが判明している。料理は得意でないのかステーキを調理する際、入っていたごと焼いて調理していた。
カエデルーニエ、クロヤとは顔染みの様子。

千里亭」にてアミルを陰から呼び出して、同じドレイク同士二人きりで話をする。
その際、特にアミル母親ノワールについての話で盛り上がる。話を終えアミルが部屋を出た後、アミルノワールを賞讃していたことを一人嬉しそうに思い返していた。アミルとはただの同族以上の何かがあるようだが…?

リーンカーネーションによって転生したアミル母親ノワール・リュミエール」である。既にノワールとしての記憶は取り戻しており、現在は子供のドレイクとして千里亭にて匿われて生活している。上述の通りアミルとは一度直接話したが、何か理由があるのか自らの素性は明かさなかった。現在の所、その素性を知っているのは(描写上は)カエデのみ。
また千里亭が守りのの影を受けない理由も、カエデエルーのために守りのの位置を変えているためである。

カロン・ナーヴェ(アバター:小野塚小町) 

エルライン河の貨物船の船頭。海風ヴァ=セアンセンティアンで、体には印のシンボルが刻まれている。「名誉人族」の称号を持っている。事全般が苦手。

よく寝ており、PC達との初対面でも快眠の寝具に収まって熟睡していた。
そのため、キリーに「秘技」死者の目覚め叩き起こされた

「この世のあらゆると言うを全てして回る」という使命を受けている。本人もそれを果たす意思はあるが、ヴァ=セアン自由や冒険を説いていることもあり、急がずゆっくりと取り組んでいる。

シャルとは顔染みで、クレイ達がワイラー観光しに行く際の交通手段となるよう彼から頼まれていた。またこの時の借りとしてシャルに何らかの調を依頼していたようだ。

シンシア(アバター:東北ずん子) ※公式NPC

ワイラーの王都にあるワイラー商業組合直営の冒険者の店「ほろ酔い温泉妖精亭」の店長
種族はミアキス尾に「にゃ」がつく。

仕事にはやる気を見せずよく寝ているが、ワイラー市民からは慕われている様子。

男性客にも言い寄られることがあるが、やんわりと断っている。その際、断ってもしつこく迫ってくる客には「アイーノの刑」をめかして帰している。

レイ達をワイラーに誘った本人である。(ただし面倒臭がって招待状を別の人間に書かせたため、招待していたことを半ば忘れていた

公式での彼女の人物像はユーレリア博物誌を参照のこと。

アイーノ(アバター:伊吹萃香)

ほろ酔い温泉妖精亭」の地下にある大温泉に住み着くヴァンニク(妖精の一種)。お酒が大好き。

彼女に一度絡まれるとのぼせて倒れるまで絡まれる続けることになる。
温泉に美容効果があると聞いたアリシアによって温泉拉致された

ライゼン(アバター:鈴仙・優曇華院・イナバ)

ドラゴンオーダーの幹部。"弾"の二つ名を持つが、本人はあまりこの異名を好んでいない。
種族は不明。

ドラゴンこそが世界の支配者であるの如き」というドラゴンオーダーの思想に全に染まっている人物。その一方で何故か全てのドラゴンの敵ともいえるフォールンの興味を持っているようで、その意は見えない。

ワイラー暴走していた魔動機の鎮圧後に突如として現れた。高いスカウトを持ったクレイやアミルでさえ全く反応できない程の速さを抜き、なおかつ正確に発射するほどの並外れた射撃技術の持ち。クレイ達に飄々と話しかけている際もしっかりと臨戦態勢を取っていた。
魔動機に付いていた「竜星闇核」を回収した後、部下達と共に去っていった。

session6

ヨラン(アバター:小兎姫) 公式NPC

ワイラーの商業組合会長」兼「温泉宿≪紫苑亭≫の女将」兼「ワイラーの美」。
艶やかな立ち振る舞いの中に清廉さも兼ね備えたような雰囲気を醸し出している。

魔導機器の暴走を鎮圧したクレイ達に褒賞と恩寵を授けた。

公式での彼女の人物像はユーレリア博物誌を参照のこと。

ハウスルール

以下に箇条書きで記載する。またこちらexit_nicochannelにも同様の内容でまとめられている。

  • 竜星欠片(session2-7~)
     このアイテムを所持しているキャラは「HP+10、MP+5」の強化を受け、更に所持数が3の倍数になるごとに、通常の強化に加えて「防護点と抵抗を+1」を受ける。
    また換する場合は1つにつき500G、名誉点への転換は「1d+4」とする。

はるか昔、が接近したときに、その一部がラクシアに飛来してきたものとされています。一つ一つは小さな欠片ですが、強大なが眠っているのを感じます。
欠片ラクシア全土に散らばっておいて、その数もかなりのものです。
ただし、知識きものが見てものかけらのようなものとしか分かりません。

ーー東方白狼抄 session2-7よりーー

  • 恩寵システムについて(session2-11~)  このシステムフリューデの美 “運命打破”フラミアシャルラハロートの特殊スキル「恩寵」
    <<運命打破>>に適用される。彼女の恩寵を受けたキャラが振る、全ての行為判定、威表の使用、戦利品の獲得において振られた2dの出を変更する。ただし使用回数は1セッション1回のみ。運命変転を使用する場合、処理の順番としては
     ①ダイスロール→(ラック、もしくは第三段階以降の振り直し)
     ②出増減 
     ③変転
    とする。なお変更の度合いは親密度によって変化する。以下に各親密度の適用表を記載する。
    段階 親密度 適用効果
    第一段階 1 2dの出を±1する。この効果で6ゾロ(自動成功)にはならない
    第二段階 6 2dの出を±2する。ただし、この効果で6ゾロ(自動成功)にはならない
    第三段階 11 2dの出を確認した後で、その2dを振り直すことができる
    第四段階 18 第三段階の効果に加え、振り直した後に出を±2する
    第五段階 25 2dの出を確認した後、第四段階の効果か、???を選択できる

     恩寵は1セッション中につき、2つまで選択可とする。
  • ダムド オリジナルsession3~)
    ☑魔
     打撃点を「+魔(元の個体が魔ではなく「全攻撃」を持っている場合は、その補正値に従います。魔も「全攻撃」もない場合は+4)」して攻撃します。同時に、回避・抵抗判定に-1のペナルティ修正を受けます。
    また、同じ戦場内に「フォールンドラゴン」や「ダムドミアズマ」が存在する場合、このダメージを「4」点追加します。

    ▼瘴気の外套
     魔法ダメージを受ける時、対の部位のMPを5点消費することで、そのダメージを5点減少出来ます。このはそれぞれの部位で1ラウンドに一回しか使えません。

    魔幻の
     瘴気のを武器や牙などに宿らせ、10(1R)の間、自身が行う近接攻撃を魔法ダメージにします。複数部位の魔物の場合、いずれか一つの部位のみに効果が発揮されます。この効果は、一日に1回しか使用できません。

    ▼瘴気の幻影
     使用者は、自身の手番の最初にこの効果を使用するかを決定します。使用する場合、10(1R)の間、回避判定を要された時、自動的に成功します。
    この効果は最初に回避判定を要された時に自動的に発揮され、かつ、その一回きりで消滅します。
    この効果によって回避判定に自動成功した場合、MPが「10」点減少します。

  • オリジナル スーヴニール流機動銃剣術(session3-2~)
    入門条件:名誉点50、≪射手の体術≫
     フリューデを拠点として活動している、ナイトメア士、リール・スーヴニールによって考案された近接戦闘術。に発装置を搭載した独自の武器を扱い、の多な攻撃を可としています。しかし、一本の武器を自由自在に操らなければならないため、一般的な射手には荷が重い技術とされています。そのため、ある程度の実と、軽やかに動き回れる体術を併せ持っていなければ、その秘伝の形を成すことはできません。

    装備
    スーヴニール流機動銃剣術≫は、拳銃が一体となった武器、<ガンブレード>と
    クラウソラス>を所有しています。

    ≪序伝・機動銃剣≫ 必要名誉点:30
    対応特技:≪射手の体術≫ 前提:なし
    使用限定:流装備、もしくは「バヨネット」加工のガン
    概要:一回の動作で近接攻撃と射撃攻撃を同時に行え、≪スーヴニール流機動銃剣術≫の秘伝を使用可にする。
     この秘伝を習得していると、一本の銃剣で近接攻撃と射撃攻撃が行えます。また、スーヴニール流機動銃剣術の秘伝を扱えるようになります。ただし、この秘伝の効果を使用した場合、近接攻撃、射撃攻撃共に、命中判定に-2のペナルティ修正を受けます。

    伝・銃剣≫ 必要名誉点:100
    対応特技:≪射手の体術≫ 前提:≪序伝・機動銃剣
    使用限定:流装備、もしくは「バヨネット」加工のガン
    概要:≪序伝・機動銃剣≫のペナルティ補正を打ち消す
     この秘伝は、≪序伝・機動銃剣≫の効果と同じですが、ペナルティ修正を効化します。

    エリアルレイザー≫ 必要名誉点:20
    対応特技:≪牽制攻撃Ⅰ≫ 前提:≪序伝・機動銃剣
    使用限定:流装備、もしくは「バヨネット」加工のガン
    概要:近接攻撃+射撃攻撃、射撃攻撃の命中+1、回避-1

    エリアルレイザー≫ 必要名誉点:30
    対応特技:≪牽制攻撃≫ 前提:≪序伝・機動銃剣≫、≪エリアルレイザー≫
    使用限定:流装備、もしくは「バヨネット」加工のガン
    概要:近接攻撃+射撃攻撃、射撃攻撃の命中+2、回避-1

    ≪チャージバレット≫ 必要名誉点:50
    対応特技:≪マルチアクション≫ 前提:≪序伝・機動銃剣
    使用限定:流装備、もしくは「バヨネット」加工のガン
    概要:通常移動後に攻撃することで近接攻撃の追加ダメージ上昇、射撃攻撃の命中-2

     移動の勢いを利用して攻撃する秘伝です。移動前にこの秘伝を宣言し、使用者が通常移動を行った手番に使用者が近接攻撃を行う時、移動距離5mごと(端数切り上げ)に追加ダメージ+1します。
    移動経路は問いませんが、通常移動を行わなければこの秘伝は効果がありません。
    ダメージ増加は、一度でも命中判定を行えば、その成否に関わらず効果は失われます。また、手番を終了でも失われます。
     この秘伝を宣言した手番は、使用者の射撃攻撃の命中-2のペナルティ修正を受けます。(通常、通常移動後に射撃攻撃は行えませんが、移動前に「バレット」系魔法を行使していれば可とする。)
     またこの秘伝の効果を使用する場合、通常移動後の座標に近接攻撃を行うことができる対が存在しなければなりません。また、その座標の正反対の方向に移動はできません(熟練戦闘)

    <ガンブレード
    カテゴリ:ガン/ソード<Aランク
    基本取引価格:2500G
    必要筋:12  用法:1H(射撃攻撃時:1H)
    最大装填数:3  射程:10m
      :17(近接攻撃時)
    命中 :0   C値  :10

    〇非ランク効果
     この武器は、バヨネット加工を施したガンとして扱います。なお、バヨネットとしての近接攻撃の威やC値は、この武器の威を参照します。装備者が≪両手利き≫を取得している場合でも、この武器を両方の手に装備することはできません。

    概要
     渡り70cmほどの片に発機構を取り付けた銃剣です。通常の片手持ちのべ、身が付いたために重心バランスに問題があり、片方の腕を座として射撃する必要があります。

  • オリジナルアイテムsession3~)
    イスカイアの魔導≫ ≪イスカイアの魔導≫(初出:session3-2)
    カテゴリ:非金属<Bランク>/非金属<Aランク> ※魔法の防具
    基本取引価格:31000G/55000G
    必要筋:12/15  
    回避1  防護点:※ 

    特殊効果(※<イスカイアの魔導>はランク効果)
     このアイテムの防護点は、装備者の「知ボーナス」となります。
    ただし、<イスカイアの魔導>は「5」、<イスカイアの魔導>は「7」を上限とします。
    また、装備者が≪マルチアクション≫を宣言した時、回避と魔に+1のボーナス修正を得ます。

    概要
     イスカイアの魔導を軽量化し、使用者の魔に反応して強度を増すように良した防具です。魔術師ギルドマギテック協会が共同で開発を行っています。イスカイアの魔導そのものの防御性ど失われてしまいましたが、装備者の動きを手助けする作りになっています。

    アップルグミ(初出:session3-4)
    カテゴリポーション
    基本取引価格:200G

    効果
     対HPを「2d」点回復します。レンジャー技を持つキャラが使用した場合、回復量に「レンジャー技Lv+知ボーナス」を追加します。

    概要
     ヒーリングポーションを濃縮して、グミ状にした品です。成分を濃縮しているため、ヒーリングポーションよりも効が高めです。製造には<グミの素>と言う素材が必要であるため、大量生産は難しいのが難点です。

    ≪スペクタクルズ≫(初出:session3-4)
    カテゴリ:冒険道具類(消耗品)
    基本取引価格:300G

    効果
     このアイテムは、魔物知識判定を行う際に使用できます。対セージレベルが1高いものとして、直後の魔物知識判定を行えます(セージを習得していない場合、セージレベル1を一時的に取得)。

    概要
     これで見通した相手のを推し量ることができる眼鏡です。あまり魔が持続しないため使い捨てになりますが、使用者の観察を高めるがあります。

    ハニーサックルの首飾り≫(初出:session4-6 → session4-EXにて一部エラッタ
    カテゴリ:一般装備品・首装備
    基本取引価格:15000G(非売品
    知名度:23魔法文明時代)

    特殊効果
     この装飾品は「美なる宝石飾り」と同じく、宝石6個を付けることができ、妖精魔法契約の門とすることができます。また、装備しているキャラクターが分類≪人族≫≪蛮族≫である場合、穢れの気配を薄くして、妖精と心を通わせやすくなります。ただし、この効果で穢れの点数は減らず、穢れの点数で効果が変動する魔法、「守りの」や「穢れ」の影を増減することはありません。
    この装備は、MP10点を消費して儀式を行わなければ効果を発揮せず、一度装備から外すと、再び儀式を行うまでは効果は失われます。儀式には、1時間を消費します。
    装備者が妖精魔法を行使して発生するダメージ、及び回復量を+1します。

    解説
     魔法文明時代に作られたと言う、妖精の好む植物で編まれた首飾りです。ケンタウロスなどの蛮族が、妖精魔法を効率よく扱うために作られたと伝えられています。この首飾りを身につけると、まるで穢れを持っていないかのように、蛮族でも妖精達と交流することができます。しかし、その悪用する者が現れ、その製法は隠され、現存するものはかなり少なくなっています。


    ≪音士の≫(初出:外伝 story1)

    カテゴリスタッフ<Bランク>  基本取引価格:1000
    知名度:14  必要筋:7   用法:2H  
     :17   命中:+1  C値:12

     この武器を装備しているキャラクターは、この武器を呪歌の楽器として使用することができ、呪歌の達成値を+1します。ただし、専用化を施していなければ適用されません。
    また≪奏楽ユリア≫の特殊魔法の達成値を+1します。
    ただし、この効果は<音士の>と同時に装備していなければ、適用されません。

    概要
     ユーレリア地方にひっそりと伝わる、幻の吟遊詩人が使っていたと伝わる楽器です。
    戦闘に使うことはできますが、最低限の威しかないため過信は禁物です。
    楽器として使う場合、使用者に合わせてチューニングが必要となりますが、その音色はより相手に伝えやすくなります。
    噂では、件の吟遊詩人っていたと伝えられる衣をった者が扱うと、何かが強まると伝わっています。

    ≪""クレセリアムーン≫(初出:session5-0)
    カテゴリスタッフ<Bランク>  基本取引価格:取引不能
    必要筋:5   用法:1H  命中:+2
     :10   
    C値:12  追加D :+1

    特殊効果
    ≪????≫
     現在開示されていないです。

    〇≪盟の契り≫
     この武器の契約者は、永久的にHPMPの最大値が3点減少します。この効果は達成値35の呪い効果として扱います。また、契約者には魔剣の分体が付き添います。この分体とは言による会話が可です。
     この分体は「ファミリア」で作り出した使い魔として扱い、以下のを持ちます。

    MP:15
    〇上位の使い魔
    〇浮遊
    の祝福
    この使い魔と接触しているキャラが回復魔法を行使した時、その回復量を+1点します。

    Sランク効果:以下のは、戦闘特技≪武器習熟S/スタッフ≫を取得していなければ使用することが出来ません。
     ≪????≫
     現在開示されていないです。

    解説
     3000年前、最初にが接近した後、その脅威に対抗するために創られた魔剣です。加護を受けており、この魔剣を持つ者に祝福が与えられると言われています。
    とても強大なを感じますが、その大部分は未だ封印されているようです。
  • オリジナル 奏楽ユリアブロマガ「奏楽ユリア 格と特殊魔法」(session外伝))
    印と像≫
     ユリア印は、音楽記号のト音記号モチーフにしています。人によって、メダルに五線譜をイメージした5本の線を描いたものを組み合わせている場合もあります。
    像は、整った顔立ちで長い女性の姿をしています。また、エルフなどの長命な種族が、格を得る前のユリアの姿をそのまま像に映している場合もあります。

    格と教義≫
     人であった頃のユリアは、大破局が起こった頃に生まれたと言われています。
    若き日のユリアは、蛮族によって壊滅的被にあったユーレリア地方を回り、困窮の中生活する人々に、歌を歌っていました。彼女の歌は普通の歌とも、呪歌とも違う特殊なものであり、彼女の歌を聴いた者は、生きる希望を見出していたと伝えられます。ユリアはたとえ自らの生活が苦しくとも、病気にかかっていたとしても、各地を回ることを止めなかったと言います。
    しかし、晩年のユリア重い病気にかかり、歩くことすらままならなくなっていました。
    死の直前まで歌を歌い、希望の旋を奏でていたと伝えられています。
    その慈悲に満ちた彼女に感銘した始祖神ライフォスによって、ユリアは奏楽のとして格を得たとされています。
    晩年に彼女が過ごした村は、今は「清籟と奏楽のフリューデ」と言うとなり、今も繁栄しています。

     ユリア音楽によって格を得たため、その教義には「調和」があります。調和と慈の心を持って、共に生き、共に歩くことを説いています。また、奏楽のと言うことで、吟遊詩人に多く広まっています。そのため、人間やエルフなどの他、グラスランナーも密かに信仰していると言う噂もあります。
     しかし、ユリアの残した歌ーー譜歌ーーは簡単には再現できないことが分かっています。再現に成功した何名かの官によると、呪歌の知識がなければ、その魔法の全てを発現できないものがあると言います。

     ユリア本人がユーレリア地方したこともあり、細々ではありますが、各地に伝わっています。
    しかしフリューデ以外では「高名な吟遊詩人」程度にしか思われておらず、信仰はどフリューデのみです。

    格言
    「歌は意思、奏でるは調和の調べ。己の意思を強く持て」
    音楽は届けるものなり。何事も、意義ある一手を」
    「慈の心、音に乗せ、生まれた意味を知れ」

    ≪アピアース
    消費MP :4
       :1体 
    射程/形状:30m/起点
    時間   :3分(18ラウンド)
    抵抗   :なし
    属性   :―
    概要   :攻撃を任意の属性にし、命中+1。条件によってさらにダメージ+2

    レベル2の特殊魔法
    の武器に、「炎」「・氷」「」「土」のいずれかの属性を付与し、命中判定に+1の修正を加えます。その武器を用いる攻撃は、選択した属性魔法の武器として扱います。
    また、行使者がバード技の呪歌「アトリビュート」を習得している場合、さらに物理ダメージを+2します。
    この魔法は、カサドリス戦奏術の秘伝【が魔琴は静に咽ぶ】などによって呪歌と同時に行使することはできません。

    ナイトメア
    消費MP :5
       :1体
    射程/形状:10m/起点
    時間   :一/3分(18ラウンド)
    抵抗   :消滅
    属性   :精効果(弱)
    概要   :対を眠りに誘い、覚めた後も動きを阻する

    レベル4の特殊魔法
    は眠りに落ちます。覚めた時には転倒状態です。睡眠を行わないキャラクターには効果はありません。また、行使者がバード技の呪歌「ララバイ」を習得している場合、効果時間中に対覚めた時、対に命中判定、もしくは回避判定に-2のペナルティ修正を与えます。どちらの判定にペナルティ修正を与えるかは、この魔法を行使するときに術者が選択し、覚めたときに変更することはできません。この効果の時間は、(18-(対が眠っていたラウンド数))ラウンドとします。
    この魔法は、カサドリス戦奏術の秘伝【が魔琴は静に咽ぶ】などによって呪歌と同時に行使することはできません。

    ≪ホーリーソング
    消費MP :10
       :半径5m+「バード技レベル」の間 
    射程/形状:術者/―
    時間   :一/3分(18ラウンド)
    抵抗   :なし
    属性   :―
    概要   :任意のキャラクターに対してなる歌を歌う

    レベル7の特殊魔法
    癒しの歌をげ、加護を得ます。範囲内にあって、術者が選ぶ任意のキャラクターは、回避判定、もしくは抵抗判定に+1のボーナス修正を受けます。この効果は、行使時に術者が選択します。
    さらに、対が近接攻撃、射撃攻撃で発生させる、全てのダメージを+2点させ、対HPを「プリーストLv」点、回復します。
    この魔法は、カサドリス戦奏術の秘伝【が魔琴は静に咽ぶ】などによって呪歌と同時に行使することはできません。

  • ディルフラム博物誌について(session5-0)
     ディルフラム地方の流は、今までの名誉点を細分化した「人族名誉点」「蛮族名誉点」のいずれかを使用するルールだが当卓では「人族・蛮族」と細分化せずに通常通りの名誉点管理とする。
    ただし、人族キャラが蛮族流、あるいは蛮族キャラが人族流を取得する場合について
    自身と異なる営の流への入門、及び流秘伝・装備に必要な名誉点は2倍とする。
    また「等罪等罰の応報教団」のPC取得は不可とする

  • オリジナル アルパート流妖剣術(session5-1~)
    入門条件:名誉点50フェアリーテイマー技取得
     とある集落に伝わる、レプラカーン妖精士が編み出した剣術です。妖精魔法を組み合わせることで、多な攻撃を実現しています。
    この流入門するためには、妖精魔法の心得が必要です。妖精魔法の両方に長ける必要があり、秘伝の修得が出来た者は数少ないと言われています。

    装備
    アルパート流妖剣術≫は、妖精魔法の行使に長けた特殊な魔剣ヴォーパルソード>を所有しています。
    ≪絶 必要名誉点:30
    対応特技:≪魔撃≫ 前提:妖精魔法契約ランク3以上
    使用限定:ソード
    概要:「ダメージ+妖精魔法の魔」の「射程10m/射撃」の属性攻撃 回避-2 
        生命・精抵抗-1  

     風の妖精を借り、離れた対撃を与える秘伝です。射程:10mで斜線が通っている対に対し、近接攻撃扱いの属性射撃攻撃を行います。この時、追加ダメージに≪妖精魔法の魔≫を加え、回避に-2、生命・精抵抗に-1のペナルティを受けます。
     使用者が金属を装備している場合、命中に-4のペナルティを受けます。また、この秘伝を使用した手番は、≪両手利き≫の効果は失われます。

    ≪砕氷≫ 必要名誉点:20
    対応特技:≪魔撃≫ 前提:妖精魔法契約ランク・氷3以上
    使用限定:ソード
    概要:「ダメージ+妖精魔法の魔」の・氷属性攻撃 回避-1 生命・精抵抗-1

     氷の妖精を借り、相手の動きを鈍らせる撃を与える秘伝です。
    この秘伝による攻撃が発生させるダメージは、「・氷属性」として扱います。
    攻撃が命中した対は、10(1R)の間、命中判定と回避判定に-1のペナルティ修正を受けます。この効果は累積しません。この時、追加ダメージに≪妖精魔法の魔≫を加え、回避に-1、生命・精抵抗に-1のペナルティを受けます。
     使用者が金属を装備している場合、命中に-4のペナルティを受けます。

  • 竜星欠片による装備強化(初出:session5-2)
    ≪武器強化≫
     竜星欠片を3個消費することで、武器に「欠片、及び竜星欠片を内包している対へのダメージを+2点」の効果を与えます。強化を行った武器は「竜星強化の(武器名)」と表記されます。既に他の加工が施してある武器にも、この加工は可です。
     費用はBランクから「4000/8000/16000/32000」となります。

    ≪防具強化≫
     竜星欠片を3個消費することで、防具に「生命・精抵抗+1」の効果を与えます。この加工を施した防具は「竜星加工の(防具名)」と呼ばれます。
    この加工を行えるのはカテゴリ<非金属>もしくは<>の防具に限られます。
    この加工は<マナタイトの追加装甲+1>が施されたには行えません。また、この加工を施した後に<マナタイトの追加装甲+1>の加工を施すことも出来ません。
     費用はBランクから「5000/10000/20000/40000」となります。

冒険の軌跡

ネタバレ防止のためセッション導入部のあらすじのみ記述しています。

  • session 1 「降る山のを追え」
     千里亭にてPTを組んだPC一行。初仕事として、フリューデ東に位置するシュネー村で多発している崩の原因調依頼を引き受ける。村人の話を聞く内に崩の原因が蛮族と関係している可性が高いことが分かり……
  • session 3 「煌めくを衝く」 
     領からの依頼了後、依頼がく生活費に困窮するクレイ達に武器屋の人のクロエから武具の制作に必要な素材収集の依頼が飛び込んでくる。クロエトリィも修業のため同行することとなり、一緒に素材の眠る洞窟内を探索していく。だが彼らが洞窟へ入って少しした後、の人物もその洞窟に入っていき…?
  • session 5 「湯煙と魔動の歓楽地」
     冒険を繰り返し徐々に名前が売れてきたクレイ達に「温泉と魔動機のワイラー」から招待状が届けられる。さらにシャルの計らいにより船乗りのカロンの船でワイラーまで乗せてもらえることに。途中業務を手伝ったり、船酔いに苛まれたりしつつも事にワイラーまで到着し、観光を楽しんでいたが……

デスシナリオ

ラクシア真理今日は依頼がいよ」の意味。(session3-3 ノルンの台詞より)

ラクシアのどこかにある、何故か悪なモンスター跋扈する「ナモナキ村」から出される死への片切符依頼の通称。
ただし越者クラス前後の冒険者なら解決も可で、動画内においても実際に解決されている。

レイ達がカエデに依頼がないか尋ねた時には毎回提示されるので、クレイ達も「カエデから提示される依頼は普通じゃない方が多い」という認識になっている。session2-2のカエデく「勇気謀をはき違えていないか審的でやっている」とのことだが、クレイ達がフリューデを離れていた際にも態々手紙に同封させていた辺り戯れでやっている部分もあると考えられる(緊急の依頼ならシャル達に頼むか、あるいは自分で行く方がいし確実なため)。

session1-1の依頼はシャルsession2-2の依頼はリールとフェルメにより解決されているが、それ以外の依頼についてはが解決したか不明。それでも毎回依頼内容が異なっているのでかが裏で解決しているのだろう。またsession4のみクレイ達が千里亭にいなかったので依頼は提示されていない(依頼自体は存在していた可性はある)。

以下に各セッション毎に出てきた依頼を記載する。また番外編としてナモナキ村以外から回ってきたデスシナリオについても併せて記載する。(session5-3の農業体験については一見すると普通に見えるが、キリーく「農業に素人が下手に手を出せば生死判定一直線」とのことなので、デスシナリオに分類する)

session1-1
題名 :魔物退治
依頼人:ナモナキ村の村長

村人が農作業をしていたら、ドラゴンゾンビの
下半身を掘り出してしまいました。
か何とかしてください。

報酬 :72000G


session2-2
題名 :魔物退治
依頼:ナモナキ村の村長

村の子供が大きなで「おはよーございまーす!」
挨拶したら、ハイレブナントタイラントレギレクス
「おいすー^^」と顔を出して来ました。
か何とかしてください。

報酬:76300G


session3-3
題名 :魔物退治
依頼:ナモナキ村の村長

最近やけに暑くなってきたな、と思って村の回りを
調してみたら、スティルゴスの群れが居座って
いました。4,5匹でいいのでか駆除してくださ
い。ホント頼むからお願いします。

報酬:334000G


session3-3
題名 :実験補佐
依頼:マッドな薬剤師

私が開発した新の臨床実験実験台となる方
を探しています。何があっても自己責任でもいい
方のみ、ご協をお待ちしています。

報酬:69740G


session5-3
題名 :魔物退治
依頼:ナモナキ村の村長

最近宿屋から酸っぱい臭いがしている、思って調したら、
「悍ましい姿の異形となった朽ちぬ古」と噂の貪食ドラゴン
棲みついていました。冒険者でもの王でも何でもいいから
何とかしてください。ついでに尻尾も切ってください。
何でもしますから。

報酬:150000G


session5-3
題名 :農業体験
依頼:フリューデ農場長

段々の陽気が訪れてきたこのフリューデですが、田植え
の時期がやってきました。少しでも多くの人手が必要なので、
に自信がある方はぜひご協をお願いします。
(注:生半可な体の方は参加をご遠慮させて頂く可性が
 あること、予めご了承ください。)

報酬:15000G


session6-2
題名 :謎の男魔物退治
依頼:ナモナキ村の村長

最近、「野獣」の異名を持つ謎の男が村に出没するように
なりました。村人が接触を試みたところ、アイスティー
ご馳走された後に行方ましてしまいました。きっと
これはインキュバスが関わっているに違いありません。
か何とかしてください。

報酬:114514G

関連動画

本編の初回と動画マイリスト

外伝作品。

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9D%B1%E6%96%B9%E7%99%BD%E7%8B%BC%E6%8A%84
ページ番号: 5554615 リビジョン番号: 2666935
読み:トウホウハクロウショウ
初版作成日: 19/02/02 22:27 ◆ 最終更新日: 19/02/11 22:51
編集内容についての説明/コメント: 一部文章の修正と「デスシナリオ」の項目を追加しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

東方白狼抄について語るスレ

1 : アルカ :2019/02/02(土) 23:37:04 ID: Spy0wTtxXy
記事を作成させて頂きました!
まとめてみたらすごいボリュームになりました。
めてハウスルールの充実っぷりに驚かされます。

これからも応援しております!!
2 : 琥珀 :2019/02/03(日) 01:15:50 ID: 8mFtUghnxO
記事作成お疲れ様です!
ながら、これだけのボリュームの物語を紡いでいったのだとめて実感できましたし、この記事に見合うような動画をこれからも作っていきたいと思います。
私の方からもブロマガなどを通して設定やハウスルールなどをまとめていきますので、こちらの記事共々よろしくお願いします!
3 : ななしのよっしん :2019/02/04(月) 01:52:33 ID: j4CHANSOH+
・・・いやほんと量が多いわこれ
開されてる設定が多くて濃い、お疲れ様です
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス